カテゴリー別アーカイブ: 生徒さんの作品

お重の修復

藤那海工房西登戸教室のIさんが又、休講中に完成しましたと画像を
送って下さいました。
お重の修復です。

金繕いの教室では漆器の修復もお教えしています。
Iさんのお重は主に角の漆が剥離していました。
最下段では柄の真ん中が剥離するという深刻な状態でした。

角は剥離部分を埋めて黒漆で塗り直し、柄の欠損は梅の蒔絵されました。
いずれも全く違和感がありません。

漆器の直しの難しさは、破損してない部分を傷つけないようにする
配慮が必要だということです。
さらに1つ1つの作業を丁寧に重ねていく必要があります。

先日も陶器の割れの金繕いをUPさせて頂きましたが、Iさんの丁寧な
作業が漆器でも発揮されたようです。

西登戸教室は7月から再開を予定しています。
実物を拝見出来るのを楽しみにしています。


カテゴリー: 基本のき, 生徒さんの作品 |

STAY HOME中の完成品

藤那海工房 西登戸教室のIさんが完成品の画像を送って下さいました
ので、ご紹介したいと思います。
鳥脚〜半分に割れた織部風の大鉢です。

器の形、柄に対して割れの線が絶妙にいい位置で入っています。
Iさんは作業が丁寧な方なので欠損の埋め方はもちろん、仕上げの仕方も
とても綺麗に完成しています。

STAY  HOMEで時間はあっても、なかなか金繕いが手につかないという方が
多いと思います。
定期的に教室がないと、どうしても先延ばしにしてしまうものです。
でもIさんの作品を見て頂ければ、ヤル気が起きてくるのではないでしょうか?

もしご不明の点があればメールでのお問い合わせにお答えしています。
画像を添付して頂ければ、さらにご説明がしやすいかと思いますので、合わせて
お送り下さい。

 


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

お気に入りの仕上げ

よみうりカルチャーセンター大宮教室のSさんの作品をご紹介致します。

鳥脚型に割れたお皿です。
表の仕上げも綺麗なのですが、裏面の仕上げがお気に入りなのだそうです。
薄く剥落した部分があって、ラインが太いところと細いところとランダムに
なっています。

しかし何とこれを撮影し忘れてしまいました(涙)
教室が再開したら撮影させて頂きたいと思っています。

こちらは陶器のお皿の割れです。
ちょっと複雑に割れていて、それが面白さになっていると思います。

Sさんの作業は教室の皆さんからため息が出るほど綺麗な仕上げになって
います。
それは丁寧な下地作業と前向きな姿勢から生まれてくるのだと考えています。

先日ご紹介した箸頭に螺鈿を貼っているのも同じSさんです。
巣ごもり生活でも作業を続けておられると思うので、教室再開の際には
また完成作品を見せて頂けると楽しみにしています。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

薫金泥を効果的に

NHK文化センター柏教室のAさんの作品をご紹介致します。
銀泥を人工的に硫化させ、黒化した薫銀泥を効果的に使った作品
です。


左が割れ、右が欠けとひびを金繕いされました。
割れのお皿は染付けの部分を薫銀泥で仕上げられておられることで、柄の
続きが見えるようになっています。

こうすることで損傷のダメージを緩和することが出来るので、柄をまたいで
いる場合にはお勧めしたい手段です。

Aさんの作品はその手法がとても効果的に使用されています。
薫銀泥というすでに硫化している色を使ったのも、早くに結果が見えるので
満足度も高いと思います。

ぜひ参考になさって下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

アートな線

よみうりカルチャーセンター大宮教室のFさんの作品をご紹介致します。
お皿の割れを接着されました。


破片のサイズがいろいろで、欠損部分もあるので仕上げの線も太いところ
あり、細いところありと変化があります。

器の元々の刷毛目の柄に絶妙に仕上げの金泥の仕上げが入っていて、まるで
一幅のアートのようです。

破損していたというマイナスの状態から、むしろ金泥の仕上げがあったほうが
いいとなるのが金繕いの醍醐味です。
Fさんの作品はまさにその典型例と言えます。

これもFさんの丁寧な作業があるからなのです。
時間をかけて頑張る意味があると思いませんか。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

箸に螺鈿を貼る

よみうりカルチャーセンター大宮教室のSさんのチャレンジをご紹介します。
大宮教室では本漆での拭き漆を行なっておりますが、Sさんは夢中になって
しまった一人です。

いろいろ作品を作られているのですが、箸の箸頭とか天とか言われる尾部に
螺鈿を貼る作業をされています。

螺鈿を貼ろうと思いついたのは、昨年の私の個展で螺鈿を使った作品を見た
からなのだそうです。
螺鈿の持つ虹彩の美しさに魅了されるのはよくわかります。

Sさんはご家族分、それぞれ貼り方を変えておられます。
現在は試行錯誤中ですが、作業が丁寧な方なので、きっと素敵な作品が
完成すると思っています。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

焼き継ぎを仕上げ直す

産経学園ユーカリが丘教室のWさんの作品をご紹介致します。
骨董市で購入された焼き継ぎの器を仕上げ直されました。

焼き継ぎとは江戸時代の修復方法で、ガラス質の成分を加熱して破損を
接着したものです。


焼き継ぎされた器

一見、接着剤にも見える透明〜半透明の物質で接着されています。
難点は見た目が良くないこと。
ミミズ腫れとも揶揄されるくらい酷い仕上がりのケースもあります。

しかしそれが故に安価になっていることが多く、気に入った柄や形なら
お買い得と言えます。
また江戸時代の一時期にしかなされていない手法なので、焼き継ぎがされて
いるということは江戸時代に作られたものという証明にもなります。

Wさんの作品はミミズ腫れの部分を加工し、改めて金泥で仕上げをされました。
綺麗になって使う時の気分も良いかと思います。

焼き継ぎの直し方には他にも方法があります。
物の状態とお考えで方針が決まりますので、着手前にご相談下さい。


カテゴリー: 基本のき, 生徒さんの作品 |

金箔貼り応用

新型コロナウィルスの感染が拡大傾向にあり不安な日々が続いておりますが、
ブログでは敢えて今まで通りの内容でアップしたいと思います。

今日はNHK文化センター柏教室のUさんの作品をご紹介します。
カリキュラムで行なったハマグリ貝への金箔貼りを応用したものです。

元々は茶托だったのではないかと思われますが、真ん中のくぼみに布きせと
言われる補強がしてありました。
これは意匠的なものもあると考えます。

Uさんはこちらを画像の右上に写っているウサギの置物の飾り台にしたいと
金箔を貼られました。

技術的には先般ご紹介しました金箔を貼ったお皿と同様に出来ますが、難しい
のは本体が漆器なので修正に注意が必要になることです。
このあたりはちょっとしたテクニックが必要になります。
結果は画像の通り大変綺麗に完成しました。

貝合わせの制作で残った金箔を、このように応用すれば楽しい作品になるかと
思います。
是非参考になさって下さい。


カテゴリー: 基本のき, 生徒さんの作品 |

朱泥の急須

藤那海工房 西登戸教室のOさんの作品をご紹介致します。
急須として最もポピュラーな常滑焼きの朱泥の注ぎ口の割れを
金繕いされました。

急須の注ぎ口は突出しているので、壊れやすい場所です。
さらに朱泥は独特の性質から活着が悪いという問題点があります。
そのためOさんにはしっかり下準備して頂いて、接着して頂きました。

接着後、欠損を埋めて頂き、金泥で仕上げられました。
朱泥に金が映えて美しいです。

注ぎ口は再度ぶつけて破損させる可能性があります。
さらに慎重を期すならば和紙で補強をお勧め致します。

もう一点、小鉢のひびです。
単純にひびに金泥だけだと目立ちすぎるということで、通過している葉型の
染付柄にも金泥で輪郭線を入れられました。

これが程よい効果でひびの線が緩和されています。
ほんの一手間ですが効果が高く、参考にして頂きたい工夫です。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

夜店の思い出

NHK学園市川オープンスクールのIさんの作品をご紹介致します。
お母様が子供の頃、夜店で買った磁器製の小物入れです。
欠けが生じていましたが、処分出来ずにお持ちになっていたものを
金繕いされました。


昭和の頃の絵付けが愛らしく、処分出来ずにおられた気持ちがわかります。
欠けだけでなく、ツマミに描かれていた花柄も復元されました。
このように思い出が蘇るというのが金繕いの世界だと思います。
母娘の交流もお聞きしていて嬉しいお話でした。


この他、ちょっとした欠けの器も金繕いされています。
こうして蘇らせることを積み重ねていくのを楽しんで頂ければと考えています。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |