カテゴリー別アーカイブ: 基本のき

カトラリーの木地

昔から何かと木地を購入していたのですが、探し物をしていたら
コーヒースプーンの木地が出てきました。

ご覧頂けるようにスプーンの尾部に矢印のような続きがあります。
実はお箸を含めてカトラリー類の木地はこのように刺して固定出来る
部分がついています。
全体が塗り上がった後に切り離して、部分的に塗り足すのです。
お箸の色を変えたりしているのは、塗り足し時に行っている訳です。

新品の制作の場合にはこの部分があるおかげで、全体が塗りやすくなって
いるのですが、完成品の塗り直しでは同じようには出来ません。

どのように塗り直すかにもよりますが、何らか工夫が必要になってくる
のがお分かり頂けると思います。


カテゴリー: 基本のき |

金箔の保管方法

昨日、貝合せの講座の事を書いた続きで、金箔の保管について
ご説明したいと思います。

金箔を綺麗に貼るには金箔が平滑であることが必須条件になるので、
どなたも平滑に保つことには気を配られると思います。

これは厚手のボール紙などに挟んでおけば問題ありませんが、実は
長期に保管して置く時に気をつけなければならないのが湿気なのです。
湿気が入ると、金箔は箔合紙に密着してしまいます。
剥がす方法はあるのですが、手間がかかります。

本格的に保存するには箔用の桐箱があります。

私はこちらに購入した状態のストック分を保管しています。

ただ桐箱はそれなりの値段がしますし、量があまりなければ大袈裟過ぎます。
そこで私が小分けして保管しているのは、食品保管袋のジップロックです。

厚み1.5mmほどのイラストレーションボードに挟んだ状態で入れています。
しっかり封をしておけば、ある程度の湿気も防げます。
さらに除湿剤を入れると良いのかもしれません。
量がある方はプラスチック製の折り紙入れなども流用可能です。

ちなみに金箔は長期保存しても変化しません。
稀に少量含む銀、銅部分が変色する場合がありますが、品質に問題が
起きてはいません。


カテゴリー: 基本のき |

リバティープリントの筆入れ

それぞれの方の工夫が楽しい筆入れのご紹介です。
今回はよみうりカルチャーセンター大宮教室のSさんのお作りに
なったものです。


生地はリバティープリントのラミネートのものです。
こちらはユザワヤなどで筆入れを作るには十分なサイズの端切れが
販売されています。
あとは縁を始末するバイヤステープがあれば準備完了です。

お手製の筆入れの良いところは、自分が入れたいもののサイズを測って
ちょうどいい大きさに作れるところです。
中の画像にあるようにフラップをつけて、穂先を保護出来るように
Sさんは工夫されています。
持ち運びの際には、縁につけた紐で巻いて止めます。

リバティープリントは華やかで、作業するテンションが上がりそうです。
さらにラミネート加工で耐水性と汚れが拭えるところもメリットではない
でしょうか。

10月から金繕いを始められた方は、道具をどんな形でまとめようか
考えておられる頃だと思います。
是非参考になさって下さい。


カテゴリー: 基本のき, 日常の風景 |

トクサ 鉢に植えました

先般、ピラティスのMidori先生に頂いたトクサの苗が落ち着いた
ようなので、鉢に植えました。

昨日は夏のような30度超えの気温になりましたが、今週末には上着が
必要な気温になるようなので、いいタイミングかと思いました。

教わった通り、きちんと培養土に黒土を混ぜました。
鉢の底には深めの皿が敷いてあり、少々浅いですが水が溜まって「腰水」
状態になります。

元々我が家にあった苗も復活してくれるといいのですが。


カテゴリー: 基本のき, 植物•スケッチ |

拭き漆大会 第2回目

先月から行っている、よみうりカルチャーセンター大宮教室での
拭き漆大会の第2回目です。

参加されたSさんの作品を撮影させて頂きました。
ケヤキの茶托です。

無塗装だったもので水シミが出来ているものすらあったのですが、
見事拭き漆で蘇りました。
2回目ではありますが色味が気に入られたので、これで終了とされる
そうです。

Sさんはこの他、日常で使っているものも拭き漆されたのですが、こちらも
漆の色が入っただけで高級感が増していました。
そんな風に漆に親しんで頂ければ大会の目標は達せられたと思っています。

ちなみにマンゴー(ウルシ科)ですらカブレるSさんを含めて、参加した方は
全員かぶれていません。
日常生活を送っている方に「漆はかぶれるもの」であってはならないと考えて
います。


カテゴリー: 基本のき, 日常の風景, 生徒さんの作品 |

トクサ復活法

今年の夏の異例の暑さでトクサの元気がないという方が多いのでは
ないでしょうか?
敬愛するピラティスのMidori先生は園芸もお好きということで、トクサの
復活方法を教えて下さいました。

地植えでも鉢植えでも一度土から掘り上げます。
土が散ってしまわないようにポリポットなどに入れます。
バケツにポリポットが浸るくらいの水を入れて、苗を浸します。

画像にある苗はMidori先生のご自宅庭に植えられていたものですが、栄養が
少なかったのか細い芽がたくさん出ていました。
それが掘り上げて水に浸したところ、新芽は立派な太さのものが出ています。

もう少し根が育ったところで鉢植えする予定ですが、土は培養土に黒土を
足すと良いそうです。
黒土は水を保持しますので、水が大好きなトクサには良い環境になるの
です。
もちろん私が失敗した「ベランダ用の土」(ココナッツファイバー含む)は
論外です。

もし全然新芽が出ないなどとお悩みの方は、この方法で根を育てるのが良い
のではないかと思います。
根がダメになっていなければ復活するそうです。

復活したら寒くならないうちに土に植え、水やりを怠らないようにすれば
大丈夫です。


カテゴリー: 基本のき, 日常の風景, 植物•スケッチ |

メンディングテープは使えない

以前のブログにも書いていますが、メンディングテープは金繕いには
適さないテープです。

パッケージには
貼るとテープが見えなくなる
テープの上から文字が書ける
コピーをとっても影が出ない
とあります。

用途を見ると
図面の補修・補強、切り貼り修正、エッジの補強に
グラフ・資料のコピー、第二原図のつなぎ合わせに
等々とあります。
つまりメンディングテープは平滑な紙の補修用に作られたテープなのです。

一方陶磁器の修復においてテープは曲面に貼ることになりますが、メンディング
テープは張り感が強いので、馴染みにくいです。

一般的に価格の影響かメンディングテープは、セロハンテープの高級バージョン
というイメージがあるようです。
しかし金繕いには適しませんので、お持ちになるならセロハンテープで
お願いします。


カテゴリー: 基本のき |

チューブ入れ

漆のチューブは立てて保管する方が良いのですが、数が増えてくると
入れ物を考えなければならないと思います。
藤那海工房 木曜クラスのTさんが素敵な入れ物に入れておられたので、
ご紹介致します。

Tさんは漆器の修復を始められたので、必然的に色数が増えました。
この箱は紅茶の箱だったそうで、仕切りはご自分で作られました。
高さが丁度いいのですが、木製なので高級な画材のようです。

口金や蓋の内部についた新うるしを拭ってから保管するのをお勧めして
いますが、拭わずにチューブを横倒しにすると新うるしが固まって蓋が
開かなくなります。
さらに溢れ出たのをそのままにしていると、しっかり閉まっていないので
中身がどんどん硬化していきます。
溢れ出た新うるしの処置の仕方は教室でご説明致しますので、ご質問下さい。

何より口金、蓋を綺麗に拭って、立てて保管するのが一番です。
Tさんのように使う時に選びやすく、仕舞っても美しい入れ物を探してみて
下さい。


カテゴリー: 基本のき |

ひびの器 洗浄のタイミング

金繕いを始める際、直したい器は綺麗に洗って頂くのをお勧めしています。
この内、ひびの入った器は特に注意が必要です。

狭い隙間に入った水分は抜けにくいので、金繕いする1週間前には洗っておく
必要があります。

最近ひび止めをしたにも関わらず、後でひびが進行してしまう原理もわかって
きました。
その一因に直前の洗浄があると言えます。

気がついたら教室の日が迫っていたというのはよくある話ですが、せっかく
完成したと思っていた器の破損が再び進行していたというのは悲し過ぎます。
適切な時期に洗浄し、油分をつけないように保管して下さい。


カテゴリー: 基本のき |

大宮教室 拭き漆大会

よみうりカルチャー大宮教室で本漆による拭き漆を行って頂きました。

今回使用の漆はウルシオールを含む本当の漆なので、かぶれ対策について
きちんとご理解頂いた上で作業して頂きました。
画像の方々がエプロン、アームカバー、手袋着用なのは、その為です。

材料にされたのは各々がなさりたいものをお持ち頂きましたので、茶托あり、
板材あり、カトラリーありと様々です。
(こちらからお仕着せの材料はご提供しませんでした。)

たまたま大宮教室は拭き漆大会が行える条件が揃い、なさりたい方もおられ
ましたので決行出来ました。
それぞれの教室で条件が違いますので、ご希望がありましたら、教室の皆様と
ご相談させて下さい。


カテゴリー: 基本のき |