カテゴリー別アーカイブ: 生徒さんの作品

ちょっとした遊び

NHK文化センター 柏教室のHさんの作品をご紹介致します。
Hさんは最近仕上げにチャレンジし始めたのですが、蒔下の
弁柄漆の塗り方がお上手なので、とても綺麗な仕上がりになって
います。


少し深さのあるお皿の縁が3か所欠けていました。
銀泥で仕上げられていますが、これはいずれ硫化して釉薬に馴染む
ことを計算されています。

同じお皿の欠けなのですが、こちらは大半が裏面だったので、あえて
金泥で仕上げられました。
白系の釉薬の場合は金泥が合うことが多いので、この選択は正解だと
思います。
表面と合わせる必要はないという柔軟な考え方の仕上げとなりました。

こちらも柔軟な考え方の仕上げです。
器の内側はしっかりニュウが入っているのがわかったので仕上げられましたが、
外側は仕上げられませんでした。
これは外側の釉薬がザラザラで、ニュウが目立たなかったからです。

よくお話しているのですが、仕上げはお好みです。
欠損が埋まった時点で使用上は問題がなくなっているので、仕上げと
言っているのはお化粧です。
ですので一応のセオリーはあるものの、従わなければならないものは
ありません。

どうぞHさんのように柔軟な発想で考えてみて下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

西登戸教室から 完成しました

10月よりスタートしました藤那海工房 西登戸教室の方々の
作品が完成しました。
いずれも以前から継続して下さっている方のものです。


まずはSさんの作品です。
余白を生かした絵柄が上品で、変形の形が印象的なお皿です。
いくつかひびが入ってしまっていたのですが、金彩が入った図柄
なので、仕上げが違和感なく見えます。

次はWさんの作品です。
お好きで集められている東洋陶器(現・TOTO)のカップです。
欠け自体は小さなものですが、クラシックな柄と合っていて
とても綺麗です。
このように小さな破損でも、直して新たな魅力を得るのが金繕いの
面白いところです。

先日講座をご見学に来られた方から「破損した器は縁起が悪いと
いうが、直せば問題は無くなるのですか?」と質問を受けました。
私は縁起が悪いというのは、使い続けると危ないという警告のため
ではないかと考えています。
夜、爪を切るといけない、というのと同じではないでしょうか。

金繕いが日本に発祥した背景には、物を大切にする気持ちがあります。
直して愛用するというのが日本人の心ですので、直した物に対して
縁起が悪いということはありません。

どうぞ安心して金繕いを初められて下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

銀彩を戻す

セブンカルチャークラブ成田教室のHさんの作品をご紹介
致します。


破損としてはひびだけだったのですが、その修復過程で器の柄として
入っていた銀彩の丸い柄が削れてしまいました。

そこで削れてしまった柄を含めて銀泥で仕上げをして、他の丸い柄と
同じ硫化程度になるように人工的に硫化させました。
器全体を見て、違和感がなくなっているかと思います。

合わせて他の仕上げてこられた器も、ご紹介致します。


このスタンダードな仕上げは、難なくこなされています。
強いて言えばラインの描き方が、安定したいというところでしょうか?

Hさんは、他にも応用技術にチャレンジなさっています。
作業の進行が楽しみな方です。


カテゴリー: 基本のき, 生徒さんの作品 |

ワンポイント

藤那海工房金繕い教室のNさんの作品をご紹介致します。
大きなお皿の欠けを金泥で仕上げられました。


織部の緑釉に金泥が映えています。
このくらいの大きさになると仕上げもテクニックが必要になって
きますが、蒔下が綺麗に塗られているので金の発色が良くなっています。

こちらも白に金泥が映えています。
縁の盛り上がりのある形を作るのに少々苦労されましたが、粘った
結果、大変良い仕上がりになりました。

ちょっと欠けてしまっただけで使うことが出来なくなってしまいますが、
金繕いして頂くと、そこがかえってワンポイントになり魅力になります。
使いたい器になるのが金繕いの魅力ですが、Nさんの作品はまさに
その通りになったと思います。

Nさんとは器の好みが合うので、手がけておられる器が次々完成するのが
楽しみです。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

柏教室 仕上げラッシュ

このところ仕上げの仕方を念入りに説明したNHK文化センター
柏教室で、仕上げをして下さった方がありましたので、ご紹介致します。


まずHさんの作品です。
欠けの形が不思議な形になっていたので、お皿の柄を使って蒔絵されました。
欠けの形が不本意であった場合、器にある柄を使うのが王道です。
当初、他の柄を検討されていたのですが、セオリー通りに仕上げられた
のが一番自然な感じに仕上がり、教室の皆さんからも好評でした。

次はMさんの作品です。
割れを接着されて、金泥で仕上げられました。
ご本人は完成度に納得されていないのですが、割れの形に忠実に
綺麗に仕上げられています。
このような基本に忠実というのが、かえって難しいのです。
とても美しい仕上げだと思います。

