カテゴリー別アーカイブ: 生徒さんの作品

箸 復活

NHK文化センター 千葉教室のNさんの作品をご紹介します。
鉄木のお箸の修復です。
鉄木とは幹が鉄のように固い、または密度が高く重い樹木の呼称で、
お箸によく使われています。

事の発端は事故とも言えることでした。
キッチンのシンクに流した漂白剤に鉄木のお箸が浸ってしまったのです。
表面が白く変色してしまいました。

幸いすぐに洗い流したので表面的な損傷に止まったようでした。
そこでまず傷んでしまった部分を削りおとして頂きました。

その後、お好みの色の新うるしを数回擦り込んで頂いたところ、復活を遂げ
ました。


今回は漂白剤による事故でしたが、そうでなくてもお箸は使用で色が
白っぽく変わってしまいます。
今回と同様に修復が可能ですし、さほど時間もかかりません。

陶磁器の金繕いはそれ相応に時間がかかりますが、早めに直るお箸の修復で
気分転換もいいかと思います。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

レンゲの金繕い

カルチャープラザ公津の杜のIさんの作品をご紹介します。
レンゲの金繕いです。


縁が繊細に薄いレンゲなので、何箇所か欠けてしまっていました。
これを丁寧に埋めて仕上げをして頂きました。

特に工夫したのが一番大きなサイズの欠けの部分です。
元々あった花柄のように金泥の上から銀泥でラインを描いて共通感を
出したのです。

柄の欠けが一部、共通感が出たことで元々の柄に馴染み、たくさん欠けがある
印象が少なくなったかと思います。

そもそもレンゲも金繕いが出来たのかと思われたかもしれません。
陶磁器製であれば器と同様に金繕いが出来るのは言うでもありません。

お箸と共に食卓にあるものです。
破損してしまったら金繕いをお考え下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

渋い仕上げ

港北カルチャーセンターのMさんの作品をご紹介致します。
大皿の欠けの仕上げです。


黒のマット釉の縁が複数箇所、欠けていました。
欠損の埋めが終わって仕上げに薫銀泥をお勧めしました。

薫銀泥の仕上げは他の方にもお勧めして素晴らしい作品が完成しています。
Mさんの作品も完成時から釉薬に馴染んで渋い仕上がりになりました。
複数箇所の欠けも気にならなくなっています。

Mさんは受講開始からある程度時間が経って、工程の流れが把握できた
ところで続々作品が完成しています。

今後の完成も楽しみにしています。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

本漆の接着

藤那海工房・木曜クラスのIさんの作品をご紹介致します。
本漆による大鉢の接着です。

生徒さんの作品を完成品でなく、作業初期をご紹介するのは初めてです。
なぜご紹介しようと考えたかというと、本漆の接着は新うるしより難しい
からです。

そもそもある程度粘り気のある新うるしでの接着は粘りがあって、多少の
無理が効きますが、本漆の接着は調整のタイミングが絞られていて、無理
は禁物というのが実感です。

Iさんの大鉢はひと抱えもある大きなもので、厚手の陶器ですから重さも
あります。
それがバラバラになっているのですから、形を整えるだけでも大変だった
はずなのですが、見事成功されています。
これは是非、途中段階でもご紹介させて頂かなければ!と撮影させて頂き
ました。

ここまで整っていれば後の欠損を埋めて仕上げをするのは難しくないと
思います。
今から完成が楽しみな作品です。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

前向きに隠す

NHK文化センター柏教室のAさんの作品をご紹介します。
Aさんは面白い工夫をして下さるので、度々ご紹介させて頂いて
おりますが、今回は問題を逆手に取った工夫をされています。


真ん中のウサギの柄のところにひびが入っていました。
そのひびに入り込んだ汚れが漂白してもなかなか落ちないので、仕上げの
銀泥を砂子散らし風に散らして隠されました。
銀泥はいずれ硫化して染付けの柄のように見える予定です。

骨董の場合、長い間かけて汚れが入っているので、簡単には落ちない場合
があります。
もちろん時間をかけて漂白するのも良いかと思いますが、Aさんのように
前向きな仕上げでカバーするというのも良い方法だと思います。

もう1点。
割れを接着されたものです。
赤系の釉薬に金泥が映えて美しい作品になりました。
中央に写っている大きな欠損もワンポイントになっています。
「金繕い」マジックですね。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

芸術的な線

先般、盆栽鉢の漆繕いをご紹介させて頂いたNHK文化センター柏教室の
Hさんの作品をご紹介致します。


割れの接着です。
接合線が複雑な形をしていて、ちょっとしたアートに見えます。
人間が考えて出来る形ではないのが面白いところです。

銀泥で仕上げられていますので、いずれ硫化して染付けの柄に馴染んで
いきます。

ちなみにこの柄は「十草紋様」と言います。
道具として使っている物の柄とはご縁があるものです。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

鉢映り

NHK文化センター柏教室のHさんの作品をご紹介致します。
盆栽鉢の漆繕いです。


黒系の釉薬の盆栽鉢ににゅうが数本入っていました。
幸い深刻な状態ではなかったので、ひび止め自体を黒で行い、目立たなく
して頂きました。

鉢の内側にその痕跡が残っていますが、土を入れれば見えなくなってしまうので
問題ありません。

出雲大社ヤブツバキを植えられたところです。
漆繕いした部分が正面にあるのですが、全くわかりません。

ここで「鉢映り」という言葉を教えて頂きました。
盆栽の世界では木と鉢の相性を重要視されるそうで、その様子に関して鉢映り
という表現が出てきます。

Hさんの作品の場合、濃い赤の花をつける出雲大社ヤブツバキと黒い釉薬の
鉢は「鉢映り」が暗いとなるようです。
ダークな色味同士を合わせると引き立たて合わないということだと解釈しました。

色彩学では「美度」という数値を算出します。
色相、トーンが乖離しているほど美度が高くなります。
恐らく美度が高ければ高いほど鉢映りがよくなるのではないかと推察しています。
いい勉強をさせて頂きました。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

港北カルチャーセンターのTさんの作品をご紹介致します。
欠けの仕上げを器元々の柄に合わせて加飾されました。


ベースを金泥で仕上げて、葉脈、蔦を銀泥で仕上げられています。
蔦が巻いている様子も描かれているので、より器元々の柄に馴染んでいる
と思います。

ちょっとしたことですが、描き加えられることでより自然な感じになります。
仕上げに一手間加えてみませんか?


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

花器の金繕い

NHK文化センター柏教室のKさんの作品をご紹介致します。
笠間焼の花器の金繕いです。
ひびが2本入っていました。


正面の両サイドにひびが入っていたのを止め、表面の欠損を埋めた後、
焼締のザラザラとした感じに合わせて点々と銀泥で仕上げられました。
銀泥が硫化してくると焼締に馴染んでくる予定です。

通常通り仕上げをしてしまうと直線でしっかり線が見えてしまいます。
それを極力目立たないように点々と仕上げをされた訳です。
実はある道具を使ってほとんどの作業を行なった後、手描きで点を加えた
という大変な労作でもあります。

器の状態に合わせて仕上げの表現を変えるという柔軟な考えは他の
方にも参考になると思います。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

同じように描く

NHK文化センター柏教室のUさんの作品をご紹介致します。
縁に生じた欠けです。

画像のほぼ正面に欠けがありました。
それを器に元々描かれている赤い実と葉の絵付けを同じように描いて
隠してしまわれました。

赤と緑の色が新うるしで出しやすい色だったこともありますが、全く
違和感がありません。

金銀で仕上げるのもいいですが、このような攻めるアイディアは大歓迎
です。
金繕いには「こうでなければならない」はありません。
どうぞ自由に発想してみて下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |