磨き過ぎず

藤那海工房で本漆での金繕いをなさっているMさんの作品をご紹介
致します。


今回、仕上げて下さったのは作家物の器です。
両方共、銀丸粉です。

新うるしの蒔き放ちの仕上げと違い、本漆は生漆で固めて磨き上げて
いきます。
生漆で固めることで耐久性が上がりますが、色味が暗くなり、研ぎ破りの
リスクも負います。

Mさんの作品の場合、器がざっくりとしていたので、あまり磨き上げずに
完成としました。
次のステップとしては蒔き下漆をより平滑に塗って、研ぎの手間を減らす
ことかと思います。

ざっくりとした器だけではなく、磁器の繊細な器にも対応できるように
なって頂きたいと思いますが、まずは完成品が出来たことを喜び、使って
頂きたいと思います。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

アール・デコ

NHK文化センター千葉教室のSさんの作品をご紹介致します。
いずれもひびが入ったところを加飾したものです。
まずは二股に分かれたひびの入ったマグカップです。


片側が顔型のレリーフがあるところにひびが差し掛かっていました。
そちらをトンボで加飾し、もう片方は花を蒔絵されました。
イメージは幾何学文様をモチーフとしたアール・デコということですが、
イメージ通りに仕上がったのではないかと思います。

もう一点は器の底にひびが入っていたものです。
唐突に底だけにひびが入っていたので、表側にある柄の一部を取る感じで
加飾されました。

ご本人としては不本意な部分もあるようですが、表の柄を利用したことで
唐突感は拭われていると思います。

Sさんは西洋骨董に造詣が深い方なので、アール・デコという発想は当然の
ことでした。
完成したものを拝見して、そのお考えが正解だったと見て取れます。

器に流用出来る柄がない場合、器全体のイメージから柄の方向を考えるという
のは参考になるのではないでしょうか。


カテゴリー: 基本のき, 生徒さんの作品 |

カゴ型

NHK文化センター柏教室のTさんの作品をご紹介致します。
カゴ型の器の割れを金繕いされました。

画像の左上あたりが割れてバラバラになっていました。
1本は3mm程度の細いカゴ型になっているので、接着自体も難しかった
のですが、その後の欠損を埋めるのが大変でした。
隙間は手はもちろんのこと、筆などの道具も入りにくいのです。

とにかく欠損は埋めなければなりませんので、Tさんは根気よく作業
されました。

いよいよ仕上げになっても作業は困難を極めました。
割れの線は繋がっていなければ不自然なので、適当には出来ないのです。

頑張られた結果は画像でご覧になれる通りです。
苦労の程が伺えないくらい、さりげなく完璧に仕上がっています。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

1日講座 日程変更

先日、HPとブログにてお知らせしました1日講座の日程ですが、
NHK文化センター様のご都合により、日程が変更になりました。

5月14日木曜日 10:00〜11:30  です。

既に先のご連絡の日程で計画を立ててしまった方には、伏してお詫び
申し上げます。
1ヶ月以上先の変更になりますが、改めてスケジュールをご確認頂けたら
幸いです。

今回好評であれば他の教室でも行いたいと考えてはおりますが、今後の
機会は不明です。
千葉近郊の方には是非今回の講座のご受講をご検討下さるよう、お願い
致します。

2/21からWEB先行予約
2/27から窓口・電話予約開始


カテゴリー: お知らせ |

幻の墨

かな書をしていて、どう頑張っても濃く墨色が出ず、悩んでいました。
その結果、墨を変えようと決心し、購入に出かけました。

ある書道具店で勧められたのが、もう廃業してしまった墨屋さんのもの
でした。

廃業してしまったという言葉だけが耳に残っている状態で購入したのですが、
実はこれが「幻の墨」とまで言われる和田栄寿堂の墨だったのです。

榊莫山先生の「墨」という著書で、日本画壇の巨匠ー川合玉堂、小林古径、
横山大観などがこぞってオリジナルの墨を注文したとあります。
莫山先生の著書が書かれた昭和56年の段階で、当代の方が後継に困っていると
悩まれていました。

墨作りの現場は真っ黒になって、灯した火を絶やさないように少しずつ煤を
取るという過酷なものです。
身内といえども後継を頼むのは難しいでしょう。

実際に使ってみて少し擦るだけで濃い色が得られ、細線は鋭く、枯れた線は
味わいがあり、墨の違いだけでこんなにも変わるものかと驚きました。
今までの墨とはすっかり勝手が違ってしまったので、使いこなすには時間が
かかりそうですが、貴重な墨に敬意を表しつつ頑張りたいと思います。


カテゴリー: |

華麗な加飾

先日に続きNHK文化センター柏教室のAさんの作品をご紹介致します。
Aさんは今までも美しく欠損部分を蒔絵して下さいましたが、今回の
作品も華麗です。

香蘭社のお皿です。
ひびが入っていたのですが、それをそのまま仕上げてしまうと、とても
目立つこと。
そして真っ直ぐの線を描くのが難しいことを悩まれていました。

その結果、全く筆を使わず仕上げをされています。
直線ではなく、ぼやっと柔らかい線になっているのは、そのためです。
これがお皿にあった元々の柄に合い、違和感なく仕上がっています。

取手が見えないのですが、マグカップです。
縁に生じた欠けの形が良くなかったので、どう仕上げをするか考えて
頂きました。
その結果、元々カップに入っていたチューリップの形で隠されたのです。

先に銀泥でチューリップの形を仕上げ、花びらを金泥で描き起こして
おられるのも秀逸です。

2点とも素晴らしい工夫ですが、特にお皿の柔らかい線は参考にされたい
方がおられると思います。
具体的な手順は教室でご質問下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

ツートンカラー

NHK文化センター柏教室のAさんの作品をご紹介致します。
ツートンカラーの把手の仕上げです。


注ぎ口がついているので、ミルクピッチャーかと思われます。
把手が割れて、いくつかのパーツに分解していました。
それを接着した上に補強を施してあります。

その仕上げを単に金泥のみで行ってしまうと、インパクトがありすぎに
なってしまったので、外側は薫銀泥にされたとのこと。
工夫の面白さと器への馴染み感という相反する両方を実現されました。

以下の同時に仕上げられた2点は、基本的な技術で直されたものです。
このようなレベルのものは、難なくこなされています。
次々独創的な工夫をされているので、順次ご紹介させて頂きたいと思います。



カテゴリー: 生徒さんの作品 |

トクサの持ち運び

先日、化粧コットンに水を含ませてトクサを包み、タッパーウエアに
入れて持ってくるという方法をご紹介しましたが、試験管バージョンを
お持ちになった方がおられました。

共のガラスの栓がついているので、水を入れても漏れない仕様になって
います。
おしゃれです。
コンパクトなところも魅力ですね。

最近、実験道具が人気になり、手に入る場も増えました。
試験管がお好みの方もおられるのではないでしょうか。
気に入った道具はモチベーションが上がります。
是非、参考になさって下さい。


カテゴリー: 基本のき, 日常の風景 |

金泥冴える

NHK文化センター千葉教室のYさんの作品です。
茶箱(持ち運び用の茶道具セット)用の小振りな抹茶茶碗が割れたのを
接着されました。

割れたなりにそのまま金泥で仕上げをされています。
渋い釉薬に金泥の仕上げが冴えて、本当に美しい作品になりました。

人智が及ばない偶然の妙と言える割れの線です。
加飾する必要は全くありません。

その分、下地作りを丁寧に行って頂きました。
その努力あってこその完成度です。
皆様どうぞ参考になさって下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

1日講座 予告

NHK文化センター千葉教室で金繕いの発生や歴史についてお話しする
講座を行います。

近年、メディアで取り上げられるようになり金繕いが知られるように
なりましたが、歴史についてはあまり知られていないのではないでしょうか?

金繕いの講座を受講して下さっている方々にも仲々お話し出来ていない
内容を1日講座で解説致します。

画像や実物サンプルをたくさんご用意し、より楽しんで頂ける講座にする予定です。
是非ご参加検討下さい!

○4月9日木曜日 午前10:00〜11:30
2/21(金)WEB先行受付開始
2/27(木)窓口・電話受付開始(新聞折込)

詳細についてはNHK文化センター千葉教室にお問い合わせ下さい。


カテゴリー: お知らせ |