カテゴリー別アーカイブ: 生徒さんの作品

粉引の縁

NHK文化センターさいたまアリーナ教室のOさんの作品をご紹介致します。
粉引の小鉢の縁がたくさん欠けていました。

粉引は素地と化粧土の活着が悪く、縁がボロボロと欠けてしまう場合があります。
基本的に欠けは全て埋めて頂きますが、悩まれるのは多数の仕上げをどうするか
ということだと思います。

粉引の色には金が合うので金でもいいと思いますが、目立ち過ぎると感じる方も
多くおられます。
その場合にお勧めしているのは銀泥の仕上げです。

銀泥が硫化する初期の過程でシャンパンゴールドになります。
この時が粉引の色に自然に馴染みます。

Oさんも多数の欠けを丁寧に埋められました。
銀泥の色は頃合に止めて頂ければと思います。


カテゴリー: 基本のき, 生徒さんの作品 |

蘭鉢の金繕い

NHK文化センターさいたまアリーナ教室のFさんの作品をご紹介
致します。
蘭鉢の割れの金繕いです。



蘭鉢とは蘭を植えるのに適した鉢のことを言います。
一般的な鉢と同様、屋外に置かれることから割れやひびが入った場合、補強を
することが必須になります。
根張りの他、結露で再破損してしまうからです。

Fさんの場合、接着した後、縁の下に糸を巻く方法で補強されました。
接合線と同様に釉薬に馴染む薫銀泥で仕上げられたので、違和感がないと思い
ます。

内側を見て頂くと、仕上げをしていないことがお分かりになると思います。
これは蘭を植えると内側には土が入るので、仕上げが必要ないからです。
鉢の金繕い独特の手法と言えます。

Fさんの丁寧な仕事で蘇った鉢には既に蘭が植えられていること思います。
釉薬に馴染んで目立ちはしませんが、鉢として再び使えるいい作品です。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

渦巻き

NHK文化センター千葉教室のNさんの作品をご紹介致します。
煎茶茶碗のひびです。

意匠にも見えてしまうくらい印象的なひびの形です。
これを止めるのは問題ないかと思いますが、口径の小さい煎茶茶碗で綺麗に
仕上げることは大変です。
Nさんは苦労なさったと思いますが、美くしく仕上げなされました。

そもそもこのようなひびが生じた原因ですが、製造段階の問題の他、保管
しているときに重ねていることも考えられます。

このひびの形が当然、表にも影響したわけですが、こちらは絵付けを再現
するようにされました。

黄色の絵柄は「仏手柑」というミカン科の柑橘類で人間の手のような形をして
います。
日常ではあまり見かけませんが、お正月の縁起物として茶席に使われます。

その仏手柑を跨いでしまった仕上げの線に輪郭の黒い線を入れただけで、特徴的
な形がしっかり蘇りました。

Nさんがお返しになった持ち主はとても喜ばれたそうです。
大変でも喜ばれることが金繕いの達成感ですね。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

着彩する

藤那海工房 西登戸教室のOさんの作品をご紹介致します。
繊細な柄のマグカップの割れです。


内側の状態を見て頂くと分かるように、割れと長いひびが入っています。
これが表になると繊細な絵付けを跨ぐように仕上げの線が入ってしまいました。

そこでOさんが行ったのが絵付けに合わせた着彩です。
新うるしの色を調合して絵付けの色に合う色を作り出し、仕上げの線の上に
着彩されました。

この方法はブログでも度々ご紹介していますが、器本来の絵付けを戻すような
感じになるので、Oさんのマグカップのように絵付けが大事な器の場合には
とても有効です。

ただ単純に色を混ぜればいいというものでもないので、試してみたい方は
あらかじめご相談下さい。

Oさんのマグカップの作者は婦人画報の表紙を飾るくらいファンの多い方です。
柄を蘇らせる意義は高かったと思います。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

つくし

新年最初にご紹介するのはカルチャークラブ公津の杜教室のSさんの
作品です。


お皿の割れを接着されたのですが、その接合線がお皿に元々あったつくしの
柄を潰していました。
そこで割れの仕上げの金泥の上からつくしの絵を真似て点々を銀泥で描いて
頂きました。

銀泥はいずれ硫化して染付の柄に馴染みます。
つくしの柄が自然に見えるようになるはずです。

ちょっとした工夫ですが、少し手間を加えて頂くだけで仕上がりが一段と
良くなります。
今年もそのような工夫をされた方をご紹介していきたいと思います。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

祝!入選

先日、終了した「カルチャー芸術祭」で入選を果たしたカルチャープラザ
公津の杜教室のMさんの作品をご紹介致します。


フリーカップの割れです。
義母様の持ち物で、以前にも座部が欠けていることから、接着後、再破損
しないように内側を和紙で補強してあります。

外側から見るとかなりバラバラに割れているのがお分かりになるかと思います。
しかし内側は和紙を貼った後を完璧に平滑に磨き上げられ、真鍮箔を貼って
います。

もちろん割れの仕上げも完璧に美しいのですが、内側がとても綺麗に磨いて
あり、平滑に箔が貼られているので、これが一見して和紙の補強とはお分かり
にならないと思います。

ここまでの美しさを実現したのは、一重にMさんの丁寧な作業に他なりません。
誠実に作業を積みかねたからこその美しさなのです。
入選は当然の結果と言えます。

カルチャー芸術祭に出展して頂いた生徒さんの作品を見て、ご自分の作品の
やり直しを決めた方がおられます。
Mさんの作品は、そういう気持ちに導く力のある作品です。


カテゴリー: 基本のき, 展覧会•イベント, 生徒さんの作品 |

お母様の陶芸作品

藤那海工房 金繕い教室のKさんの作品をご紹介致します。
たくさん仕上げて来て下さった中でも、陶器はお母様の陶芸作品です。



素人離れしたクオリティーの高い陶芸作品なので、金繕いがことの他
映えるように思います。

陶芸をなさる方にも金繕いは好評で、破損させた物ばかりでなく、焼成が
上手く行かなかったものも復活させることが出来ます。

コツコツと作業を重ねるKさんは地道に作品を完成させて下さっています。
時間がかかる金繕いではありますが、頑張って続けて頂きたいと思っています。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

美しい鳥脚

NHK文化センター柏教室のMさんの作品をご紹介致します。
小鉢の割れの接着です。


鳥脚型の割れは良くある形です。
衝撃を物理的に逃した結果、この形になるので、自然で美しい形だと思います。
この形が染付の柄に金泥で映えて、さらに美しく見えるかと思います。

Mさんの作品は度々紹介させて頂いておりますが、これだけ美しい仕上げになる
のは、Mさんの妥協しない姿勢にあります。

「この程度で」と妥協していると、妥協した作品を量産することになります。
まず使えるようになることも大切ですが、完成度の高みを深めてみることを
お勧めしたいと思います。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

金が合う

JEUGIAイオンモール八千代緑が丘教室のKさんの作品をご紹介
致します。
金彩の入ったフリーカップの欠けの金繕いです。


元々金彩が入った器でしたので金泥の仕上げが馴染んでいます。
欠損は小さい欠けですが、日常で生じるのはこのような欠けがほとんどだと
思います。
これが難なく直せるようになると器を使うのも気持ちが楽になるかと
思います。

金繕いのカリキュラムは欠けの修復から始まります。
金繕いへのチャレンジをしてみませんか?


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

漆繕い

NHK文化センター柏教室のKさんの作品をご紹介します。
縁の小さな破片の割れでした。


上の画像で奥の縁にあるのが金繕いした部分です。
元々白地に茶色の鉄釉でアーティスティックな絵付けがされている
お茶碗でした。

Kさんのアイディアは欠損部分にプラスしてアートな感じの絵付けを
足したことです。
外側から見ても違和感なく絵付けを繋いでいます。

現在「金繕い」とか「金継ぎ」と呼称されているので、仕上げは金属粉で
蒔絵したものと考えておられるかもしれません。
しかし歴史的に見ると漆の色で仕上げられた漆繕いが原点です。

仕上げの選択肢に漆の色も加えてみて下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |