カテゴリー別アーカイブ: 生徒さんの作品

堂々たる仕上げ

NHK文化センター ユーカリが丘教室のKさんの作品をご紹介致します。
厚手の大皿の割れを仕上げられました。

のりうるしで接着後、欠損がかなりあり、埋めるのに時間が必要でしたが、
仕上げに漕ぎ着けられました。

とかく仕上げというと細い線を描かれようとする方が多いのですが、Kさんの
お皿のように陶器のざっくりした質感のものですと太めの線の方が似合います。

少々埋まり切っていない欠損や蒔下漆の塗り足りないところがありましたが、
これは修正していけばよいことなので、全く問題ありません。

ご覧の方には、この堂々とした線を参考にして頂きたいと思います。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

少し加筆

先日ご紹介しましたNHK学園市川オープンスクールのKさんの作品に
少し加筆して頂きました。


金泥の仕上げで遮られてしまった絵付けを金泥の上に加筆して頂いただけ
なのですが、随分印象が変わったように感じます。

主に染付けのブルーの線を描いていますが、面白いのが新うるしの色と
完全には一致していないのに、描いてみると全く違和感がないということです。
これは面積比の問題や下地の金泥の色に影響を受けているからだと考えられます。

加筆する際も大きな面積、長い線を描くのではないので、気楽に取り組めるのも
いいところではないかと思います。

該当する仕上げの場合にはオススメ致しますので、是非チャレンジしてみて
下さい。


カテゴリー: 基本のき, 生徒さんの作品 |

景色になる線

よみうりカルチャーセンター大宮教室のOさんの作品をご紹介
致します。
抹茶茶碗の割れです。


元々、目の荒い素地でだったので、割れの線も直線的ではなく、複雑
でした。
細かに欠損もあったので、埋めるのは大変でしたが、仕上げてみると
それが複雑さを生み、見どころになったかと思います。

成功の秘訣はご本人が細かい作業を根気よくなさるのがお好きという
ことに尽きます。
丹念に細部まで作業されたからこそ、この仕上げなのです。

細部の詰めを「大丈夫です。」とおっしゃって、あまりなさらない方も
おられますが、Oさんの完成度の高い作品をご覧になれば、大丈夫とは
お考えにならないのではないか思います。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

変形してズレる

NHK文化センター ユーカリが丘教室のTさんの作品をご紹介
致します。
骨董のお皿で、大きくひびが入ったものです。

ご友人が電子レンジにかけてしまってひびが入ったと金繕いを
依頼されたものです。
きっかけは電子レンジかもしれませんが、骨董の場合、素地の素性、焼成の
技術などに原因があることが考えられます。

証左はひびの入り方です。
通常のぶつけてしまったり、落としてしまったものとは違い、高台を取り
囲むように入っています。
また破損が入った時点で変形し、ひびがぴったり合わなくなっていました。

このような状態では色々対処しなければならないことがありますので、一度
教室にお持ちになり、手順をご確認下さい。


他にTさんがお持ちになったものです。
このあたりの金繕いは難なくこなされていますが、特にマグカップの大きな
欠けはとても綺麗に仕上がっています。
Tさんは以前は仕上げのクオリティーに悩まれていましたが、熱心な創意工夫で
この出来栄えです。
やはり努力は裏切らないということなのだと思います。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

かわいい置物

NHK文化センター柏教室のUさんの作品をご紹介致します。
山羊の置物です。

ざっくりとした陶器製で耳と角の先端が欠けてしまっていました。
形をしっかり戻した後、特殊色の銀泥で仕上げて頂きました。
色が元々の釉薬の色と合っているので、一見どこが欠けたかわからない
と思います。
可愛さを損なわない、この対応が正解だと考えています。

特殊色の銀泥は色々あります。
後々の問題があるものもありますので、ご自分で購入を判断せず、
まずは教室でご相談下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

大きく不定形

NHK文化センター柏教室のAさんの作品をご紹介致します。
マグカップ縁の欠けですが、大きく不定形でした。


仕上げの形については色々ご相談しましたが、結局元の形通りに
仕上げることになりました。
それにあたっては特殊な道具を使って頂きました。
結果、大変きれいな仕上げになっています。

不思議な形に欠けてしまった場合、器の中にある柄から選んで蒔絵
するのが常套手段ですが、欠損通りに仕上げるのも正統派と考えます。
そういう意味でAさんの仕上げは成功例となりました。

大きく不定形の形の欠損を金繕いされている方には、とても参考に
なるかと思います。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

飾り物の仕上げ

JEUGIAイオンモール八千代緑が丘教室のSさんの作品をご紹介
致します。
たくさん仕上げられたのですが、まずは置物の仕上げです。

くちばしと羽の先が破損していました。
くちばしは新うるしの弁柄と色が合っていたので、欠損を埋めたままにされ
ました。
羽の先は銀泥で、硫化すれば体の色と同じようになるはずです。

先般のブログで飾り皿の金繕いをご紹介しましたが、Sさんの作品のように
具象の置物でも同様に金繕いが可能です。




酒器、小鉢、湯のみなど、まだまだたくさん仕上げて来られました。
Sさんは手作業がお得意な上、自宅でもしっかり作業して来られるので、
このような成果が上がりました。

欠けの仕上げに刷毛目が出てしまうこと、ひびや割れの仕上げの線が
太めなことが今後の課題です。
さらなるレベルアップを期待しています。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

茶入れの仕上げ

NHK学園市川オープンスクールのKさんの作品をご紹介致します。
まずは茶入れです。

口縁周りが割れ、ひびが伸びていました。
接着後、欠損を埋め、金泥で仕上げられました。

ぐるっと円弧を描いた仕上げの線がとても綺麗です。
仕上げの線が景色になるという好例ではないでしょうか。

茶入れのように口がすぼまった物、例えば徳利、一輪挿しなどのような形態
の場合、欠損を埋める〜仕上げるという作業が内側については出来ない
場合があります。
このような時は、あえて何もしないという選択をする場合があります。

Kさんの茶入れの場合、欠損は出来うる限り埋めて頂きましたが、筆が届き
にくい内部の仕上げはしてありません。
このあたりの判断は迷われるところだと思いますので、適宜ご相談下さい。

もう一点、中皿の接着です。

割れと縁の欠けがありました。
仕上げは数度に分けてされているのですが、痕跡は全くありません。
地塗りも完璧なので、刷毛目も全くありません。

このあたりのコツはお教えしたことを実践して下さっているのですが、ここ
まで完璧になさる方は早々ありません。
ひとえにKさんが真面目に取り組まれた成果なのですが、私としても本当に
嬉しい完成度です。

Kさんの作品を見て、金繕いをするのなら美しくを追求したいと考える方が
増えてくれたらと願っています。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

飾り皿の金繕い

セブンカルチャークラブ成田教室のFさんの作品をご紹介致します。
飾り皿の割れです。

よく飾り皿の金繕いは出来ますかと質問を受けます。
飾る物と言っても陶磁器であれば通常通り金繕いは可能です。

Fさんがお持ちになったお皿はマヨルカ焼き系の素地が柔らかい物でした。
ですのでしっかり下準備をして頂いてから接着、その後欠損を埋めて
金泥で仕上げられました。

食事用の器と違い、飾り皿という点で見栄えを優先しました。
その為、さらに作業を加えたのが金泥の上からの着彩です。
ほぼ表面の全般に着彩を施しました。
新うるしの色と近いことも幸いして、大きく横切った金泥の存在感が
薄められたと思います。

飾り皿の金繕いをご検討の方は「見栄え」も考慮されることをお勧め致します。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

盆栽鉢の金繕い

よみうりカルチャーセンター大宮教室のSさんの作品をご紹介致します。
盆栽鉢の金繕いです。


小さい鉢ですが、割れてひびが入っていました。
鉢の場合、植える植物の根張りと冬場に鉢が含んだ水分が凍結し、再度割れて
しまう可能性があります。

そこでSさんの盆栽鉢もひび止め、接着後、欠損を埋めた上で内側に和紙を
貼って頂きました。
和紙を使うと言うとどなたもびっくりされますが、Sさんの作品でご覧
頂けますように、上からしっかり新うるしを塗り重ねて「漆含浸和紙」の
状態になっています。
ですので水密性も問題ありません。

Sさんはとても作業が綺麗な方なので、通常の仕上げになる金泥の部分は
もとより、内側の和紙を貼った部分もこげ茶色で完璧に仕上げられました。
これで見た目も使用上も心おきなく使って頂けます。

詳しい手順は昨年私がご協力しました雑誌「盆栽世界」2018年7月号に
類似の破損状態のものが掲載されていますので、参考になさって下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |