旧前田家本邸 洋館ディテール

先日に続き、旧前田家本邸の洋館ディテールをレポートします。
洋館と言えば暖炉だと思いますが、前田家の暖炉は石の素材、
アイアンワークなど全て凝っています。


大客間 暖炉


大食堂暖炉 背面はチーク材の壁パネルと金唐紙


次女居室暖炉 アイアン部には家紋の梅

照明は器具自体のデザインと取付部の漆喰細工も見どころです。


大客室・小客室 照明

じっくり見て頂きたいのが、木部の彫刻です。
テューダー様式で木材が多用されていますが、そこに彫刻を施すことで
より温かみがあります。


大客間


階段室との境 宝相華文

建築主の前田利為候の戦死後、館は企業の本社になり、GHQに接収
されるという歴史を辿ります。
その中でこれらの美しいディテールが失われなかったことは、本当に
良かったと思います。

次は併設されている和館についてレポートします。


カテゴリー: 日常の風景 |

旧前田家本邸

15年ほど前から見学の機会を狙っていた「旧前田家本邸」に行って
来ました。

前田家とは旧加賀藩藩主前田家のことで、駒場東大前にある本邸は
16代当主の前田利為侯爵の居宅として昭和4年に竣工しました。
重要文化財の認定に伴い2年3ヶ月の修復工事が完了し、この10月末に
再オープンしたのです。


階段広間から玄関ホールを見る


階段

洋館マニアで日本各地の洋館を見て来ましたが、その中でも随一と
言ってもいいくらい素晴らしい建物です。
さすが加賀百万石、その名にふさわしい格調の高さです。


書斎


夫人室


寝室

修復工事では耐震工事はもちろんですが、壁紙やカーテンなど建築当初の
状態に近づける再現がなされました。
その結果、戦後GHQ接収時代に失われてしまった状態を回復し、昭和初期の
上流華族の生活をうかがい知ることが出来る建物になりました。

格調の高さが現れているのが、ディテールなのです。
こちらは次の機会にご紹介しようと思います。


カテゴリー: 日常の風景 |

映画「日日是好日」

先般、お茶会に出席してから私の中でお茶ブームが来ています。
見に出かけたのが映画「日日是好日」です。

樹木希林さんがお亡くなりになった際に、最後の出演作として報道されたので
それをご覧になった方も多いと思います。
原作は森下典子さん。
「お茶」が教えてくれた15のしあわせという副題がついています。
全くお茶のことを知らなかった森下さんが、25年の間に学んだことを15に
まとめたエッセイです。

原作は作法の指南書と違って、学びによって気づいたことを森下さんの
目線で描かれているので、不調法の私にも通じるところがあります。

映画は日本の四季とお茶のつながりを、とても美しく映像化していました。
日本人とは何なのかを感じられる佳作です。

シネコンのような大きなところでは上映されていないようですが、見終わって
ほっこりする映画です。
お時間が取れたら、是非オススメ致します。


カテゴリー: 展覧会•イベント, 日常の風景 |

生誕110年 東山魁夷展

現在、新国立美術館で開催されている「東山魁夷展」に行って
きました。
協賛企業提供の招待券で休館日にゆったり見学出来るというラッキー
な機会でした。

あまりにも高名な画家なので、ほわっとした筆致で描く風景画家という
乏しい認識しかなかったのです。
しかし今回見学して、すっかり見方が変わりました。

大胆な構図
緑青に代表される色の美しさ
心和ませる柔らかい筆致
デザイン画のような装飾性
量感のあるマチエール(絵肌)で油絵のように見えますが、岩絵具なら
ではの色彩で和洋折衷の感じ

何よりすごいと思ったのが、ヨーロッパや北欧の風景を描いても、京都の
風景を描いても、東山魁夷とわかるオリジナリティーです。

国民的日本画家の10年ぶりの回顧展です。
会期は12月3日(月)まで。
是非ご覧下さい。


カテゴリー: 展覧会•イベント |

急須の把手補強

セブンカルチャークラブ 成田教室のIさんの作品をご紹介
致します。
急須の把手の折れを補強して金繕いされました。

急須は使用頻度が高い上に、注ぎ口や把手など出っ張ったところが
破損しやすいものです。
特に把手は持ち上げて全ての加重がかかるので、補強して安全なように
するのが大事です。

把手内部に芯が入っているのですが、仕上がった状態では全く
わかりません。
ここまで綺麗に仕上がっているのは、Iさんの丁寧な作業の結果です。

確かに時間はかかりますが、熱いお茶を入れるものです。
万が一、接着が外れてしまったら、その熱湯を浴びる可能性が
あります。

毎日使う急須には愛着がある方が多いと思います。
是非しっかり補強して、安心してお使いになれるよう作業をお考え下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

遊び心

NHK文化センター柏教室のUさんの作品をご紹介します。
遊び心を加えて仕上げをされました。

実は星型になっている部分だけが小さく欠けていただけで、他は問題
なかったそうです。
それを月の形の仕上げを入れることで、小さな欠けのみになるのを回避
されました。

他の方法としては銀泥で仕上げて、硫化したら釉薬の色と馴染むという
のがあるかと思います。
しかしUさんのように攻めてプラスに変えるという積極的な方法も
大歓迎です。

仕上げは持ち主の方の好みで構いません。
こうでなければならないという決まりはないので、自由に発想して頂きたい
と考えています。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

硫化を待って青紫に

NHK文化センター柏教室のHさんの作品をご紹介します。
銀泥の硫化を青紫色になるまで待たれました。


欠けたところをまず金泥で仕上げ、その上から銀泥で染付けの柄が続くように
描き起こされました。

薬品で硫化を促進する方法もご紹介しましたが、やはり自然に硫化させた
方が色が綺麗です。
柄も綺麗に描き起こされているので、欠損が器に自然に馴染んでいると
思います。

ちょっとした工夫ではありますが、金繕いと欠損が美しく共存する方法です。
ぜひ参考になさって下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

秋の茶会

海浜幕張公園 美浜園の松籟亭で行われた茶会にお招き頂きました。
というのも先日金繕いしてお返しした黒楽茶碗が、お濃茶の席に
使われるとのことだったからです。

雨が上がり晴れ間も見え、心地よい気候の中、お伺いしました。

正直に言うと、お茶に関しては全くの不調法者なのですが、席主の方から
お茶を楽しんで頂く為の席ですとあたたかいお言葉を頂き、甘えさせて
頂きました。

お返しした黒楽茶碗は蘇って手元に戻ったことから「帰来」と銘をつけられた
そうで、座の注目を集めた姿は誇らしげに胸を張っているように見えました。

お返しした器が実際使われている姿を見ることは早々ありません。
このような機会を与えて下さった席主の方に改めて御礼申し上げたいと
思います。


カテゴリー: 日常の風景 |

カトラリーの木地

昔から何かと木地を購入していたのですが、探し物をしていたら
コーヒースプーンの木地が出てきました。

ご覧頂けるようにスプーンの尾部に矢印のような続きがあります。
実はお箸を含めてカトラリー類の木地はこのように刺して固定出来る
部分がついています。
全体が塗り上がった後に切り離して、部分的に塗り足すのです。
お箸の色を変えたりしているのは、塗り足し時に行っている訳です。

新品の制作の場合にはこの部分があるおかげで、全体が塗りやすくなって
いるのですが、完成品の塗り直しでは同じようには出来ません。

どのように塗り直すかにもよりますが、何らか工夫が必要になってくる
のがお分かり頂けると思います。


カテゴリー: 基本のき |

紅葉

港北カルチャーセンターのTさんの作品をご紹介致します。
お皿の欠けを金繕いされました。

どこが欠けていたか、お分かりになるでしょうか?
上の画像の下方、縁にある紅葉の部分です。

元々、金彩で紅葉が入っていましたので、欠けの形が隠れる様に
紅葉型で仕上げをして頂きました。

紅葉は入れ方を間違えると、全く別の物に見えてしまいます。
そこで慎重に大きさ、角度を検討して頂きました。
その結果、上の全体が写った画像でみるとどこが欠損していたかわからなく
なっていると思います。

主張するばかりが金繕いではありません。
さりげなく馴染んでいるというのも素敵と思って頂ける作品です。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |