カテゴリー別アーカイブ: 生徒さんの作品

レリーフのある器

カルチャープラザ公津の杜のIさんの作品をご紹介致します。
飛び鉋風のレリーフがあるフリーカップの割れです。


縁が小さい破片で割れていました。
接着しても破片の周囲に欠損があったので、それを埋められました。

意外に大変だったのがレリーフの再現です。
飛び鉋風のレリーフが続いているのですが、これを再現するのが大変
でした。

大小関わらずレリーフのついている器はその形の再現をお勧めしています。
もちろん無視して仕上げることは可能ですが、丁寧に再現して頂くと
破損部分が馴染み、違和感がありません。

それなりの手間がかかるので取り組むかどうか悩まれると思いますが、
完成度の高さは保証します。

Iさんの作品も金繕いの部分は小さいですが、ドーナツ型の難しい仕上げも
乗り越えて綺麗な仕上げになっていると思います。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

陶器の金繕い

港北カルチャーセンターのTさんの作品をご紹介致します。
陶器の金繕い2点です。


縁が一周、ボロボロに欠けていました。
まず器自体の使用上の汚れをしっかり取るところから始まり、欠損を丁寧
に埋めていかれました。
器の形が戻ったところで銀泥で仕上げられています。

磁器と違って陶器は形が曖昧な場合があります。
その際は残っている部分と違和感がなければヨシとするのがいいと
思います。
この塩梅がなかなか難しいところではありますが、Tさんの作品のように
欠損の範囲が大きいと試行錯誤するしかないと考えています。


もう1点は先の器より形がはっきりしています。
鉄釉の斑紋に合わせて薫銀泥で仕上げられています。
拡大の画像でもわかりにくいと思いますが、右寄りの縁に欠けがあります。

2点ともTさんのしっかりした下地作りがあってこその美しい仕上げに
なっています。
是非参考になさって下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

X型のひび

NHK学園市川オープンスクールのAさんの作品をご紹介します。
珍しいX型のひびでした。

欠損は人為的には叶わない美を作り出すこともありますが、Aさんの器では
違和感しかありませんでした。
そこで何かプラスで蒔絵をしてみたら如何ですかとオススメしたところ、
元々入っていた弁柄色の線状の柄と馴染むような植物柄を蒔絵されました。
見事、X型のひびの存在感を消しています。

こちらはもう1本入っていた縦のひびです。
硬さが見られるので、再度やり直しをされるとのこと。
どんな形になるのか、楽しみにしています。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

美しい形

藤那海工房 本漆クラスのTさんの作品をご紹介します。
大振りのお茶碗の欠けの金繕いです。



Tさんは形の復元をする作り込みがとても上手な方です。
こうあるべきという理想の形にしっかり復元できているので、仕上げを
しても完成度が高いのです。

これはご本人の完璧な形にしたいというお気持ちが強いからだと思い
ますが、時間がかかる金繕いの作業の中でモチベーションを維持するのは
大変なことです。

渋い銀丸粉の直しが白化粧土の釉薬ととても合っていて、美しい作品になり
ました。
作業中の他の作品もしっかり形が作り込まれているので、完成が楽しみです。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

雪景色

藤那海工房 木曜クラスのTさんの作品をご紹介致します。
抹茶茶碗の割れの接着です。


白化粧土で笹に降り積もる雪を表現した雅な筒茶碗です。
それがバラバラに割れてしまっていました。

接着が完了したところで依頼されたご友人に仕上げの意向を確認した
ところ、目立たないようにとのお話が出ました。
これはTさんの丁寧な作業で想像以上に綺麗に形が復元されたので、
当初のとにかくくっつけばとのお考えから、このようなご意向になったの
だと思います。

そこでグレーが強い地の部分は白金泥(プラチナ)、鉄釉の笹の部分は
薫銀泥とされました。
シルバー色というと銀泥がスタンダードですが、後々硫化して黒へと変色
していきます。
返却するものの場合、硫化が向かないことがありますので、その場合には
プラチナ一択になります。

個人的には金泥を使って割れの線の面白さを見せてもいいのではないかと
思うのですが、持ち主の方の反応をお聞きするのが楽しみです。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

漆繕い

カルチャープラザ公津の杜のTさんの作品をご紹介します。
欠けの漆繕いです。


縁の部分に欠けがあったのを埋めて、弁柄漆の色のままで完成とされました。
元々の器の柄に弁柄漆と近似した柄が入っていたので、金銀の金属色で
仕上げをしなくても違和感がないかと思います。

現在、器の修復は「金繕い」「金継ぎ」と呼ばれていますが、金で仕上げが
行われたのは最後年で、原点は漆の色のままでの完成です。
それを「漆繕い」と称したので、陶磁器の修復の名称は「金繕い」が正しい
ものと考えています。

「繕い」という言葉が美しいと言って頂くこともありますが、その言葉の
持つ意味が美しいのだと思います。

Tさんの作品は原点とも言えるものです。
是非参考になさって下さい。


カテゴリー: 基本のき, 日本の文化, 生徒さんの作品 |

ガラスのひび

NHK文化センター柏教室のAさんの作品をご紹介します。
ガラスのひびの直しです。

斜めにスライスするようにひびが入っていました。
ひび止め後、見栄えを考えて広く仕上げをなさっています。

新うるしは、ほぼ色がないものがあるので器の印象を妨げずにガラスの修復
を可能にします。
仕上げは金箔を使われていますが、これもガラスに映えて美しく見えます。

陶磁器の金繕い手法の応用でガラスの修復が可能なので、直したいガラス器の
ある方は一度ご相談下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

どこでしょう?

NHK文化センター柏教室のMさんの作品をご紹介致します。
マグカップの欠けを金繕いされました。

お分かりになると思いますが、縁の部分に欠けがありました。
元々、丸い形ではあったのですが、思い切ってマグカップの
水玉模様に合わせた形に仕上げられました。
一見では馴染んでわかりにくいですし、何より可愛いです。

仕上げを楽しんで頂いた好例です。
このように楽しいアイディアで完成させて頂けたら嬉しいです。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

盛り上げ

NHK文化センター柏教室のUさんの作品をご紹介致します。
金繕いではなく、「盛り上げ」とか「置き上げ」と言われる工芸です。


桐箱に胡粉を使って絵柄をつけます。
大切に扱わないと剥落してしまうので、実用品では難しいかと思いますが、
見て美しい品が出来上がります。

Uさんの作品は、胡粉の白さを生かして可愛いウサギが箱に浮かび上がり
ました。

金繕いの教室で同時に行うのは稀なケースです。
なさりたい方は方法をご相談下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

本漆で薫銀泥

藤那海工房で本漆の金繕いをなさっているKさんの作品をご紹介します。
飾り皿の欠けの修復です。


少々分かりにくいのですが、下の画像で縁の真ん中あたりが欠けていました。
欠損を埋めて、薫銀泥の焦茶で仕上げて頂いています。

私は本漆で金繕いをされるのであれば、粉固めが出来る丸粉で行うのがいいと
考えています。
これは使用と洗浄を繰り返す日用食器ならば、その方が耐久性があるからです。

しかしKさんの器は飾り皿ということで、目立たないことが再優先でした。
ですので色が一番合う薫銀泥の焦茶という選択になったのです。

実際、置かれる方向で見ると欠損部は全く目に入りません。
でも目立たない作業がしてあることで納得感が大きいと思います。

ケースバイケースで手段を変えるのが金繕いの醍醐味とも言えます。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |