カテゴリー別アーカイブ: 生徒さんの作品

箸に螺鈿を貼る

よみうりカルチャーセンター大宮教室のSさんのチャレンジをご紹介します。
大宮教室では本漆での拭き漆を行なっておりますが、Sさんは夢中になって
しまった一人です。

いろいろ作品を作られているのですが、箸の箸頭とか天とか言われる尾部に
螺鈿を貼る作業をされています。

螺鈿を貼ろうと思いついたのは、昨年の私の個展で螺鈿を使った作品を見た
からなのだそうです。
螺鈿の持つ虹彩の美しさに魅了されるのはよくわかります。

Sさんはご家族分、それぞれ貼り方を変えておられます。
現在は試行錯誤中ですが、作業が丁寧な方なので、きっと素敵な作品が
完成すると思っています。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

焼き継ぎを仕上げ直す

産経学園ユーカリが丘教室のWさんの作品をご紹介致します。
骨董市で購入された焼き継ぎの器を仕上げ直されました。

焼き継ぎとは江戸時代の修復方法で、ガラス質の成分を加熱して破損を
接着したものです。


焼き継ぎされた器

一見、接着剤にも見える透明〜半透明の物質で接着されています。
難点は見た目が良くないこと。
ミミズ腫れとも揶揄されるくらい酷い仕上がりのケースもあります。

しかしそれが故に安価になっていることが多く、気に入った柄や形なら
お買い得と言えます。
また江戸時代の一時期にしかなされていない手法なので、焼き継ぎがされて
いるということは江戸時代に作られたものという証明にもなります。

Wさんの作品はミミズ腫れの部分を加工し、改めて金泥で仕上げをされました。
綺麗になって使う時の気分も良いかと思います。

焼き継ぎの直し方には他にも方法があります。
物の状態とお考えで方針が決まりますので、着手前にご相談下さい。


カテゴリー: 基本のき, 生徒さんの作品 |

金箔貼り応用

新型コロナウィルスの感染が拡大傾向にあり不安な日々が続いておりますが、
ブログでは敢えて今まで通りの内容でアップしたいと思います。

今日はNHK文化センター柏教室のUさんの作品をご紹介します。
カリキュラムで行なったハマグリ貝への金箔貼りを応用したものです。

元々は茶托だったのではないかと思われますが、真ん中のくぼみに布きせと
言われる補強がしてありました。
これは意匠的なものもあると考えます。

Uさんはこちらを画像の右上に写っているウサギの置物の飾り台にしたいと
金箔を貼られました。

技術的には先般ご紹介しました金箔を貼ったお皿と同様に出来ますが、難しい
のは本体が漆器なので修正に注意が必要になることです。
このあたりはちょっとしたテクニックが必要になります。
結果は画像の通り大変綺麗に完成しました。

貝合わせの制作で残った金箔を、このように応用すれば楽しい作品になるかと
思います。
是非参考になさって下さい。


カテゴリー: 基本のき, 生徒さんの作品 |

朱泥の急須

藤那海工房 西登戸教室のOさんの作品をご紹介致します。
急須として最もポピュラーな常滑焼きの朱泥の注ぎ口の割れを
金繕いされました。

急須の注ぎ口は突出しているので、壊れやすい場所です。
さらに朱泥は独特の性質から活着が悪いという問題点があります。
そのためOさんにはしっかり下準備して頂いて、接着して頂きました。

接着後、欠損を埋めて頂き、金泥で仕上げられました。
朱泥に金が映えて美しいです。

注ぎ口は再度ぶつけて破損させる可能性があります。
さらに慎重を期すならば和紙で補強をお勧め致します。

もう一点、小鉢のひびです。
単純にひびに金泥だけだと目立ちすぎるということで、通過している葉型の
染付柄にも金泥で輪郭線を入れられました。

これが程よい効果でひびの線が緩和されています。
ほんの一手間ですが効果が高く、参考にして頂きたい工夫です。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

夜店の思い出

NHK学園市川オープンスクールのIさんの作品をご紹介致します。
お母様が子供の頃、夜店で買った磁器製の小物入れです。
欠けが生じていましたが、処分出来ずにお持ちになっていたものを
金繕いされました。


昭和の頃の絵付けが愛らしく、処分出来ずにおられた気持ちがわかります。
欠けだけでなく、ツマミに描かれていた花柄も復元されました。
このように思い出が蘇るというのが金繕いの世界だと思います。
母娘の交流もお聞きしていて嬉しいお話でした。


この他、ちょっとした欠けの器も金繕いされています。
こうして蘇らせることを積み重ねていくのを楽しんで頂ければと考えています。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

硫化で出る味わい

先日に続きNHK学園市川オープンスクールのKさんの作品をご紹介
致します。
徳利の口縁が欠けたのを金繕いされました。



欠けたところを埋め、銀泥で仕上げてあります。
欠けた範囲が大きく、目立ち過ぎる可能性が高かったのですが、銀が渋く硫化
ことで元々の釉薬に馴染み、自然な感じに仕上がりました。

仕上げ次第で完成の印象が変わります。
どのような感じを望まれるのか、ご自身のものなのか、お預かりのものなのか、
勘案すべき要素を合わせてお考えになるのが良いかと思います。

最近は金銀をブレンドしたもの、銀を人工的に硫化させてあるものなど、販売
されているもので変化をつける方も多くなりました。
悩まれるようならばサンプルを作っておりますので、ご相談下さい。


カテゴリー: 基本のき, 生徒さんの作品 |

憧れの繊細な線

NHK学園市川オープンスクールのKさんの作品をご紹介致します。
ひびを金泥で仕上げられていますが、画像の通り完璧な美しい細線です。


青磁色の釉薬に金泥が映えて、線の美しさを引き立てています。
教室内の皆様からため息が漏れるほどでした。

しかしKさんも一足飛びにこの仕上げが出来るようになった訳ではありません。
線の引き方のコツを聞き、何度も練習し、何個も仕上げをして、このレベルに
なったのです。
1個につき1回しか仕上げない、数個しか仕上げたことがないという状態では
当然このレベルは望みようがありません。

厳しいようですが、美しい仕上げをしたいようであれば練習あるのみ、経験
あるのみです。

せっかく手間をかけて金繕いをなさっているのです。
「私、大丈夫です。」とおっしゃらず、より美しい仕上げを目指されませんか?


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

梅の枝に見立てる

NHK学園市川オープンスクールのSさんの作品をご紹介致します。
湯呑みのひびの直しです。


表裏でほぼ同じような構図の位置にひびが入っていました。
どちらも銀泥でひびを仕上げ、途中ぶつかった白梅の蕾は金泥で仕上げられて
います。
その蕾はがくが絵付けしてあったのですが、これも金泥にされています。

ひびの仕上げの線は枝がもう一本増えたように見えますし、白梅の蕾の金泥の
仕上げも最初からあったかのようです。

元々の絵付けに合わせた仕上げに思わず「ナイス アイディア!」と申し上げて
しまいました。
このようなアイディアは大歓迎です。
どうぞ自由に発想されてみて下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

コツコツ作業

よみうりカルチャーセンター大宮教室のOさんの作品をご紹介
致します。
Oさんはコツコツ作業をするのがお好きなだけあって、バラバラに
割れてしまった器も見事完成に漕ぎ着けました。


本体に対して取手が大きいところが愛らしいカップの割れです。
かなりバラバラに割れていたのですが、取手部分には損傷がなく、かなり
荒目の素地だったので、特に補強は入れて頂きませんでした。

しかしバラバラだったことで欠損も多くあり、それらを埋めていくのは
大変だったかと思いますが、とても美しい仕上がりです。
仕上げの線がアートに見えてくる程です。


お抹茶茶碗の割れです。
こちらはバラバラに割れていただけでなく、底の角に当たるパーツが
紛失していました。
その部分を別の素材で補い、銀泥で仕上げられました。

仕上がっているとわかりませんが、欠損を埋めるだけでも“大工事”でした。
Oさんの根気に敬意を表したいと思います。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

磨き過ぎず

藤那海工房で本漆での金繕いをなさっているMさんの作品をご紹介
致します。


今回、仕上げて下さったのは作家物の器です。
両方共、銀丸粉です。

新うるしの蒔き放ちの仕上げと違い、本漆は生漆で固めて磨き上げて
いきます。
生漆で固めることで耐久性が上がりますが、色味が暗くなり、研ぎ破りの
リスクも負います。

Mさんの作品の場合、器がざっくりとしていたので、あまり磨き上げずに
完成としました。
次のステップとしては蒔き下漆をより平滑に塗って、研ぎの手間を減らす
ことかと思います。

ざっくりとした器だけではなく、磁器の繊細な器にも対応できるように
なって頂きたいと思いますが、まずは完成品が出来たことを喜び、使って
頂きたいと思います。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |