カテゴリー別アーカイブ: 生徒さんの作品

金銀使い分け

NHK文化センター柏教室のTさんの作品をご紹介致します。
粉引の釉薬にグレーと赤茶のラインが入った、温かみとモダンさ
を合わせ持ったオシャレなお皿です。


縁が点々と欠けていたのを丁寧に埋められ、金泥でまとめて
仕上げられました。
グレーと赤茶のラインの部分は銀泥に変えて頂いています。

これは粉引は金が馴染みますが、ラインの部分は逆に際立ってしまう
からです。
銀泥が少し硫化したところで止めの作業をして完成となりました。

少しの手間で器本来の印象を変えずに、綺麗に仕上がっていると
思います。
他の教室の方々にも是非参考にして頂きたい方法です。

Tさん、続きのご説明をさせて頂くのを願っております。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

壺屋焼の金繕い

NHK文化センター ユーカリが丘教室のYさんの作品を
ご紹介致します。
沖縄・壺屋焼の小鉢です。


壺屋焼をお持ちになる方は多くないのですが、益子焼などと共に
民芸のカテゴリーに分類されることが多い陶器です。
今回金繕いなさった器は、伝統的な彫りが入って彩色してあるタイプです。
この鄙びた絵柄に金泥の仕上げの線がとても合っています。

この作品を見て頂ければ、仕上げの線は器に合っていることが大切
ということがわかって頂けると思います。

私に見せて下さるために、一度お嬢様に返却された器を再度お持ち下さい
ました。
お手数はおかけしましたが、大変良い完成度で、本当に嬉しく思いました。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

鳥脚コレクション

NHK文化センター柏教室のKさんの作品です。
たくさん仕上げて来て下さいました。

割れた先が三つ又に分かれる状態を「鳥脚」というのですが、
全て見事に鳥脚です。

器の大きさの鳥脚の形に違いがありますが、バリエーションの
紹介のように見えるので、このような形で撮影させて頂きました。

今後手直しをした方が良いものは修正をして頂き、完成となった
ものは日常の生活に復帰です。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

リボン

NHK文化センター柏教室のHさんの作品をご紹介致します。
ティーバッグトレーの割れの接着です。


実は接着の際に一部ずれてしまい、幅広く仕上げざるを得なかった
のですが、それを逆手に取ってリボン風に仕上げられました。
これが総柄のトレーに合って秀逸のアイディアです。
さらに金箔を使われたのも、柄のイメージにとても合っています。

リボンの蝶々結びの部分はいいデザインが見つからず諦めたそうですが、
今後気に入ったものが見つかった際には描き加えても良いかと思います。

Hさんは先日ブログでご紹介した月に霞を加えた仕上げをなさった方で、
マイナスをプラスに変えるアイディアに富んでおられます。
今後も楽しい仕上げをお見せ頂くのを楽しみにしています。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

いろいろ完成!

藤那海工房金繕い教室土曜クラスの生徒さんがいろいろ完成
させてこられました。

まずSさんの作品。
割れの接着の練習としてなさったお皿なのですが、少々複雑に
割れていたので、完成まで時間がかかりました。
完成してみると複雑な形が絵になっているので、これも苦労の
しがいがあるというのでしょうか?

次はUさんの作品です。
安藤雅信さんの小皿の割れを金繕いされました。

安藤さん独特の白いお皿で、少しひしゃげているところが愛嬌に
なっています。
一度接着剤で接着されていたのを剥離して金繕いされました。
金泥の仕上げが潔く、綺麗に仕上がっています。

実はこのお皿、ネットオークションで破格の値段でお求めになった
そうです。
練習台と言えども気に入ったものが手に入るなら、ネットオークションも
いいのではないかと思いました。

Uさんの作品をもう1点。



マット釉の薄手の大鉢です。
薄手のものは形を作るのが大変で、さらにマット釉は作業中にとても
気を遣います。
さらにシンプルで綺麗な形に合わせて仕上げするのも難しいところが
ありました。

Uさんは全ての難関をクリアして完成に漕ぎ着けました。
根気よく作業される方なので、その成果が出ていると思います。

土曜日クラスでは呼び継ぎが流行しています。
合わせの妙を楽しんで頂いていますので、完成が楽しみです。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

どんどん上達

NHK学園市川オープンスクールのSさんの作品をご紹介
致します。
大皿の欠けの金繕いです。


温かい粉引の釉薬に金泥が映えています。
欠損の埋め方が綺麗な上に仕上げも綺麗なので、完成度がとても
高いです。

こちらも欠けの金繕いです。
縁の柄と仕上げた金泥が違和感なく共存しています。

上の画像の大皿も、この飯茶碗も欠損通りではなく、Sさんの
お好みの形に仕上げられています。
欠損の埋め方が完全にフラットになされていれば、お好みの
形に変えての仕上げが可能になります。

時々ブログにも書いていますが、お好みに形を変えた場合、
その方のお人柄が表れます。
今回もSさんの穏やかなお人柄が表れているのも、好感度が高い
理由だと思います。

この日お持ちになっていたお抹茶茶碗は、新しく仕上げた部分と
以前仕上げた部分の2箇所の金繕いがありました。
その二つで格段に仕上げの技術が向上されているのがわかりました。
以前の仕上げをやり直しされることになったのですが、またさらに
上達されることでしょう。
拝見して、とても嬉しくなりました。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

仕上げいろいろ

藤那海工房 金繕い教室月曜クラスの方が仕上げをして下さい
ましたので、ご紹介したいと思います。

まずOさんの箸置きです。

角が欠けてしまっていたのを埋めて、銀泥で仕上げられました。
濃い紺色の釉薬なのですが、銀泥がワンポイントになっています。
Oさんご自身も満足の完成になりました。

このように修復前と景色が変わるのが、金繕いの面白さだと思います。

次はMさんの蕎麦猪口です。


ひびが2本入っていたのを止めて、仕上げられました。

仕上げの際、難しかったのが底面までひびが入っていたところです。
この蕎麦猪口の場合、口径が小さく、手が入りません。
そのような場合には筆の持ち方から手順まで、検討して行う必要が
あります。

Mさんは作業がとても綺麗な方なので、仕上げも綺麗に上がりました。

お二人とも金繕いを続けておられる器があります。
次々完成してくるのが楽しみです。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

4箇所

NHK文化センター千葉教室のNさんの作品をご紹介致します。

飯茶碗の縁の欠けの金繕いです。
白化粧土に金泥が映えて、綺麗に仕上がりました。

これを上から見ると、

四角形が描けそうな位置に欠けがあったのです。
ご本人によりますと気がついたらこのようになっていたそうで、
どの順に欠けたかも明確ではないそうです。

使い手は器を上から見ますので、このような面白さを毎回感じながら
お使いになれると思います。
これを破損の妙というのでしょうか。
偶然が作るものは、人間は叶わないと思うことがあります。

ところで4か所は同時に仕上げられてはいません。
欠損を埋められたものから順に仕上げをして頂きました。
これは一度に仕上げを行うと4か所全てが同じ力量になりますが、
時間差があると徐々に上達をするからです。

仕上げは場数を踏むことが大切です。
金泥の包みを開き蒔く準備をする手順も、蒔き下を描く力も、
何度も行えば慣れて緊張がほぐれるかと思います。

もし失敗があったとしても挽回のテクニックはたくさんあります。
どうぞ積極的に仕上げにチャレンジしてみて下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

霞で加飾

NHK文化センター柏教室のHさんの作品をご紹介致します。

湯のみの欠けです。
面白い取り組みをされたのが、欠けを月に見立てて丸く仕上げられ、
両サイドに金で霞を入れられたところです。

これには理由があって、欠けの形が変形で「吹き出し」のような
形をしていたことです。

これを霞で上手く隠されたところが素晴らしい発想です。
かなり小さい範囲ですので、霞の形にするのに随分工夫された
そうです。

同柄の形違いの器を幾つかお持ちなのですが、お猪口はほぼ同じ
位置が欠けていました。
霞の有無でお揃いのような仕上がりです。

このような霞の作り方には幾つか方法があります。
同じように仕上げてみたい方は、あらかじめ教室でご相談下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

割れ寸前からの復活

NHK文化センター ユーカリが丘教室のFさんの作品を
ご紹介致します。
全長50cmほどの大型の花器のひびでした。



金繕い完了後からは想像出来ませんが、かなり深刻なひびで、
割れる寸前だったのです。
しっかり養生を行い、綺麗にひびが止まりました。

Fさんご本人は仕上げの線をもう少し細くしたかったそうなのですが、
花器の大きさからすると、これくらいの堂々とした線の方が合うと
思います。

花器自体のダイナミックさに仕上げの良さが加わって、とても格好
いい金繕いになりました。

深刻なひびの場合、よく質問があるのが、割ってしまった方がいい
のではないかということです。
しかしどんなに深刻なひびでも割ることはありません。
というのは割れの接着の方がズレが出る可能性があるので、割らずに
養生をしっかり行うことでぴったり合わせます。

この際の養生の仕方や、合わせ方については、器それぞれで違いが
ありますので教室でご確認下さい。


カテゴリー: 基本のき, 生徒さんの作品 |