トクサ情報2024.7

トクサは研草とも書き、ヤスリ代わりに使用する道具です。
金繕いでは陶磁器の釉薬を傷めずに欠損を埋めた部分だけ
研磨出来るので大変便利な道具です。

ただ道具としての販売経路が少なく、出来れば自分で育てて
頂きたいところ。
通常、初夏にポット苗が販売されるのですが、時期を過ぎた今、
販売しているところを見つけました。

販売していたのはホームセンター「コーナン」の市川原木店です。
価格の割に苗が小さいのは残念ですが、買いそびれてしまった方
には朗報かもしれません。

道具として使えない「大トクサ」ではなく、「トクサ」ですので、
お求めになりたい方はお早めに!


カテゴリー: お知らせ, 基本のき, 植物•スケッチ |

ガラスの金繕い

NHK文化センター柏教室のAさんの作品をご紹介致します。
ガラスの小鉢の金繕いです。


直径が8cm程度の小さなガラスの小鉢です。
これがかなりバラバラに割れてしまっていたのを接着されました。

ガラスは基本的には陶磁器の手法に準じて金繕いしますが、陶磁器と
全く違う点があるので注意が必要です。

最もわかりやすい相違点は透けることでしょう。
修復した内容が360度様々なところから透けて見えてしまうので、
対策が必要です。
これを私共では金箔を使って回避しています。

必要から使用する金箔ですが、これがガラスに映えてゴージャスさも
生まれます。
Aさんの作品も小さな小鉢には見えない迫力があるかと思います。

Aさんはあまりにバラバラに割れてしまったので、この小鉢を一度は
処分しようと考えられたそうですが、完成してみれば想像を超えた
一品になったのではないかと思われます。

ガラスは小さな欠損やひびももちろん金繕い出来ますので、是非教室で
ご相談下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

印判の大皿

NHK文化センター柏教室の方の作品をご紹介致します。
印判の大皿の割れです。


ひびの線は伸びていませんが、鳥脚型の割れです。
法則に従った形はやはり美しいですね。

銀泥で仕上げられていますので、いずれ硫化して釉薬の絵柄に馴染む
と思います。

このお皿は印判という手法で絵柄が入っています。
印判とは絵柄を転写して絵付けをする方法を言います。
それまで人が一枚ずつ手描きで図柄を描いていたのが、この手法に
よって大量生産が可能となり磁器の価格が大幅に下がりました。

このお皿は印判の中でも紙型印判といい、精巧にくり抜かれた紙型を
使用して図柄を転写しています。
かなり細かい絵柄のなので、安価な印判の中でも価値が高いと考え
られます。

従来、印判は骨董の中でも手に入りやすいものでした。
近年、その常識が覆り、数が少なくなっているようです。
インバウンド需要の影響とも聞きますが、もはや昭和のものが骨董の
領域に入って来ていることもあるかと思われます。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

変わった形

NHK文化センター柏教室の方の作品をご紹介します。
陶器の大皿の割れとひびです。

縁に立ち上がりのある大皿です。
これに変わった形のひびが入っていました。

陶磁器のひびは物理的な法則があり、一定の決まった形があります。
そんな中で今回ご紹介した大皿は大変珍しい形の欠損です

粉引と呼ばれるベージュ系の釉薬には金泥が馴染みます。
変わった形の破損ですが、この効果で悪目立ちはしません。

変わった形の破損の場合には、それをどのように見せるのか、
お考えになってから仕上げの選択をされるといいと思います。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

教えて!goo 取材協力しました

NTTドコモが運営するQ&Aコミュニティーサービスである
「教えて!goo」の取材依頼に協力しました。

金繕い(金継ぎ)に関して全く知らない方にもわかりやすいように
ご案内しています。
端的にまとめられていますので、ご一読頂けたら幸いです。

教えて!goo ウォッチ
日本古来の伝統工芸「金継ぎ」で修復した食器は前と同じように
使えるの? 

どうぞ宜しくお願い致します。


カテゴリー: お知らせ |

キャンドルスタンド

藤那海工房 西登戸教室におられたIさんの作品をご紹介します。
作家さんの作品で象のキャンドルスタンドです。


手ひねりで作られた味のある象が大変愛らしいキャンドルスタンドです。
これが残念ながら首のところから折れてしまっていました。

欠損も大きく接合が不安定だったので、軸を入れて接着しました。
安定し不自然にならないように欠損を埋めた後、仕上げは全体のマットな
釉薬に馴染むように特殊なものを選択しています。

お食事を盛る器ですと安全性や耐久性が厳密に求められますが、キャンドル
スタンドのように飾りものだと見た目を重視して使用するものを選択して
良いと考えています。

このように正解が無限にあるのが金繕いの面白いところ。
皆様ぜひ楽しんで取り組んで頂ければと思います。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

銀の硫化

藤那海工房 西登戸教室のOさんの作品をご紹介致します。
急須の割れの金繕いです。


本体の縁の部分が小さく割れてしまっていました。
破片を接着し、欠損してしまった部分を補っておられます。

そこを銀泥で仕上げられたのですが、それが急須の釉薬の複雑な
色合いに合ったところで色止めされました。

銀泥は空気中の硫黄成分で黒化する「硫化」という現象が起きます。
女性の方なら銀のアクセリーが黒くなるので、よくご存知かと思います。

銀はいきなり黒くなるのではなく、シャンパンゴールド、ピンクゴールド、
青紫、黒と変化していきます。
新うるしの場合、途中の色で半永久的に止めることが出来ます。
Oさんの作品の場合、シャンパンゴールド色でちょうど釉薬に馴染み
ました。

仕上げの金属粉の色に悩まれたら銀泥はいかがでしょうか?
いずれかの段階で「これだ!」と思う色を選べると思います。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

藍の苗2024

5月に蒔いた蓼藍が丈10cm以上に育ち、プランターに分植
しました。

今はジョウロの水勢に負けてしまうくらいなのですが、第1回
生藍染め大会を計画している7月末までには直径60cm、丈60cm
くらいまでに育ちます。

今年も昨年のように酷暑の予報が出ています。
肥料として牛ふんを投入、水やりの頻度も上げて対処する予定。
頑張ります!


カテゴリー: 植物•スケッチ |

螺鈿で仕上げ

NHK文化センターさいたまアリーナ教室のOさんの作品を
ご紹介致します。
取手付きの惣菜入れの取手が破損したところを螺鈿で仕上げた
例です。


そもそも取手が破損してしまった場合は、再度取手を再建するか否か
という判断があります。
さらに再建した取手を使うか否かを検討します。

Oさんの場合、取手は再建せず、断面を螺鈿で装飾するという選択を
されました。

使用されたのは顆粒状の螺鈿です。
このタイプだと凸凹の断面に馴染みやすく、貼り込みも平易な方です。

螺鈿の宇宙の煌めきのような光沢は誰しもが魅了されると思います。
器の修復の仕上げとしてチャレンジしてみたいと思われた方も多いの
ではないでしょうか。

螺鈿貼りは金属粉の蒔絵とは全く違う工程になります。
挑戦する場合は教室で手順を確認して下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

縁の仕上げ

NHK文化センター柏教室のSさんの作品をご紹介致します。
縁の欠けを金繕いされました。


器の縁には「口紅」と呼ばれる鉄釉が施釉されていることがよく
あります。
その部分の欠けを仕上げる場合、金属粉の色を悩まれる方が多いと
思います。

オススメはやはり銀泥です。
仕上げた当初は白色ですが、硫化によって鉄釉に馴染んできます。

Sさんの作品は元々が淡い色の釉薬だったので、人工的に燻された
銀泥の色を使われました。
一見、どこを直したのか、わからないと思います。

口紅からはみ出して欠けている場合など範囲が大きくなると、また
対処も変わってきます。
迷われる場合は教室でご相談下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |