カテゴリー別アーカイブ: 基本のき

筆に癖をつけない

ある程度の時間使い続けた筆は、薄め液に長い時間浸し続ける必要が
あります。
ただ薄め液の瓶にそのまま筆を入れてしまうと、穂先が曲がって癖が
付いてしまいます。
NHK学園市川オープンスクールのKさんがとてもいい工夫をされていたので、
ご紹介します。

薄め液に丁度よく穂先が浸る位置で止まるようにクリップで止めている
のです。
この方法だと穂先に癖がつかずに長い時間浸しておけます。

実は穂先のコンディションが悪くなる原因は、筆の洗い方が不足している
ためなのです。
長く線が引けないとか、穂先が割れてしまうとか、そんなことに心当たりは
ありませんか?
穂先に何となく粘り気があったり、根元に固まりがあったりするのです。
酷い場合は穂先からボロボロと固まった新うるしが出てくることがあります。

このような状態はある程度の時間、薄め液に漬け込んで、しっかり台所洗剤で
洗い直すと復活します。
そのためにはこの筆の固定方法は大きな助けになってくれると思います。


カテゴリー: 基本のき |

金箔貼り皿

カルチャープラザ公津の杜教室のSさんの作品をご紹介致します。
1日講座などで行なっている「金箔貼り皿」を制作して下さいました。

こちらはシンプルな構成で金箔を貼るというカリキュラムです。
構図を検討して頂く際に黄金分割の手法も学べる一石二鳥の内容です。
金箔が映えるので晴れの日のテーブルには最適です。

Sさんの作品もシンプルな構図ですが、これにお食事を盛って頂くと
華やかになるのではないかと思います。

金箔貼り皿は通常の教室ではなかなか実現しませんが、ある程度やって
みたいという方がまとまればリクエストにお答えしています。

もう1点は小さい猪口の割れの接着です。
全体は金泥で仕上げられていますが、染付の人物の部分は銀泥に変えて
あります。
銀泥が流下してくると馴染んで目立たなくなります。
人物をまたがる破損は痛々しい感じがしますが、馴染ませるようにすると、
その感じが緩和されます。

公津の杜教室は以前のセブンカルチャークラブからカルチャープラザへ
リニューアルされました。
以前と変わりなく講座を行なっております。
新規の受講も承っておりますので、ご検討宜しくお願い致します。


カテゴリー: 基本のき |

パーツが足りない

器が割れた時、どんなに回収を頑張ってもパーツが足りないことが
あります。
実は意外にも大きなパーツが足りないのは問題にならないのですが、
厚みを形成する間が足りないというのは注意が必要です。


上の画像は現在、私が金繕いでお預かりしているお皿です。
裏面から見るとパーツが揃っているように見えるのですが、間が随分
足りません。
今回の場合、パーツの安定感が良かったので接着が可能でしたが、不安定な
場合は工夫が必要です。

どういう状況なのかで対応策が変わりますので、接着の作業を始める前に
必ず仮組みをしてパーツの過不足、安定感を確認して下さい。
「多分大丈夫」で踏み切ると後のリカバリーに苦労します。


カテゴリー: 基本のき |

硫化で出る味わい

先日に続きNHK学園市川オープンスクールのKさんの作品をご紹介
致します。
徳利の口縁が欠けたのを金繕いされました。



欠けたところを埋め、銀泥で仕上げてあります。
欠けた範囲が大きく、目立ち過ぎる可能性が高かったのですが、銀が渋く硫化
ことで元々の釉薬に馴染み、自然な感じに仕上がりました。

仕上げ次第で完成の印象が変わります。
どのような感じを望まれるのか、ご自身のものなのか、お預かりのものなのか、
勘案すべき要素を合わせてお考えになるのが良いかと思います。

最近は金銀をブレンドしたもの、銀を人工的に硫化させてあるものなど、販売
されているもので変化をつける方も多くなりました。
悩まれるようならばサンプルを作っておりますので、ご相談下さい。


カテゴリー: 基本のき, 生徒さんの作品 |

鯛牙 自作する

カルチャーセンターの教室がお休みになってしまい、時間が出来ました。
せっかくだから有意義に過ごそうと、なかなか手が回らなかった作業を
することにしました。
まず製作したのが「鯛牙」です。

本漆の仕上げで丸粉を使った場合、磨きに使う道具です。
市販されてはいるのですが、高価な道具です。
お求め頂くのが忍びないと思っていたところ、有難いことに生徒さんから
顎の骨付の鯛牙を頂戴しました。


上の画像は以前、私が入手したもの

短時間で作ったので、以下の手順で簡単に作っています。
1.顎の骨から牙を切り出す
2.竹棒径6mmを牙の根元が埋まる深さの穴をあける
3.接着剤で牙を接着する
4.隙間をパテで埋める
5.補強に糸を巻く

ご自分で作ってみたいという方は、まず天然の鯛(全重量が3kg以上は必要)
の顎の骨を入手下さい。


カテゴリー: 基本のき, 日常の風景 |

アール・デコ

NHK文化センター千葉教室のSさんの作品をご紹介致します。
いずれもひびが入ったところを加飾したものです。
まずは二股に分かれたひびの入ったマグカップです。


片側が顔型のレリーフがあるところにひびが差し掛かっていました。
そちらをトンボで加飾し、もう片方は花を蒔絵されました。
イメージは幾何学文様をモチーフとしたアール・デコということですが、
イメージ通りに仕上がったのではないかと思います。

もう一点は器の底にひびが入っていたものです。
唐突に底だけにひびが入っていたので、表側にある柄の一部を取る感じで
加飾されました。

ご本人としては不本意な部分もあるようですが、表の柄を利用したことで
唐突感は拭われていると思います。

Sさんは西洋骨董に造詣が深い方なので、アール・デコという発想は当然の
ことでした。
完成したものを拝見して、そのお考えが正解だったと見て取れます。

器に流用出来る柄がない場合、器全体のイメージから柄の方向を考えるという
のは参考になるのではないでしょうか。


カテゴリー: 基本のき, 生徒さんの作品 |

トクサの持ち運び

先日、化粧コットンに水を含ませてトクサを包み、タッパーウエアに
入れて持ってくるという方法をご紹介しましたが、試験管バージョンを
お持ちになった方がおられました。

共のガラスの栓がついているので、水を入れても漏れない仕様になって
います。
おしゃれです。
コンパクトなところも魅力ですね。

最近、実験道具が人気になり、手に入る場も増えました。
試験管がお好みの方もおられるのではないでしょうか。
気に入った道具はモチベーションが上がります。
是非、参考になさって下さい。


カテゴリー: 基本のき, 日常の風景 |

薫銀泥

NHK文化センター柏教室のA さんの作品をご紹介致します。
柏教室の日曜午後クラスでは薫銀泥の仕上げが流行っています。
Aさんも薫銀泥の色を効果的に使った仕上げをなさいました。


まずは急須の蓋です。
表は割れの線通りに仕上げられ、内側は補強の大きい面の仕上げになって
います。
これに薫銀泥を使って急須自体の釉薬の色に合わせられました。
違和感のない渋い仕上がりです。

こちらは片口なのですが、画像ではどこが欠けたのかわからない程
馴染んでいます。

薫銀泥とはその名の通り、銀泥を人工的に燻して硫化させたものです。
様々な色がありますが、今回ご紹介した色はガンメタリックの感じの渋い
色です。

Aさんの作品のように馴染ませる他、釉薬の景色に合わせるなどの活用方法も
あるかと思います。
ご興味のある方はまず色味の確認をお勧め致します。


カテゴリー: 基本のき, 生徒さんの作品 |

トクサの収穫

このところトクサについて、ご質問が増えてきたので、改めてご説明
しようと思います。

トクサの収穫ですが、寒気に当たった方が良い道具になりますので、
もうしばらく待たれるのをお勧め致します。
2〜3月から新芽が出る直前の4月までは収穫出来ます。

しっかり根元から切り、広げて乾燥するのが肝要です。
ドライフラワーのように束ねて干すと、カビてしまったと以前ご報告を
受けております。

大体1週間干すと含んでいた水気が乾燥し、道具になります。
この時、緑色が残っていても構いません。

よく確認されるのが先端の枯れている部分を採取すればいいのか?という
ことです。
このご質問への回答は否です。
実際お使いになられるとお分かりになりますが、植わっている段階で既に
枯れているということは劣化しているということです。
道具としては全く使えず、ボロボロと崩れてしまうはずです。

根元から刈り取ってしまうと、ご不安になるのが再生です。
これもご心配ありません。
春になると新たに新芽が出てきます。
刈り取ったところからは伸びてはきません。

拙著「金繕いの本」をお持ちの方は90ページをご覧下さい。
実際の使い方なども詳しく解説してあります。


カテゴリー: 基本のき |

筆に印をつける

最初の教材で筆は2本からスタートしますが、必要に応じて増えていきます。
中には似たような筆もあり、何の為の筆なのかわからなくなってしまう方も
おられます。

そこで港北カルチャーのTさんの工夫をご紹介致します。
金泥用、銀泥用と分けた蒔筆の場合です。

軸の尾部に金銀のテープを巻き、一目でわかるように工夫されています。

ちょっとした工夫をするだけで作業の効率が上がると思います。
Tさんの方法を参考に、ご自分のやり方を見つけられてはいかがでしょう。


カテゴリー: 基本のき |