カテゴリー別アーカイブ: 生徒さんの作品

割れ寸前からの復活

NHK文化センター ユーカリが丘教室のFさんの作品を
ご紹介致します。
全長50cmほどの大型の花器のひびでした。



金繕い完了後からは想像出来ませんが、かなり深刻なひびで、
割れる寸前だったのです。
しっかり養生を行い、綺麗にひびが止まりました。

Fさんご本人は仕上げの線をもう少し細くしたかったそうなのですが、
花器の大きさからすると、これくらいの堂々とした線の方が合うと
思います。

花器自体のダイナミックさに仕上げの良さが加わって、とても格好
いい金繕いになりました。

深刻なひびの場合、よく質問があるのが、割ってしまった方がいい
のではないかということです。
しかしどんなに深刻なひびでも割ることはありません。
というのは割れの接着の方がズレが出る可能性があるので、割らずに
養生をしっかり行うことでぴったり合わせます。

この際の養生の仕方や、合わせ方については、器それぞれで違いが
ありますので教室でご確認下さい。


カテゴリー: 基本のき, 生徒さんの作品 |

金泥で完成

昨日に引き続きJEUGIAイオンモール八千代緑が丘教室の
Nさんの作品をご紹介致します。
いずれも金泥で仕上げられています。

大鉢の割れの接着です。
茶系のマットな釉薬に金泥の相性がとてもよく、自然に仕上がって
います。

ひょうたん型の小皿です。
縁がかなり繊細に薄いところに金泥がワンポイントになっています。

昨日ご紹介の分も合わせて一気に完成されました。
いずれも器と仕上げの相性が良く、変化も楽しめます。
ここまで出来るとかなりの自信になったのではないかと思います。

仕上げをされた方から質問が多いのが、弁柄漆で欠損を埋めて
弁柄漆で仕上げるので、どこまで塗ったのかわかりにくいということです。
この問題に対処するには幾つかの方法がありますので、教室で
ご確認下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

硫化待ち

JEUGIAイオンモール八千代緑が丘教室のNさんの作品を
ご紹介致します。


備前焼の板皿です。
角が欠けてしまっていました。
画像では分かりにくいのですが、お皿自体と同じようなザラザラ感
が出るように下地で工夫してあります。
銀泥が硫化して、銅色になったくらいが良いかと思います。

こちらはすでに銀泥がシャンパンゴールドになっているのですが、
もう少し硫化を進めて完全にいぶし銀になった方が良いという
ことで、硫化待ちです。

すでに裏面は青紫になっている小皿です。
表も青紫になると元々の器に馴染むと思われるので、こちらも
硫化待ちです。

銀泥はどのくらいで硫化するのかと、よく質問があります。
これがなかなか難しい質問だということは、以前のブログに
書いています。
ご自宅の環境によって違いがありますが、少なくとも箱にしまって
おくのではなく、表に出しておいたほうが早く進みます。

頃合いになりましたら、教室にお持ち下さい。
その後の対処方法をご説明致します。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

親子愛の急須

よみうりカルチャーセンター大宮教室のEさんの作品を
ご紹介致します。
急須の把手の折れです。

以前のブログで書いているように、急須は熱いお茶が入り、
重さもありますので、把手の折れは単に接着だけでなく、補強を
入れます。

Eさんの急須の場合、見た目の問題も加味して表面からも補強を
入れました。
補強の範囲は有効な範囲だけでなく、黄金分割を使って美しさも
求めています。

この急須はEさんの息子さんが初任給でプレゼントしてくれた大切な
ものなのだそうで、Eさんの作業も力が入っていました。
2重の補強は大変なのですが、完成した姿はとても綺麗ですし、
大切なプレゼントが蘇るというのは、何物にも代えがたいこと
だと思います。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

染付けいろいろ

藤那海工房金繕い教室金曜日クラスのKさんの作品をご紹介
致します。


一気にたくさん仕上げてきて下さいました。
仕上げたてなので、綺麗な銀色をしていますが、いずれ硫化して
骨董の染付け色に馴染んでくると思います。

薄く削げたところが難しかったり、チリが入ってしまったりと
それぞれで教訓はありますが、右上に写っている小皿は完璧な
仕上がりでした。
この成功体験を積み重ねていって頂ければ、より完成度が高く
なると思います。

骨董がお好きなKさん、次々完成させて下さるのを楽しみに
しています。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

金銀切り替え

NHK文化センター柏教室のUさんの作品をご紹介致します。


ご友人からの預かりもので、韓国の湯のみではないかという
ことです。
白化粧土の上から鶴などの絵柄が彫り込まれています。

ちょうど鶴をまたぐように、ひびが入っていたので、目立たなくなる
ように鶴の部分は銀泥で、白化粧土のところは金泥で仕上げて
頂きました。
銀泥はいずれ硫化して鶴の色と馴染み、目立たなくなる予定です。

描きにくい内側の仕上げ線もきれいに描けています。
預かり物という緊張感もあったのかもしれませんが、この湯のみの
仕上げでUさんの技術が一段と上がったように思います。

もしお知り合いから金繕いを頼まれたら、積極的に受けて頂きたいと
思います。
腕が上がること、間違いなしです。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

ガラスと窯キズ

NHK文化センター柏教室のHさんの作品をご紹介致します。

ガラス皿の割れです。
断面に接着の強度を高める工夫を施してから接着するのが
ポイントです。
表面を綺麗にならして金箔で仕上げられました。

厚みがあり、色が点々と入っているところに金箔が映えて、
綺麗な仕上がりになりました。


こちらは窯キズです。
窯キズは凹みを残すのがセオリーなのですが、どのように
見せるのかが難しいところです。
Hさんの作品は凹みが綺麗に出ていて、仕上げの金泥がワンポイント
になっています。

金繕いの教室としては珍しいタイプの2作品。
両方とも素晴らしい仕上がりでした。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

良い位置

NHK文化センター千葉教室のKさんの作品をご紹介
致します。

R0001203

蕎麦猪口のひびを金繕いされました。
ただ線を描くだけでなく、元々の柄にあったものを加飾
されています。

ポイントは、丸い粒の位置です。
ご本人も位置は熟考されたとおっしゃっていますが、とても
良い位置に入っていると思います。
特に下の粒は帯の上に乗っています。
このような位置は避けたくなるものですが、臆することなく
入れられたのが、良い結果になりました。

教室内からも金繕いする前より良いのではないかと賞賛の
声が上がりました。

Kさんは仕上げ直近の器がたくさんあります。
大きい欠けの磨きに難儀されていますが、この蕎麦猪口で勢いを
つけて完成に漕ぎ着けて頂ければと思っています。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

急須の補強

NHK文化センター ユーカリが丘教室のTさんの作品を
ご紹介致します。
急須の注ぎ口と把手の補強です。

金繕い 金継ぎ 急須の補強

使用頻度が高く突起部分が多い急須は、破損が多い代表格です。
こちらは注ぎ口が割れ、把手も折れてしまっています。

注ぎ口は又ぶつけて再破損してしまうのを回避するため、接着する
だけでなく、和紙で補強しています。

金繕い 金継ぎ 急須の補強

把手部分も単に接着するだけではなく、持ち上げる部分としての
強度を持たせるため補強しています。
これは中に熱いお茶が入るので、もしもの場合があってはならない
からです。

途中、思わぬ破損の追加になってしまったりと、経過は大変
だったのですが、Tさんは根気よく作業され、完成に至りました。
金の仕上げが元々の柄にも合って、修復箇所が多い割に目立ちません。

ご本人としては、把手の仕上げが不本意のご様子ですが、ここまでの
作業を思えば問題ありません。
持ち主のお子様もきっと喜ばれると思います。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

お見せ下さい

よみうりカルチャーセンター大宮のOさんの作品をご紹介
致します。
仕上げは2品目になるかと思います。

金繕い 金継ぎ 欠け
金繕い 金継ぎ 欠け

教室で仕上げに挑まれたのですが、塗り残しが出たり、刷毛目が目立ったり、
ホコリが入ってしまったりと何度もやり直しをされました。
結局時間切れでご自宅で仕上げられたのですが、あまりに私がやり直しを
お願いしてしまったため、教室にお持ちになるのを躊躇されてしまいました。
しかしお持ち頂けたものは上の画像のように大変綺麗な仕上げだったのです。

どこがいいかというと、全体の形です。
主に輪郭線で決まりますが、元々の欠損なりに仕上げるとしても、ある程度
ご本人のお好みが出ます。
これがとても円満な形に描かれており、好感度が高いのです。
いずれ銀泥が程よく硫化したところで、硫化止めを行う予定です。

講師をしていて喜びの一つが金繕いをされていた器の完成を見せて
頂けることです。
様々な過程を踏んで再び使えるようになった器を見ると、充足感に
満たされます。
どうぞ完成した器はお手数でも教室にお持ちください。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |