カテゴリー別アーカイブ: 生徒さんの作品

本漆の仕上げ

藤那海工房 本漆クラスのOさんの作品をご紹介致します。
お皿の割れを接着されました。


本漆の仕上げでは丸粉という金塊をヤスリで擦り下ろして丸めた粒状のものを
蒔いて頂いています。
それを生漆で粉固めして、鯛牙と紙やすりで磨き上げて頂きました。

あまり磨き過ぎず、渋めに上がったのもお皿の絵柄に合っていて、素敵に
仕上がったと思います。

本漆は釉薬への活着が悪く、絵柄を入れたい場合は釉薬を荒らすか、ガラス用
漆を使用することになります。
相変わらずガラス用漆に抵抗がある私は、自ずと仕上げは欠損通りになります。
ただこの辺はお考え次第なので、本漆でも加飾をなさりたい場合は、ご指導して
おります。

また丸粉を使用すると耐久性は高くなりますが、必然的にコストが高くなります。
後々の変色を承知の上で真鍮や錫などの安い金属粉を使用するか、消粉と呼ばれる
箔を粉砕したものを使う方法もあります。
消粉の場合は耐久性が低いことを承知しておく必要があります。

Oさんの作品を見て、せっかく本格的にこだわって本漆を使われるのなら、粉固め
が出来る丸粉がいいのではないかとしみじみ考えています。


カテゴリー: 基本のき, 生徒さんの作品 |

仕上げデビュー

NHK文化センター千葉教室の生徒さんの作品をご紹介致します。
まずはYさんです。

趣きのある絵付けの湯のみです。
割れてしまったのを接着されて金泥で仕上げられました。
場所によって線の太いところと細いところが出るのが面白味になっています。


こちらはHさんの作品です。
V字型に割れてしまったものを接着され、金泥で仕上げられました。
仕上げの線が端正に描かれているのがカップにあっていて、とても
綺麗です。

お二人とも仕上げを初めてなさったのですが、いずれも秀逸な完成度
です。
仕上げは皆様緊張しがちですが、まずはやってみることをお勧めします。
何より上手になるには「場数」です。
頭でわかっていても実際やってみなければわからないことが多いのです。

よく仕上げをする器を貯めておかれる方がいらっしゃいますが、少し
ずつコンスタントに作業していた方が、毎回の上達が望めます。
まとめて仕上げてしまうと、その時の実力で全て出来てしまうことに
なってしまいます。

仕上げは何度でもやり直しが出来ます。
どうぞ積極的にチャレンジしてみて下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

器との相性

NHK文化センター柏教室のSさんの作品をご紹介致します。
特徴的な釉薬のお皿の割れを金泥で仕上げられました。

ベージュ系の釉薬には金泥が程よく馴染みます。
そこに割れに忠実に仕上げられた線がとても美しいです。
金繕いの王道と言った完成度です。

Sさんはとてもこだわりを持って作業されます。
その積み重ねが、このお皿の完成度の高さを産んだと考えております。
例え牛歩の歩みと思ってもその努力は裏切らないとSさんの作品は
証明して下さいました。

どうぞ参考になさって下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

金彩を戻す

NHK文化センター柏教室のHさんの作品をご紹介致します。
割れの接着後、縁の金彩を戻されました。

縁の金彩が薄くなってしまうのは、Hさん同様、骨董ではよくある
ことです。
また洋食器でも金彩が施されていることが多いので、ご要望が多く
あります。

Hさんの場合、金箔を貼られて戻されました。
完璧を目指しているうちに何度か貼り直しをされたそうで、金色が
眩く光っています。

金彩の入っている部分で方法が変わりますので、なさりたい場合は
一度教室でご相談下さい。


カテゴリー: 基本のき, 生徒さんの作品 |

フリーカップの割れ

産経学園ユーカリが丘教室のMさんの作品をご紹介致します。
18ピースに割れたフリーカップの接着です。


一度座の部分の欠けを金繕いされたフリーカップが再び破損。
今回はカップの部分がバラバラに割れてしまっていました。
その数18ピースです。

まずのりうるしで接着し欠損を埋めた後、カップ部の内側を和紙で補強
されました。
これは飲み物を入れた時にカップ部が水圧で再び破損してしまわない
ようにするためです。

仕上げは外側が準金泥(真鍮泥)、内側が真鍮箔です。
通常私共では真鍮はお勧めしておりません。
それは後で黒ずんだように変色してくるからです。
Mさんはそれをご理解頂いた上でお使いになりました。
理由は器のイメージに合うからです。
このような判断であれば、ご使用頂くのは構いません。

Mさんは磨く作業がお好きというだけあって、どんな作業も丁寧に
されます。
内側の和紙貼りも完璧に磨き上げてから真鍮箔を貼られましたので、
まばゆいくらいの輝きを放っています。
一つ一つの作業を丁寧に重ねられた結果が、この完成度に繋がって
います。
是非参考になさって下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

アートとの境界線

NHK文化センターユーカリが丘教室に在籍されていたIさんの作品を
ご紹介致します。
いずれも独特の工夫をされています。

まずは一輪差しの首が折れてしまったものです。
首の形は復元せず、割れ口を弁柄漆で滑らかにした後、銀泥で仕上げられ
ました。
首の周囲にも銀泥を付け、割れ口の銀泥と馴染ませておられます。
これらの銀泥はいずれ硫化し、元々あった黒い釉薬と一体化するはずです。

もう1点、緑釉のお皿が割れていたのを接着されたものです。
仕上げに金泥を施されているのですが、割れの線に従って描かれるのでは
なく、ご自身のセンスによって仕上げられています。
仕上げの線を「アート」と捉えられたわけです。
これによって亀裂が埋まり切っていないことも緩和されています。

私は師の原一菜先生から「元のものより良くなる確証がなければ施しては
ならない。」と教えられています。
何か加飾する場合は、この言葉に従って検討することから始めます。

ご自身が何かなさりたい場合、アートになるか、ただのヘタウマになるか、
よく検討されてから取り組まれるのをお勧め致します。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

マグカップ把手を残す

NHK文化センター柏教室のKさんの作品をご紹介致します。
マグカップの把手の割れです。

マグカップの把手は割れやすい部分です。
その金繕いの仕方は、また飲み物を入れて使いたいか否かという
点で変わってきます。
Kさんの場合は、少し残して手掛けにするという方法を取られました。

手掛けにした部分を丸く研いで危なくないように加工し、銀泥で仕上げ
られました。
センスがあるのが、下に残った座の部分の仕上げです。
実は表にフェルトのような起毛の柄が入っているのですが、この柄と
合わせた色に新うるしの色を調合されました。

新うるしの色で仕上げる場合はあり得るのですが、美しく見えるかどうか
よく検証する必要があります。
そういう意味でKさんの作品は上手く使われた例と言えます。
漆の色で仕上げたいという方は参考になさって下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

器の柄で隠す

NHK文化センター柏教室のHさんの作品をご紹介致します。
マグカップのひびと接着です。


表側で見て左側は小さな破片の接着でした。
破片の周囲に欠損があり、ドーナツ型になっていました。

右側は内側にひびが生じていたのですが、これが口をぎゅっと結んだような
線状の形になっていました。

両方ともエレガントなカップの柄とは違和感があるものでした。
そこでHさんにカップにある柄からお好みのものを選んで頂き、破損を埋めた
上からかぶせるように仕上げて頂きました。

柄は外から内側に折り込んだようになっており、元から金で柄が入って
いたかのように仕上がりました。
Hさんご本人の満足度も高かったようです。

破損の修復から、さらに発展した手法です。
違和感のある破損が生じてしまった方には、とても参考になると思います。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

陶器の金繕い

藤那海工房 西登戸教室のOさんの作品をご紹介致します。
陶器の大鉢の金繕いです。


縁が脆い質のようで、たくさん欠けが出来ていました。
それを一つ一つ埋めた上で銀泥で仕上げられました。

ざっくりした器のイメージと直しの感じがマッチしていて、好感度の
高い金繕いになっています。
早速食卓に復帰されたのではないでしょうか。

陶器と磁器では到達点に違いがあります。
磁器は形がきっちりしているので、必然的に到達点も厳しくなります。
それは器の元の形通りになっていないと目立つからです。

陶器は形がランダムなことが多いので、さほど正確に形が再現されて
いなくても構いません。
多少の窪みも元の形と違和感がないからです。
ただし窪みの形には注意が必要です。
陶器の肌にはあり得ない角ばった窪みならば、もう少し作業をするべき
です。

この到達点に達していないまま仕上げをすると、後で後悔することに
なります。
「大丈夫です。」という仕上げはありません。
結局仕上がった状態でやり直しを余儀なくされるのであれば、もう少し
頑張ってみませんか?


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

18ピース

NHK学園市川オープンスクールのKさんの作品をご紹介します。
18ピースにも割れた小皿の接着です。

直径が9cm程度と大きくないお皿です。
それをのりうるしを使って接着されました。
まずこれが成功しています。

私共では破片が多数あったとしても一度に接着するのをお勧めしています。
というのは元々一つの器ですから、総持ちといってお互いが支え合う関係に
あるからです。
これが部分部分で接着すると合わせ具合や角度が微妙に合わなくなって、
全体を接着した時に辻褄が合わなくなります。

仕上げですが、当初は釉薬の色に合わせて変更することも検討されました。
最終的には金泥で全てを仕上げられたのですが、これが割れの線をアート
のように見せています。
その美しさに教室の皆様から賛辞の声が上がりました。

人知を超えた美しさを得られるのが金繕いの面白さです。
Kさんの丹念な作業の結果でもあるのですが、このような美しい器に
なるのならバラバラになった器の接着にチャレンジしたくなってしまわれる
のではないでしょうか?


カテゴリー: 生徒さんの作品 |