カテゴリー別アーカイブ: 生徒さんの作品

モダンな貝合わせ

NHK文化センター柏教室のTさんの作品をご紹介致します。

金箔が光ってしまって、見にくい画像ですみません。
金箔を貼った上にフリーハンドで線を描き、金泥と銀泥を蒔いた
大変モダンなデザインです。
金、銀の光沢違いで見せるところも、面白い選択です。

貝合わせというと花鳥風月を描かれる方が多いので、このような
モダンなデザインはとても斬新です。

まだまだTさんにはモダンデザインの構想がたくさんありますので、今後
の制作も楽しみにしています。


カテゴリー: 生徒さんの作品, 貝合わせ |

レモン絞りの把手

藤那海工房の金繕い教室・Oさんの作品をご紹介致します。
レモン絞りの把手の接着です。

当初は接着して形になっていれば良いとのご意向だったのですが、
微妙な角度の接着が難しかったのです。
そこで断面に軸を入れ、接着して頂きました。

Oさんは道具箱を始め、作業の工程でもいろいろ工夫される方です。
軸を入れる際にもオリジナルの治具を作って作業されていました。
それがとても素晴らしいものなので、同様の作業をされる方には
ご紹介したいと思います。

途中の作業は苦労されましたが、様々な技術も経験されましたし、
結果的にしっかりした接着になったことで満足の完成度になったのでは
ないでしょうか。

現在、Oさんは藤那海工房で本漆の金繕いにもチャレンジなさっています。
元々本漆の金繕いのご経験があるので、私共の方法にも興味を持って
取り組んで下さっています。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

プラチナ泥の仕上げ

藤那海工房 西登戸教室のOさんの作品をご紹介致します。
ひびをプラチナ泥で仕上げをしたカップです。


Oさんとしては、もう少し細い線で仕上げたかったそうなのですが、
画像で客観的に見てみると、カップのデザインといいバランスなの
ではないでしょうか?
線の描き方も安定していて、いい線が描けていると思います。

シルバー色というと「銀」ですが、硫化して色が変わってしまうのが
合わない器もあります。
Oさんのカップは繊細な薄手の白のマット釉で、こちらには銀の硫化色
は合わないと判断されました。
そこで仕上げに使われたのが「プラチナ泥」(白金泥)です。

プラチナは銀と比較すると青味があり、若干暗い色をしています。
金の価格が上がったことで差が縮まりましたが、確実に金より
高価であることには変わりがありません。
ただ大切に使えば、かなりの量が直せますので、損をした感じには
ならないかと思います。

一般的に銀色というと「錫」を使う方が多いと思います。
プラチナ泥から比べたら、かなりの安価で気兼ねなく使えるとは
思います。
ただ錫は耐薬品性が弱いこととチープさは否めないので、オススメ
してはおりません。


カテゴリー: 基本のき, 生徒さんの作品 |

親孝行

藤那海工房 西登戸教室のNさんの作品をご紹介致します。
欠けと割れのお皿を仕上げられました。

欠けは形が綺麗に取られていますし、下の割れの線は、お皿の大きさに
対して程よい太さです。
何より筆の勢いがあって心地よさを感じます。

2つとも、ご実家のお皿だそうで帰省の際に返却される予定です。
ご実家の器を直される方は多いのですが、程よいリラックスと緊張感が
あって、経験を積むのには最適だと思います。
完成すれば何よりの親孝行になりますし、金繕いで会話が弾むのも嬉しい
ことです。

Nさんは作業の工程をじっくり考えて進められる方ですが、仕上げに関しては
引き続き、この勢いある仕上げでお願いしたいと思っています。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

薄く塗る

セブンカルチャークラブ成田教室のAさんの作品をご紹介
致します。
たくさん仕上げてきて下さいました。


いずれも大変綺麗な仕上がりなのですが、初心者のAさんがこれほど
までに綺麗な仕上げが出来たのには理由があります。
それは普段の塗り重ねの段階から塗り方がとても薄く塗られている
ことなのです。

習慣化された薄く塗る感覚が仕上げの際にも発揮されて、必然的に薄く
塗ることが出来るようになっておられたのです。

これは講座の初回からお願いしていることなのですが、大抵の方が
仕上げになると「金泥がしっかり着くような気がして」と厚塗り
される傾向にあります。

私もお願いしている立場にありながらAさんのご様子を拝見して、やはり
と確信を深めました。
ぜひ薄く塗って、その仕上がりの美しさを実感してみて下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

欠け未満の仕上げ

NHK文化センター ユーカリが丘教室のTさんの作品を
ご紹介致します。
先日のご紹介の続きになります。

欠けに至らずUFOのような不思議な形でヒビに止まっている
破損の仕上げに悩まれる方が少なくありません。
大抵の方は、ヒビの入った範囲を大きく欠けとして仕上げられます。
Tさんの場合は、欠損なりに最小限に仕上げられました。

金繕いの仕上げとしては、これで十分です。
さらにとお考えの場合は、ここから発想されると良いと思います。


カテゴリー: 基本のき, 生徒さんの作品 |

見破られる

NHK文化センター ユーカリが丘教室のTさんの作品を
ご紹介致します。
たくさん完成させてきて下さいました。
1つ目は焼締の皿です。


このお皿は一度完成まで辿りついておられたのですが、形に納得が
いかず、最初から作り直されました。
その結果、綺麗な形になり、大変完成度の高いものになりました。

仕上げはあえて金を使っています。
これはご友人からの預かり物なので、金繕いが施されていると
アピールする狙いもあります。

見事に鳥脚状に割れたお皿です。
こちらが難しかったのが、柄の形に盛り上がりがあったところです。
このような器の場合、手間はかかりますが、レリーフを忠実に再現
した方が自然に見えます。
割れの線に負けず、完成されました。

潔く2つに割れたお皿です。
少し厚みのあるお皿なので、しっかりとした太い線の仕上げが
合っています。

ガラスの直し2点です。
両方とも縁の欠けでした。
ガラスの金繕いの場合、欠損を埋めているのがわからないように
するのが重要なのですが、右のコップで隠し方がイマイチなのを
奥様に指摘されてしまったそうです。

ご家族の話題に金繕いが登るのも嬉しいお話です。
ご指摘は厳しいかもしれませんが、さらに完璧を目指すモチベーション
になるのではないでしょうか。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

名入れの茶碗

藤那海工房 月曜日クラスのMさんの作品をご紹介致します。
名入れのあるお茶碗です。

ご友人からの預かりもので、割れてしまっていたのを接着し
金で仕上げられました。

なかなか処分出来ないものの一つがお子様のものだと思います。
今回の作品のように名入れはもちろん、お子様が陶芸体験で
作られた器をお持ちになる方も少なくありません。

金繕いを習われるにあたって、器の価値を気にされる方が多い
のですが、このような二度と手に入れることが出来ない思い出の
品こそ金繕いして残してもらいたいと思っています。

このお茶碗も接着でズレが生じてしまったので、修正に時間が
かかりました。
その後仕上げをしてみても修正点があったのを丁寧に作業された
結果、とても綺麗な仕上がりになりました。

Mさんは作業がとても丁寧なので、今後の完成も期待しています。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

ドーナツ型の仕上げ

NHK学園市川オープンスクールのYさんの作品をご紹介
致します。

縁に小さな破片を接着したのですが、ズレと薄く削げた部分があり、
ドーナツ型に埋めの作業が入りました。

縁の破片を生かして仕上げるというご意向でしたので、ドーナツ型に
仕上げることにしました。

道具を工夫して頂くことで、平滑で綺麗な仕上げになりました。
この後上から銀泥で染付のラインの続きを入れて頂くことにより、
広い面積での仕上げを緩和して頂く予定です。

度々ドーナツ型の仕上げについてはご紹介していますが、手順について
事前にご相談下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

器の形と金繕い

NHK学園市川オープンスクールのUさんの作品を
ご紹介致します。

素敵な形の器です。
その柄に合わせたように割れていました。
仕上げの金泥の線がその柄を縁取るように入りました。
金の光沢もとても冴えており、大変綺麗な完成度となりました。

Uさんのお持ちの器はいつも上品で、素敵なものばかりだったのですが、
それぞれ器に合うように欠損していたのも、不思議な感じがします。

器はアクシデントで何となく割れるのではなく、物理的な理屈があります。
つまり必然性があるのですが、結果として器に合っているというのを
「ご縁」と言うと陳腐でしょうか?


カテゴリー: 生徒さんの作品 |