カテゴリー別アーカイブ: 基本のき

ゴジラの香炉 漆繕い

プロレスラーの藤原喜明さんを、ご存じの方は多いと思います。
雑誌「盆栽世界」を購入して下さった方は、連載ページを見て
頂くと氏の多彩な一面をご覧頂けると思います。

藤原さんの才能の一つが陶芸です。
趣味の域を超えてプロの域に達しておられます。
作られた作品の一つが今回ご依頼頂いた「ゴジラの香炉」です。

頭の部分が別パーツになっており、そこを外してお香を中にセットします。
頭部を戻すと口からお香の煙が立ち上るという仕組みになっています。

焼締の肌がゴジラの感じを出しているだけでなく、背中のヒレの数、形
まで忠実に作られた藤原さんのこだわりが凝縮された一品です。


その大切な品の尻尾の先が割れてしまっていました。
ご依頼は金・銀などで化粧せず、なるべく目立たせないことと
いうものでした。
そこで本漆で接着し、漆繕いで完成させることにしました。

以下の画像は完成したところです。


わかって見なければ気がつかないようにはなったかなと思って
納品したのですが、藤原さんからも「本当にわからないね。素晴らしい。」
とのコメントを頂き、安堵したところです。

ゴジラも尻尾の先を取り戻して威厳が回復したようです。

今回の工夫ポイントは、接着の際のゴジラの姿勢です。
尻尾の接着部が水平になるように固定して固化させました。
また焼締の肌に馴染むようにカッター以外の道具を使って削りの
作業を行ったのも、ご希望の仕上がり感に貢献したと思います。

先般の鹿児島睦さんの板皿の金繕いのブログでも書きましたが、
ご要望に応じて手段は選択しています。
器によって最も良い手段を考え、教室でもお話ししていきたいと
思っております。


カテゴリー: 基本のき, 日常の風景 |

穂先を整える

本漆にしても新うるしにしても、筆は中性洗剤(台所洗剤)で
洗うことをお勧めしています。
洗った後はどのように処理されているでしょうか?

濡れているうちにキャップに入れないと、毛がキャップの中で逆立って
しまいます。
しかしキャップに入れる前に大事なことがあります。
穂先を整えることです。

軸に近い腹とか腰と言われる胴の部分をしっかり指先でまとめて
膨らまないように締めます。
さらに命毛と言われる先端部分は、軸と芯が通るように位置を決めます。

ほんの数秒で出来る作業ですが、これを怠ると穂先は膨らんで広がり
ますし、穂先は自分の意思とは違うところに線を描きます。

太い線しか描けませんという方は、もしかするとこの手入れが足りない
のかもしれません。
いい仕上げは、道具の手入れから。
ちょっと気にして試してみて下さい。


カテゴリー: 基本のき |

ウレタン塗装の塗り直し

教室でやってみたいとお声が上がるのが、ウレタン塗装の
木工品の塗り直しです。

木の温かさが良いので、木工品をお使いの方は多いと思います。
漆塗り以外の市販されている木工品の多くは、ウレタン塗装という
樹脂で塗装されています。

これが経年変化でハゲてしまうことが多く、そのまま使っていると
本体の木部まで傷んできます。
(ひび、痩せ、カビ発生など)
泣く泣く諦めておられたかもしれませんが、修復出来ます。

上の画像は私が拭き漆という本漆の技法で直しているものですが、
新うるしでも可能です。

状態に応じて手順をお話し致しますので、まずは教室にお持ち下さい。
気に入った物は是非直してお使い下さい。


カテゴリー: 基本のき |

金泥 混ぜても可?

先日、金泥が残り少なくなった場合、混ぜてもいいでしょうか?と
質問を受けました。

上の画像は教材としてお出ししている「純金泥」です。
全く同じパッケージの物でしたら、混ぜてしまっても問題ありません。

上の画像は本漆で使われることが多い「金消」です。
「金泥」と「金消」は以前別のものとされていました。
それは金消に膠が含まれていたからです。

現在の「金消」には膠成分は含まれていないので、同じく金箔を
粉にしたものと考えていいかと思います。

ただパッケージが違いますので、先の物と混ぜることは出来ません。
金の純度、粒子の細かさが違う可能性があるからです。
金の純度が違えば、仕上がりが斑らになってしまうかもしれません。
粒子の細かさが違えば、蒔くタイミングにも違いが出ます。

パッケージが同じもの、すなわち同じメーカーのものを使い続ける
のが良いかと思います。
教室でお出ししている金泥は、渋谷の日本画材店「ウエマツ」で
販売されています。

ウエマツ
東京都渋谷区渋谷2-20-8
(渋谷・ヒカリエ 2軒左隣り)
tel 03 - 3400 - 5556
open 10:00 〜 19:00 (日曜日 休み)
※ネット販売なし 代引きにて購入可能


カテゴリー: 基本のき |

トクサ苗入手 2018

新しくトクサの苗を入手しました。
近隣のDIYショップでビオトープ用の植物として販売されていました。

今回は1株が小さかったので、2株購入しました。
価格は1株 ¥598
小さい割に少々高い感じはします。

同じ場所で販売されていた「大トクサ」です。
削りがあまり捗らないし、1m以上の大きさになってしまうので、
購入はお勧めしません。

上の画像の物と比べて頂くと太いのがお分かりになるかと思います。
販売者側も日本の「トクサ」と「大トクサ」の違いがわかっていない
ことがあるので、径の太さで見分けるのが良いかと思います。

すでに乾燥させたものを販売していますが、心置きなく使うためには
自分で育てるのが一番です。
今くらいの時期に店頭に並びますので、お探しになってみて下さい。


カテゴリー: 基本のき, 植物•スケッチ |

器の持ち運び

作業中の器を教室に持ち運ぶ際の安全性には気を配る方が
多いと思います。
藤那海工房西登戸教室のOさんは、現在直径40cm超の大鉢を
金繕い中です。
持ち運び用の箱を作られているのですが、とても工夫されている
ので、ご紹介したいと思います。

大鉢がすっぽり入る箱の底に高台ぴったり収まる大きさ、高さの
ダンボールが貼り付けられています。

ここに高台がしっかり収まることで箱の中で大鉢は動きません。
これで安心して持ち運びが出来ますし、作業後この中で乾燥も
出来ます。
ホコリよけになるのも好ポイントです。

これだけの大きな鉢になると粘着するものでの器の固定は難しい
かと思われます。
Oさんの高台をしっかり収めるというのは最適な方法ではないで
しょうか?

ちなみに作り方は簡単です。
適当な大きさのダンボールに高台の外周を鉛筆でなぞって大きさを
決め、カッターでくり抜きます。
厚みは丁度ダンボール2枚分なので、同じものを2枚作って貼り合わせ、
器が収まる箱の底に固定すれば完了です。

器持ち運び用の工夫で、これは!というものがありましたらお知らせ
下さい。


カテゴリー: 基本のき |

蒔絵へのステップ

NHK文化センター 柏教室のMさんの作品をご紹介致します。
お茶碗の縁の欠けを仕上げられました。


熱心に作業されるので、仕上げに関しては何も言うことは
ありません。
蒔下の描き方、仕上げのタイミングなど完璧です。

もう一歩、進まれるのであれば、欠けを生かして蒔絵をなさる
ことです。
ちょうど手頃なサイズの花柄が元々茶碗に入っているので、これを
模して蒔絵をすればいいのです。

元々入っている絵柄を利用すると、欠損部分が馴染んで違和感が
ありません。
最上の手段と言えるでしょう。

もし蒔絵を試みたいと思っておられましたら、このようなところ
から発想してみて下さい。


カテゴリー: 基本のき |

道具入れニューバージョン

セブンカルチャークラブ成田のIさんの道具入れを、ご紹介
致します。
Iさんの道具入れは以前にも紹介させて頂いていますが、筆の先が
つかえてしまうので、新しい形のものを自作されました。

子供用の習字の筆入れに、いらなくなった風呂敷の生地を巻いた
そうです。
ワンポイントの飾りは別のラッピングについていた物を流用された
そうなのですが、誂えたように合っています。

中は太めのストローで仕切りを作ってあります。
これで必要なものが取り出しやすく、整理しやすくなっています。

Iさんはあるものを工夫されるアイディアが豊富で、いつも参考にさせて
頂いています。
道具の整理はリーズナブルで使いやすい物が出来るのが一番です。
筆類の持ち運びに悩まれている方は、どうぞ参考になさって下さい。


カテゴリー: 基本のき, 日常の風景 |

自作の窯キズ直し

NHK学園市川オープンスクールのYさんの作品をご紹介致します。
ご自分で作られた板皿の窯キズを金繕いされました。

瑠璃釉に金泥が映えています。
またキズが入った位置も絶妙です。

通常の窯キズと違っていたのは、途中で途切れているところです。
瑠璃釉の上から乗せた白い水玉状の釉薬が接着剤になったのか、ここは
亀裂が完全には入っていないのです。
それもまた面白さになったのではないでしょうか?

もう1点は、かなり複雑に割れた小皿です。
その為、欠損を埋めるのに時間がかかりましたが、仕上げてみると
複雑な線がアートのようです。
これも金繕いの不思議なところです。

度々このブログでも書いていますが、窯キズは独特の手順で直して
いきます。
作業される前に是非ご確認下さい。
この技術を身につけて頂くとYさんのように陶芸をなさる方はせっかくの
自作を諦めずに済むと思います。


カテゴリー: 基本のき, 生徒さんの作品 |

印はわかりやすく

以前のブログでも書いていますが、接着で段差が出来てしまった
場合、それを解消するように弁柄漆を塗っていきます。
作業を始める前に大切なのが、どこを塗るべきなのか、しっかり
印をつけることです。

上の画像は藤那海工房 金繕い教室のKさんの作業状態です。
とてもわかりやすく印を付けられているので、これに従って
安心して作業が出来ると思います。

「段取り8分」という言葉がありますが、下準備をしておけば
後の作業が楽になるのです。

接着がずれてしまったのは、マイナスかもしれません。
でもプラスに変えるチャンスを上手に活かして頂ければと考えています。


カテゴリー: 基本のき, 生徒さんの作品 |