カテゴリー別アーカイブ: 生徒さんの作品

凸凹をなくすには

藤那海工房 西登戸教室のOさんの作品をご紹介致します。
たくさん完成させて来て下さいました。


ちょっとわかりずらいのですが、急須の底にひびが入っていたのを金繕い
されました。
この底部分にひびが入ったのは、破損とは思われません。
別の理由が考えられます。
しかしプラチナ泥のおしゃれなデザインに見えるので、結果的に素敵に
なったとしてヨシとするべきだと思います。

こちらは作家さんもののモダンなデザインの大皿です。
裏面に大きく欠けていたのを金繕いされました。
こちらもプラチナ泥で、シャープなお皿の意匠ととてもマッチしていて
いい感じに仕上がっています。

最後は欠け+ひびとひびの入ったお皿です。
長いひびの線はご本人も満足の出来です。
最初の頃は難儀されていたのを、すっかり克服されました。

問題は欠け+ひびです。
少々凸凹が出ていたのですが、今回は完成とされました。
なぜ凸凹が出来るかと言うと、ズバリ下地に問題があるからです。

ではそれをどう克服するかと言うと、ひたすら弁柄を塗ってトクサで
磨く作業を繰り返すしかありません。
「忍」の字が頭に浮かぶことがしばしばあるくらいですが、ここを
おろそかにすると仕上げてみて気に入らないとなる訳です。

但しこれはご自分の持ち物を直されていることなので、強制は致しません。
おおらかな仕上げも構わないと思っています。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

小さな鳥脚

藤那海工房 西登戸教室のIさんの作品をご紹介致します。
湯のみの割れ+ひびです。

鳥脚状の欠損は器の形、厚み、カーブなどの条件で変わってきます。
Iさんの作品の場合、外側に反っている部分の中に収まっています。
それがとても可愛らしく見えます。

Iさんは手仕事がお好きなだけあって、作業がとても丁寧で綺麗です。
仕上げも慣れられていくうちに、どんどん上達なさると思います。
今回の作品は線がとても綺麗に描かれていて、金泥の蒔くタイミングも
大成功です。

現在は漆器のお重にチャレンジされています。
漆器の修復はひたすら丁寧に作業するしかありませんが、Iさんならば
きっと成し遂げて下さると思います。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

小石原ポタリーの器

藤那海工房 土曜日クラスのTさんの作品をご紹介致します。
小石原ポタリーの器の割れです。


小石原ポタリーとは福岡県・小石原の窯元と、フードコーディネーター・
長尾智子さんのコラボレーションによって作られた新しい民芸の器です。
「刷毛目」「飛びカンナ」を特徴としています。

民芸の器の難しいところは、現代の感覚と乖離してしまっていることかと
思います。
そこを長尾さんのセンスで温かみや懐かしさといった良い感覚を残しつつ、
モダンに転換しています。

Tさんの作品はかなり複雑に割れてしまったものを接着し、銀泥で仕上げられた
ものです。
この複雑な割れが景色となって小石原ポタリーのセンスと合っているのが
面白いところだと思います。

長い線の仕上げは大変だったそうですが、根気よく修正を重ねられて、大変
高い完成度になりました。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

置き換える

藤那海工房 金繕い教室のIさんの作品をご紹介致します。
扇型の三つ足の器です。

この三つ足が一つ損なってしまっていました。
そこでその部分を別のもので置き換えて接着して頂きました。
画像の手前に写っているものですが、馴染んでいるので一見した程度だと
何かはわからないと思います。

実は石です。
Iさんご本人が器に合う物を探されました。

これを単に接着しただけではありません。
料亭からの依頼品なので、お返しした後の取り扱いに耐えられるように
補強してあります。
その後、器と新しい脚の間を埋めて仕上げられました。

見た目だけでなく強度にも配慮された金繕いで、お返しした先様にも
ご満足頂けると思います。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

新しい線

NHK文化センター柏教室のTさんの作品をご紹介致します。
たくさん完成品をお持ち下さいました。

大鉢のひびです。
元々の放射線状の染付の線に入った銀泥の線が絶妙です。
衝撃に対して物理的に生じているものですが、人間が意図して作れる
ものではありません。
ダイナミックさと相まって、迫力の作品になりました。

取皿の割れです。
鳥脚状に破片が生じており定法通りの割れ方ですが、それが美しさになって
います。

こちらは鉄釉で縁に作られた「口紅」とも言われるものを新うるしの色で
再現されたものです。
通常お勧めするのは、金泥で欠け部を仕上げて銀泥で口紅の線を再現する
方法です。
銀泥が硫化していない現段階で見ると、欠損部が最も目立たない形に
なっていると思います。

最後は割れの線が美しい器です。
器の大きさに対して金泥の線が潔く入っていて、気持ちがいい作品になって
います。

Tさんは仕上げの描き方が一気に上達されたように思います。
それはご自分の作品ばかりでなく、教室の他の方のご様子も真摯に学ばれて
いた成果だと思います。
せっかくお出でになられている教室です。
是非Tさんのようになさることをお勧め致します。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

急須の把手

NHK文化センター 柏教室のHさんの作品をご紹介致します。
急須の把手が折れてしまったのを金繕いされました。


作家さんものの急須で、釉薬に風合いのある一品です。
把手が折れてしまっても、処分出来ないお気持ちがわかります。

以前にも急須の把手を金繕いされた作品をご紹介していますが、いずれも
単純に接着だけでは危険性が否めません。
把手は急須自体の重さだけでなく、中に入るお茶の重みも支えます。
万が一、把手が再び折れた場合には、熱いお茶を浴びてしまうことも
ありうるのです。

ですのでHさんの作品も把手部分にしっかり補強が入っています。
見た目は画像のように金泥の仕上げだけで美しく完成していますが、
見えないところでしっかり作業されているのです。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

均一な仕上げ

NHK文化センター ユーカリが丘教室のTさんの作品をご紹介
致します。
3点仕上げて来て下さいました。

フリーカップの欠けの仕上げです。
大きめの欠けなのですが、形も綺麗に出ていますし、何より仕上げの
蒔下の塗り方が格段に上達されていて、本当に綺麗です。
これは均一に塗られていないと出来ないものです。

こちらはマグカップの欠け+ひびです。
欠けの仕上げはフリーカップ同様、均一に塗られているので、完璧です。
別日になさったのであろうひびの線と隙間が空いているのがご愛嬌ですが、
こちらは修正される予定です。

こちらはガラスのカップです。
小さな欠けですが、しっかり欠損を埋められています。
ガラスでも変わらず均一の仕上がりで、こちらも大変美しい仕上がりです。

Tさんは、かつて欠けの仕上げが綺麗に均一にならないとお悩みでした。
しかし継続して金繕いを続けて下さり、仕上げも納得いくまで繰り返して
なさった結果なのでしょう、いずれも綺麗な仕上がりです。

継続は力なりとはよく言ったもので、続けて努力することの素晴らしさを
Tさんの作品で見せて頂きました。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

鮮やかな釉薬に金泥

NHK学園市川オープンスクールのYさんの作品をご紹介致します。
師事している陶芸家の先生の作品を金繕いされました。


鮮やかな釉薬が特徴的な作品に、金泥の仕上げがとても合っています。
特に内側の仕上げの線は、釉薬の景色と馴染んでいて、作品の一部と
なったかのようです。

他にも同じ先生の作品を金繕いなさっているので、完成しましたらその
合わせの妙をご覧頂きたいと思います。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

ガラスコンポートの金繕い

NHK文化センター ユーカリが丘教室のIさんの作品をご紹介
致します。


クリスタルガラスに複雑なカットが入ったコンポートです。
実は果物を入れる器部分と脚部分に分かれます。
器部分には割れが、脚の部分には欠けが入っていました。
それぞれ接着、欠損部分を埋め、金箔で仕上げられました。

器自体がかなりの重量な上、カットが複雑なので、欠損を埋めるだけ
でも大変な作業だったかと思います。
それを丁寧に作業されて、完成に漕ぎ着けました。

元々ゴージャスな器なのですが、金が入ったことによって、さらに
魅力が増したと思います。

破損したままでは使えなかったと思いますが、蘇って活躍して
くれることでしょう。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

大きな欠け

NHK文化センター柏教室のKさんの作品をご紹介致します。
大皿が大きく欠損していたのを金繕いされました。


直径30cm超程の大皿が最大幅9cmくらいで欠損していました。
難しかったのが不定形に欠損しているのを輪花の形通りに形を戻す
ことでした。

次に大きな欠損の面積をどうするかが問題になりました。
青海波の蒔絵に挑んで頂いたり、欠けの線に合わせてラインを入れたり
と紆余曲折を経てシンプルに銀泥のみで仕上げる形に落ち着きました。

こうして客観的に画像で見てみると、この結論が正解だったと思えます。
シンプル イズ ベスト なのですね。

あとは少々硫化したところで色止めを行う予定です。
預かりものなのでお返しするのですが、本当に頑張られましたので、
きっと喜んで頂けると思います。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |