カテゴリー別アーカイブ: 生徒さんの作品

本漆の金繕い

私の主宰している藤那海工房では、本漆での金繕いもお教えして
います。
その本漆クラスのOさんの作品をご紹介致します。
小鉢の欠けです。

器の風合いに合わせて、あまり金粉を磨き過ぎず仕上げられました。
小さな欠けですので、このご判断は適切だったかと思います。
目立ち過ぎず、いい塩梅で馴染んでいるかと思います。

私共の本漆の金繕いの手順は、一般的な本漆の工程とは異なる部分が
あります。
伝統を重んじつつ合理化出来るところは簡単にして、より取り組み
易くしています。

これから本漆クラスの方もどんどん完成品が出てくると思います。
都度ご紹介して参りますので、お楽しみに!


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

普通のことになるように

港北カルチャーセンターのTさんの作品をご紹介致します。
それぞれ欠け、割れ+ひびを欠損通りに直されたものです。



基本の技術をしっかりと確実に金繕いなさっているので、全く違和感
なくご覧になれるかと思います。
金繕いの仕上げが元々のもののように感じられるかもしれません。

それはTさんが丁寧に作業された結果です。
ご本人としては少々直したい部分はあるそうなのですが、とても綺麗に
仕上げられていると思います。

いずれも日常生活で使われて、存在するのが当たり前になっている
器だと思います。
そういう器こそ取れたボタンを付け直すように金繕いして頂ける
ようになればと願っています。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

ワイングラスの金繕い

港北カルチャーセンターのKさんの作品をご紹介致します。
ワイングラスの割れを金繕いされました。


以前にも同じ港北カルチャーセンターの方のワイングラスの金繕いを
ご紹介致しましたが、やはり同じような割れ方でした。
どうも形からいって、この形状に割れやすいのだと思われます。

Kさんは接着後、割れ口の破損を埋められ、金箔で綺麗に仕上げられました。
丁度グラスのステー部分にブルーが入っているので、金箔がとても映えて
います。

Kさんは丁寧に作業される方で、難しい接着にもチャレンジされておられ
ます。
今後も完成品を楽しみにしています。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

急須の蓋 補強

昨日に引き続きNHK学園市川オープンスクールのKさんの作品を
ご紹介致します。
急須の蓋の補強です。

割れてしまった急須の蓋の補強については、今まで度々ご紹介しています。
表面を見ると、普通に仕上げがしてあります。

急須の蓋は熱がかかる上、持ち上げて置くという移動が伴います。
割れた場合、その分リスクになりますので、補強をお勧めして
います。

Kさんの蓋の場合、無釉の部分が急須本体に接するので擦れます。
そこで補強は避けることにしました。
形は三日月に見えるような形にしています。

補強の紙を均すのに苦労されましたが、これで半永久的に外れてしまう
ことはありません。
安心してお使いになれます。

どのような形で補強するのが良いのか、手順はどのようにするのかは
教室でご確認下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

ズレた接着の仕上げ

NHK学園市川オープンスクールのKさんの作品をご紹介致します。
接着がズレてしまった器の仕上げです。

接着がズレてしまった場合、出来た段差をわからないように幅広く
仕上げて頂くのをお勧めしています。
ズレた部分は素地が釉薬に保護されず見えている状態であること、段差
部分に汚れが溜まりやすいこと、箸やカトラリーが引っかかってしまう
ことなどから、そのままにしない方が良いと考えているからです。

仕上げに至るまでの手順を戸惑われる方もおられるので、段階を踏んで
ご説明しています。
ぜひそれを確認してから作業を始められて下さい。

Kさんの作品は、その手順を丁寧に全うし、綺麗に仕上げられました。
ことに最近仕上げの上達が著しいのですが、このズレの仕上げも完璧
です。

今は接着の腕も上がっているので、今回ご紹介したようなズレをカバー
した仕上げは必要なくなると思いますが、このテクニックがきっと他で
役に立つと楽しみにしています。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