最後にSさんの作品です。
陶器の欠けを金泥で仕上げられました。
化粧土の釉薬に金泥が合っています。

まだ仕上げを始められたばかりのSさんですが、蒔き下の弁柄漆の
塗り方が大変綺麗ですので、完成度も高いものになっています。

形にゆらぎがある陶器は、形の作り込みが厳密でなくても仕上げが
行えるところがあります。
磁器より簡単と安易に流れると、形がしっかり出ていないといけない
磁器の仕上げで苦労することになります。
ですので陶器ばかりでなく、磁器も練習なさるのがよいと思います。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

美しい仕上げ

NHK文化センター ユーカリが丘教室のNさんの作品を
ご紹介致します。
鉢の縁の欠けを金繕いなさいました。


黒と茶の釉薬に金泥が映えています。
完成度の高さを作り出しているのは、器の形の復元が完璧なことと
蒔き下の弁柄漆の塗り方が完璧に平滑なことからです。
もちろん金泥を蒔くタイミングも完璧です。

仕上げの仕方としては、欠け通りに蒔いているという基本に忠実なもの
なのですが、下地と蒔き下が完璧だと、ここまで美しいのかと思わずには
いられません。

どうしても破損の仕方が美しくない場合は加飾をお勧めしますが、
奇をてらわずとも美しければ、そのままで良いのです。

基本に忠実というより、誠実に作業された結果の美しさを感じさせてくれる
作品です。
どうぞ皆様、参考になさって下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

ようやく完成

NHK文化センター千葉教室のTさんの作品をご紹介致します。
粉引のお皿の縁の欠けです。


粉引には金泥が合います。
形もきれいに作られているので、とても完成度が高い一品に
なりました。

縁の欠けからひびが伸びていました。
実は一度に仕上げていないのですが、手順を考えてあるので、
継ぎ目がわからなくなっています。

仕上げの線が人参の柄と呼応するように入っているのも、一つの
柄になっているようです。

Tさんもそうなのですが、意外に欠損が埋まってから仕上げが出来る
状態まで磨き上げるのに苦戦されている方が多いです。
いろいろコツはあるのですが、綺麗に仕上げるには根気よくという
のが一番大切かもしれません。

今一つの状態で仕上げてしまうと、仕上げも今一つになります。
最後の階段は険しいかもしれませんが、根気よくお願いします。


カテゴリー: 基本のき, 生徒さんの作品 |

刷毛目風仕上げ

NHK学園市川オープンスクールのTさんの作品を
ご紹介します。
ちょっと珍しい仕上げ方のバリエーションです。


もともと染付の柄が入っている上に銀彩で刷毛目の柄が入っていました。
縁の欠けを埋められたところで、その元々の柄と同じように刷毛目を
入れたいと希望されました。

使ったのは特殊な形をした筆です。
これで一気に蒔下を描いて頂き、銀箔で仕上げて下さっています。

気をつけて頂いたのが、すぐ横にある元々の刷毛目と違う向き、角度に
して頂いたことです。
Tさんの描いた線は絶妙にいい感じで入ったと思います。
これで銀箔が硫化したら、元々の柄と馴染むと思います。

この大鉢はご親戚に返却されるそうです。
その独創的な出来栄えに、きっと喜ばれると思います。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

銀で加飾

NHK文化センター 千葉教室のKさんの作品を
ご紹介致します。
染付の磁器を金繕いされました。


印判のお皿の欠けです。
金泥で仕上げられてから、銀泥で印判の柄の続きを描かれたところです。
肝心なところが光ってしまって見にくいのですが、いずれ銀が硫化して
染付の柄が続いて見えるようになる予定です。

こちらは仕上げの金泥の形を、お皿の丸い文様に合わせて丸く描かれました。
ちょっとしたことですが同じような形だと悪目立ちしませんので、とても
良い工夫だと思います。

こちらはわかりにくいのですが、縁の口紅と呼ばれる色が続いて
見えるように、やはり銀泥で金泥の仕上げの上から線を描いて
おられます。

このように金と銀を上手く使って馴染ませるというのは、染付の器の
場合良くお勧めする手段です。
作業もさほど難しくないので、加飾の最初の試みとしては取り組みやすいと
思います。
銀泥の硫化を待つのも楽しくなりますね。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

磁器人形の割れ

よみうりカルチャーセンター大宮教室のFさんの作品を
ご紹介致します。
古いものだとお聞きしていますが、磁器人形がいくつかの破片に
分かれて割れていました。


人形は、一番細い首の部分が割れてしまうことが多いです。
安定が悪い場合、次の破損を避けるための工夫をします。
また接着したそのままだと痛々しいので、何らか工夫する場合があります。

Fさんの作品の場合、接合線がぐるっと回っているのが目立ちました。
そこで瑠璃釉の部分を銀泥で仕上げて頂きました。
これが硫化してくると、目立たなくなります。

白い部分は金泥になっている仕上げのため、ずいぶんFさんは仕上げ直しを
して下さったそうですが、その甲斐あって綺麗な線が描かれています。

よく問題になる首の部分の接合線が元からあった金線と似ており、あまり気に
なりませんでした。

このように人形ならではの注意ポイントがありますので、ぜひ着手前に一度
ご相談下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |