水滴

NHK文化センター柏教室のKさんの作品をご紹介します。
水滴の注ぎ口の金繕いです。


水滴とは書道具の一つで、墨を擦る際に使用する水を硯に落とす為の
道具を指します。
紅斑の入った青磁釉にスクエアな形が美しい一品ですが、注ぎ口が
欠損してしまっていました。

何分にも小さい品なので注ぎ口の再生は大変苦労されたのですが、
水切れも鮮やかに完成しました。

このように食器でなくても陶磁器であれば金繕いは可能です。
水滴のような愛用品があれば是非、金繕いをご検討下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

第12回 こころばえの会

友人の日本画家・斉藤佳代さんのグループ展に行ってきました。
「こころばえの会」は女性9人の個性が響き合う展覧会です。



斉藤佳代さんの作品です。


彼女の作品は日常のさりげない景色を暖かい視線で描いており、優しい色彩と
相まって心が和みます。

例年6月は日本画家の友人達の展覧会が続き楽しい時期だったのですが、昨年は
それもままならない状態でした。
今年は久しぶりの再会と他愛もない会話が楽しめて本当に嬉しかったです。

しみじみ話し合ったのがアートや音楽などは「不要不急」のものではないという
ことです。
こんなふうに少しずつでも人間に必要なものを取り戻していきたいと思いました。


カテゴリー: 展覧会•イベント, 日常の風景 |

第2回ワークショップ終わりました

金継ぎで作るアクセサリー・箸置き作りの2回目のワークショップが
終了しました。





毎回、思うことですが、皆様同じパーツを見て選ばれているのに全く
違う作品が出来上がります。
今回も力作揃いです。


カテゴリー: 展覧会•イベント |

蒔絵の練習

金繕いの教室のカリキュラムに「置き目」と「桜の花びら」を
組み入れています。
いずれも蒔絵の練習です。
JEUGIAイオンモール八千代緑が丘教室のTさんとKさんの作品を
ご紹介致します。


「置き目」というのは図柄の転写方法です。
元絵を器に漆を使って写しとります。
作品として行って頂いたのは流水紋の部分です。

さらに桜の花びらですが、こちらは平蒔絵の練習です。
合わせて銀泥の蒔き方も学ぶことが出来ます。

このカリキュラムを行う度に思うのですが、同じ元絵をお渡ししていても
制作される方の感性で全く違う作品が完成することです。
TさんもKさんもそれぞれ個性的な作品が出来上がりました。

この練習で蒔絵の一連の流れが把握が出来、実際に使って頂具ことで蒔く
タイミングが合っていたかの検証も出来ます。
ぜひ積極的にご参加下さい。


カテゴリー: 基本のき, 生徒さんの作品 |

ふぐ印の「新うるし」ではないもの

先日、HPのコンタクトからご質問を頂きました。
拙著「金繕いの本」の内容に従い、萩焼のお茶碗に入ったにゅうのひび止め
をしたが、黒い筋になってしまった。これは何故かというものです。
詳しく記載して下さった作業の内容を精査したところ、気になったのが拙著
でご紹介した「新うるし」ではなく、「うらしま印・高級うるし 透明」を
お使いになったという点です。


画像手前が「新うるし」、奥が「うらしま印」

新うるしまたは工芸うるしと言われるものは本漆に対する総称で、各
メーカーで内容物はそれぞれ違います。
漆を元来の手法以外で精製したもの、漆以外の植物性樹脂、ナフサン系の
石油由来のものなどあるようです。
このことから両者は基本的な素性が全く違うものだと考えられます。

何の工芸でも同様かと思いますが、使う素材が違えば結果も違います。
料理に例えれば同じ小麦粉でも強力粉でと説明されているものを薄力粉で
作れば求めているものと違うものが出来てしまうようなものです。

つまりお問い合わせの黒い筋が出来てしまったというのは、お使いになった
「うらしま印・高級うるし 透明」での結果と存じます。

ご質問を頂いた方には拙著をお求め頂き、ご自身の大切な器の修復にチャレンジ
して下さったこと、大変感謝しております。
文末に金泥での仕上げにチャレンジするとありました。
ご満足のいく結果が得られていることを切に願っております。


カテゴリー: お知らせ, 基本のき |

螺鈿で仕上げ

カルチャープラザ公津の杜教室のIさんの作品をご紹介します。
小皿の欠けを螺鈿で仕上げられました。


小さく欠けていた部分に螺鈿を貼って仕上げとされました。
これは小皿自体の染付の青に螺鈿が合うとのお見立てです。
螺鈿は夜光貝の小片を使いました。

金繕いに螺鈿?思われる方もおられるかと思いますが、螺鈿自体が漆工芸
ですので技法的には何ら問題がありません。
もちろん使用も可能です。

ただ一般的な金繕いとは別の工程になりますので、手がける前にご相談頂き
たいと思います。

実はIさんにするとこの小皿はウォーミングアップなのです。
最終目標があるので、そちらの完成も楽しみなところです。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

Instagramデビューしてみました

重い腰を上げてようやくInstagramに挑戦してみました。
記念すべき初投稿は一番お気に入りの作品
「備前焼フリーカップ」です。
良かったらご覧下さい。

ユーザーネームは「kintsukuroi shiratori」です。


カテゴリー: お知らせ |

横浜教室 作品展示

NHK文化センター横浜ランドマーク教室に作品を展示して頂ける
ことになりました。

拙著も含めて、こんな感じの展示になる予定です。

奥の中皿は割れを本漆で金繕いし、絵付けに加飾する形の蒔絵は新うるし
で行っています。
いずれも銀が硫化中で金とあまり差がないのですが、硫化が進めば銀の
効果が見えてくると思います。

右手前の菊花型の小皿は欠けが不思議な形で入ってしまっていたのを瑞雲型
に蒔絵してあります。
これは途中経過で迷った様子をいずれブログでお目にかけたいと思います。

左手前は瑠璃釉の片口です。
片口の先端の欠けとひびが入ったものを金繕いしてあります。
瑠璃釉に金泥が映えて綺麗だと思います。

NHK文化センター横浜ランドマーク教室にお越しの際には是非ご覧下さい。


カテゴリー: お知らせ |

大きい欠けの仕上げ

NHK文化センター柏教室のAさんの作品をご紹介致します。
大きな欠けの金繕いです。


このお皿は縁が垂直に立ち上がっていて、形を作り込むには難しいタイプ
でした。
これを綺麗に作られた上に大きい面積の仕上げも完璧になさっています。

金繕いの仕上げにチャレンジした方なら、どなたでも大きい面積の欠けの
仕上げが難しいことをご存知だと思います。
テクニックとしては色々あるのですが、Aさんはスタンダードに筆で取り
組まれました。
お使いになったのは薫銀泥です。
この渋さが好まれて柏教室を始め、他のクラスでも人気です。

大きい欠けの仕上げに望まれる場合は、あらかじめご相談下さい。
手段についてご説明致します。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

お帰り!

カルチャーセンターでの講座にはキャリーバッグで出かけています。

ゆうに1週間の旅行に出かけられるくらいのサイズのバッグにグッズを
いろいろ収めてあります。
これは心配性というより受講して下さっている方が快適に学べるよう、
これがあったら便利かなというものを持っているだけなのです。

世界で一番丈夫と言われるS社のバッグを1年半愛用していたのですが、
これが先日ついにキャスターが1つ壊れてしまいました。
幸い修理をお願いすることが出来、連休明けから復活しました。

修理の際、保証書を改めて見たところ、凸凹道の耐久検査は32kmと記載
されていました。
講座に出かけると1回に2kmはアスファルトの道を歩いていると思います。
これが凸凹道に換算するとどうなるかわかりませんが、1年半は使い過ぎたと
反省しています。

今後は早めにメンテナンスを考えるつもりですが、とりあえずまたよろしくね!


カテゴリー: 日常の風景 |