正面の向こうに

NHK文化センター千葉教室のKさんの作品をご紹介致します。
抹茶茶碗の金繕いです。


上の画像がこのお茶碗の正面から撮影したものです。
丁度その向かい側にひびが入っていたのですが、それを隠すように
箔散らし様の仕上げをされました。

元々お茶碗に箔散らし様の柄が入っていたので、違和感がありません。
それに位置もぴったり正面向かい側で綺麗です。

この箔散らし様の仕上げは、このクラスでブームになっています。
家庭用品を使っただけなのですが、Kさんはあらかじめ他の器で
練習してから仕上げられています。

陶芸もなさる多彩な方なので、この様な仕上げはお手の物かと
思いますが、その上にちゃんと練習するという努力が美しい仕上げに
結びついたのだと思います。

ぶっつけ本番で上手くいくとは限りません。
努力は惜しまない方がいいと思います。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

鳥 カゴから出る

よみうりカルチャーセンター大宮教室のSさんの作品です。
海外で購入した大ぶりのカップで、かなりバラバラに割れて
しまっていました。


欠損を埋め、仕上げたところで気になったのが、ラフな筆致で描かれた
鳥がまるでカゴに入っているように見えてしまったことです。
そこで金泥の仕上げを色漆で着彩してみました。

ご本人談ではカゴから出たように見えるとのこと。
これで完成となりました。

このカップの器の魅力は鳥の図柄によるところが大きいので、この
方法を取って頂いたのは正解ではないかと思います。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

前に出る

NHK文化センター柏教室のTさんの作品をご紹介致します。
ディズニーキャラクターのアリエルのマグカップです。


以前にもスナフキンのマグカップの金繕いをご紹介していますが、
キャラクターの絵柄があるものだと、丁度顔付近に欠損があると
とても残念な感じになってしまいます。

そこで仕上げの線を少々着彩する方法を使うのですが、今回もその
手法を使って頂きました。

くっきり入っている黒の輪郭線は、私が調子に乗って、かなりな範囲に
入れています。
しかしこれが効果を奏してアリエルが浮き出す感じになりました。

金繕いは手間がかかります。
でもその手間をかけただけ効果があるのも魅力だと思います。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

桜舞う茶道具

藤那海工房 西登戸教室のKさんの作品をご紹介致します。
風呂という茶道具の欠けの直しです。


あちこちが欠けていたのを、桜の花びらの形で蒔絵されました。
元々、桜の花びらが陰刻+金彩で入っていたので、違和感がありません。

少々工夫してもらったのが、上の画像にある横に並んだ欠けです。
同じように見えなくするために大きさを変えて頂きました。

Kさんとしては同じ平面に欠けがなく折り返しが生じると、なかなか
形を整えづらかったとのことです。
確かに一番の難問だったと思いますが、仕上げた状態を見ると、その
ような苦労はわかりません。
そういう意味では大成功と言えるでしょう。

こちらのお道具はそろそろ出番が来るようで、それに間に合ったのが
幸いです。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

大鉢の割れ

藤那海工房 西登戸教室のOさんの作品をご紹介致します。
直径45cmほどある大きな鉢の割れです。


こちらは入れ子になる小さな鉢がいくつかあるものなのだそうです。
その小さい鉢が変なふうにはまって割れたので、通常の割れ方とは
異なります。
内側から圧力がかかって、押し割れたという感じですね。
ですので接着も難しかったですし、欠損を埋めるのも難しかった難作です。

一番悩まれているのが下地の埋まり具合に問題があって、仕上げが凸凹に
なってしまったことです。
割れ方の経緯を考えると、これは致し方ないことかと思います。

よく仕上げの問題としてご相談があるのがOさん同様、凸凹があるという
ものです。
もちろん私にご確認頂いた上で仕上げに挑まれている訳ですが、下地の段階で
完璧に埋まっているかどうか判断が難しい局面があります。
それでまず1回仕上げて様子を見てみましょうとお願いする場合が多々あります。

金属粉で仕上げると、光沢が乱反射して凸凹がよりはっきりします。
どこに問題があるか把握したところで、ポイントポイントで修正していく
方が効率的です。

いくらでもやり直しが効くところが金繕いのいいところでもあります。
凸凹にめげずに少しずつ完璧な仕上げを目指して頂ければと考えています。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |