カテゴリー別アーカイブ: 生徒さんの作品

良い位置

NHK文化センター千葉教室のKさんの作品をご紹介
致します。

R0001203

蕎麦猪口のひびを金繕いされました。
ただ線を描くだけでなく、元々の柄にあったものを加飾
されています。

ポイントは、丸い粒の位置です。
ご本人も位置は熟考されたとおっしゃっていますが、とても
良い位置に入っていると思います。
特に下の粒は帯の上に乗っています。
このような位置は避けたくなるものですが、臆することなく
入れられたのが、良い結果になりました。

教室内からも金繕いする前より良いのではないかと賞賛の
声が上がりました。

Kさんは仕上げ直近の器がたくさんあります。
大きい欠けの磨きに難儀されていますが、この蕎麦猪口で勢いを
つけて完成に漕ぎ着けて頂ければと思っています。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

急須の補強

NHK文化センター ユーカリが丘教室のTさんの作品を
ご紹介致します。
急須の注ぎ口と把手の補強です。

金繕い 金継ぎ 急須の補強

使用頻度が高く突起部分が多い急須は、破損が多い代表格です。
こちらは注ぎ口が割れ、把手も折れてしまっています。

注ぎ口は又ぶつけて再破損してしまうのを回避するため、接着する
だけでなく、和紙で補強しています。

金繕い 金継ぎ 急須の補強

把手部分も単に接着するだけではなく、持ち上げる部分としての
強度を持たせるため補強しています。
これは中に熱いお茶が入るので、もしもの場合があってはならない
からです。

途中、思わぬ破損の追加になってしまったりと、経過は大変
だったのですが、Tさんは根気よく作業され、完成に至りました。
金の仕上げが元々の柄にも合って、修復箇所が多い割に目立ちません。

ご本人としては、把手の仕上げが不本意のご様子ですが、ここまでの
作業を思えば問題ありません。
持ち主のお子様もきっと喜ばれると思います。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

お見せ下さい

よみうりカルチャーセンター大宮のOさんの作品をご紹介
致します。
仕上げは2品目になるかと思います。

金繕い 金継ぎ 欠け
金繕い 金継ぎ 欠け

教室で仕上げに挑まれたのですが、塗り残しが出たり、刷毛目が目立ったり、
ホコリが入ってしまったりと何度もやり直しをされました。
結局時間切れでご自宅で仕上げられたのですが、あまりに私がやり直しを
お願いしてしまったため、教室にお持ちになるのを躊躇されてしまいました。
しかしお持ち頂けたものは上の画像のように大変綺麗な仕上げだったのです。

どこがいいかというと、全体の形です。
主に輪郭線で決まりますが、元々の欠損なりに仕上げるとしても、ある程度
ご本人のお好みが出ます。
これがとても円満な形に描かれており、好感度が高いのです。
いずれ銀泥が程よく硫化したところで、硫化止めを行う予定です。

講師をしていて喜びの一つが金繕いをされていた器の完成を見せて
頂けることです。
様々な過程を踏んで再び使えるようになった器を見ると、充足感に
満たされます。
どうぞ完成した器はお手数でも教室にお持ちください。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

急須蓋の補強

よみうりカルチャーセンター大宮教室のSさんの作品を
ご紹介致します。
急須蓋が割れたのを接着し、補強もされました。

金繕い 金継ぎ 急須蓋
金繕い 金継ぎ 急須蓋内側

かなりバラバラに割れていた急須蓋でしたが、接着後、蓋の内側の
目立たない部分で補強されました。
持ち主であるご友人は、どこで補強されているのか、わからないかも
しれません。

それもSさんがしっかり段取りした上で接着され、丁寧な仕事ぶりで
仕上げられていることに大きな理由があります。

ご本人としては表の仕上げの線が不本意だとおっしゃるのですが、
全体の完成度から見れば、大した問題にはなりません。

昨今「簡易金継ぎ」なるものを提唱される方もいらっしゃいます。
それはそれで需要があるのですからよいと思いますが、やはりSさんの
ように手間がかかる技術にも挑まれ、美しい完成品を見ると、本来
金繕いとはこうあるべきと思わずにはいられません。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

仕上げも上手

NHK文化センター柏教室のMさんの作品をご紹介
致します。

金繕い 金継ぎ 接着

割れてヒビも入った器を接着されました。
少々変わった形に割れていたのが、仕上げをすると面白く
なりました。

金繕い 金継ぎ 大鉢 欠け
金繕い 金継ぎ 大鉢 欠け

Mさんは欠損を埋めるのが得意とおっしゃる通り、お上手なの
ですが、仕上げも綺麗です。
上の画像の大鉢は、大きく欠けていたのを仕上げられました。
タイミングが良いので、金泥の光沢が冴えています。

Mさんは仕上げに苦手意識があるからこそ、一度で諦めてしまわず、
納得いくまでやり直しをされます。
仕上げは場数で上手になりますので、このやり直しが良いのだと
思います。

これは是非皆さんに参考にして頂きたいところです。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

モダンアートの蓋

NHK文化センター ユーカリが丘教室のIさんの作品を
ご紹介致します。
急須の蓋が割れたものを接着されました。

金繕い 金継ぎ 急須蓋

急須全体で見ると民芸調の鄙びた感じのものなのですが、金繕い後の
蓋の状態はモダンアートのようです。
仕上げ線を太めに描かれているのも、蓋の感じに合っています。

現状では銀泥の仕上げ部分が白いのですが、硫化後には飴釉に馴染む
予定です。

ちなみに裏面には補強をして頂いています。
急須の蓋は熱がかかる上に、ツマミを持ち上げるので、補強が必要です。
蓋の形状によって、お勧めする補強方法が違いますので、教室で確認して
下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

把手の補強

NHK学園市川オープンスクールのHさんの作品をご紹介致します。
デミタスカップの把手の割れを補強されました。

金繕い 金継ぎ 補強

補強の方法はいくつかありますが、Hさんの作品の場合、把手の
内側に補強材を入れて頂きました。
この方法のメリットは把手の外側に仕上げが出ないので、器の印象を
あまり変化させないで済むことです。

カップをもう一度お使いになりたいという場合、この補強は必須に
なります。
ただ接着しただけだと、耐久性に不安があります。
熱い飲み物を入れるカップですから、もしもの時には火傷の危険性から
逃れられません。
補強は相応の手間と時間がかかりますが、不安なく使えるというのは
重要です。

補強の方法は、割れた箇所、把手の太さ等々で変わってきます。
把手の金繕いをご検討の方は、一度教室でご相談下さい。

Hさんは仕上げを銀泥でなさっておられます。
少し硫化すると釉薬に馴染んだシャンパンゴールドになると思います。
その馴染んだ姿が想像できるくらい、大変完成度の高い仕上げになり
ました。


カテゴリー: 基本のき, 生徒さんの作品 |

溝を再現

NHK学園市川オープンスクールの生徒さんの作品を
ご紹介致します。

金繕い 金継ぎ 溝
金繕い 金継ぎ 欠け

萩焼の大鉢です。
欠けの修復をされました。
特に裏面は轆轤目の溝まで再現されました。
その結果、とても器に馴染んでいると思います。

溝まで再現するのは手間がかかるのですが、そこを惜しまず作業
すると、より完成度が上がります。
洋食器でもレリーフが入っている器は、珍しくありません。
手がける方には、ぜひお勧めしたいと考えています。

この大鉢はご友人のものなのだそうです。
きっと喜ばれることでしょう。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

着彩する3

NHK文化センター ユーカリが丘教室のSさんの作品を
ご紹介致します。

金繕い 白鳥 着彩3
金繕い 白鳥 着彩3

縁の青海波様の文様を描き起こされています。
染付けの柄を描き起こす場合、セオリーとしてお勧めしているのは
銀泥を使うことです。
このお皿がご友人からの預かりものだったため、銀泥の硫化が丁度良い
ところで硫化止めをすることが難しかったことから、新うるしの
青を使って代用することを思いつかれました。

まず太い線を描かれているのですが、これに細い線も足していけば、
狙い通りになるのではないかと思います。

金繕い 白鳥 着彩3

こちらの網目文様も描き起こすか悩まれたのですが、とりあえず
今後の課題となりました。

金繕いの完成は器の魅力を損なわないことにあると思いますので、
どこまで着彩すべきか悩まれる所だと思います。
金繕いの箇所が大きい場合は大変効果的な方法ですが、多用すると
チープになる可能性もあります。
引き際を考えてなさると良いのではないでしょうか。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

小さい欠け

NHK文化センター千葉教室のSさんの作品をご紹介致します。
縁の小さな欠けです。

R0000945
R0000946

よくある破損で、初心者としては最適な金繕いなのですが、
仕上げをするにあたっては意外に苦戦されることが多い
タイプです。

たっぷり蒔下の弁柄漆を塗っておくと定着がよいという誤解が
多く、小さい割に塗り過ぎで失敗されることがあります。

Sさんも塗り方の練習をされてから、この仕上がりに到達され
ました。

常々ブログでも書いている通り、理屈はいろいろお話しできますが、
いきなり出来るとは限りません。
相応の練習を積んでから、行うことをお勧め致します。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |