カテゴリー別アーカイブ: 生徒さんの作品

葉型大皿の割れ

NHK学園市川オープンスクールのIさんの作品をご紹介致します。
葉型の大皿の割れの接着です。

幅40cm超もある作家さんものの陶器の大皿です。
表から見ると真っ二つに割れた接合線しかわかりませんが、実は裏面で
しっかり補強してあります。

これだけの長さがあり、厚み、重さもあるお皿が真っ二つに割れたものを
ただ接着しただけでは再破損の恐れがあります。
そこで裏面から補強して頂いたのですが、工程ごとに工夫が必要です。
その分、安心してお使い頂ける事は保証致します。

このお皿はIさんのご友人のものだそうです。
お返しになられたら、その工夫にきっと驚かれると思います。
そして再びテーブルで主役となって活躍してくれる事でしょう。

根気よく作業されたIさんに拍手です。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

1本の線

NHK文化センター千葉教室のYさんの作品をご紹介致します。
欠けの金泥の仕上げにひと工夫されました。

偶然、器の柄の赤色と金繕いに使っている弁柄の色が同じ色だったので、
金泥の仕上げの上から縁の線の続きのように入れて頂きました。

1本の線ですが、欠損で途切れたところを補うだけでイメージが変わります。
なかなかこのようなラッキーなケースばかりではありませんが、ひと手間で
終わりますので、チャレンジして頂きたい工夫です。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

ガラスの写真立て

NHK文化センター ユーカリが丘教室のWさんの作品です。
ガラスの写真立てが割れてしまっていました。

接着の断面が薄い為、そのまま接着しただけでは上手くいきませんでした。
そこで裏面から金属棒で補強。
ようやく上手くいきました。
金属棒は見えますが、違和感がない仕上がりになったと思います。
このように上手くいったのはWさんの根気強い丁寧な作業の結果です。

金属棒に限らず、支えを入れることで再使用が可能になるものは多くあります。
スプーン類は良い例です。

それぞれ手順に違いが出ますので、教室でご相談下さい。


カテゴリー: 基本のき, 生徒さんの作品 |

目立たせない金繕い

よみうりカルチャー大宮教室のYさんの作品をご紹介致します。
黒楽の抹茶茶碗です。


黒楽茶碗といってもいわゆる引き出し黒のものではなく、マットでグレーがかった
色のものです。
垂れた釉薬も雄々しい景色を作っており、個性的なお茶碗です。
そこにひびが入っていました。

黒楽はひびが深刻でなければ目立たなく直すことも可能ですが、Yさんのお茶碗は
上記のような景色にしっかりひびが入っている状態でした。
ですので仕上げをして頂かざるを得なかったのですが、銀泥を硫化させて極力
目立たせない色に変化させました。

近年敢えて金繕いの部分を目立たせる形で仕上げる方もおられますが、本来、
金繕いは器に対して従の関係であるべきで、主張するならばより器がよくなる
方向でなければ行うべきではないと考えます。

そういう意味でYさんの作品は目立たない形での金繕いのあるべき姿だと思います。

 


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

マグカップの把手

NHK文化センター柏教室のAさんの作品をご紹介致します。

マグカップの把手が折れてしまうのはよくあることだと思います。
今までのブログでも補強をする方法、取り除いてしまう方法など
様々な手段をご紹介してきました。

Aさんはその内、取り除いてしまう方法を選択されたマグカップが
完成しました。

取り除いた状態でフリーカップとして使われる方もおられますし、ペン立て
など食器ではない用途にされる方もおられます。

把手は取り除いたとしても座の部分はどうしても残ります。
Aさんの作品は飴釉の色と金泥が合って、あまり違和感がないと思います。

割れの接着の他、窯傷として凹みがあったのを金繕いされました。
染付けの柄の場合、白地は金泥で仕上げて染付け部分を銀泥で仕上げ、
硫化を待って馴染ませる場合がよくお勧めする方法です。

Aさんの場合、全体を銀泥で仕上げた後、白地は色止めして銀色のままに
して、染付けの柄の部分は硫化を待つという方法をお勧めしました。
いずれにしろ接合線で柄が切られている感じを緩和することが出来ます。

なお色止めの方法は必ず練習が必要です。
手順は教室でご確認下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

目立ちにくい補強

NHK文化センター柏教室のKさんの作品をご紹介致します。
急須の蓋の補強です。


度々急須の蓋の補強はご紹介しておりますが、補強の理由は湯気がかかって
熱くなることと蓋を置き外しがあることからです。

Kさんの作品の場合、蓋の内側に絵柄がありましたので、通常の方法では
補強が出来ませんでした。
ではどこで補強したかというと弁柄色になっている部分、つまり急須本体と
接する縁です。

ここを和紙で補強していますが、全くわからなくなっていると思います。
また弁柄色は新うるしの色そのままですが、元々の意匠のようで違和感がない
と考えています。

一口に補強と言ってもいつも同じ方法が取れるとは限りません。
そういう意味でKさんの作品は、いい勉強になりました。

Kさんの作品をもう一点。
万作さんという作家さんの小皿です。
磁器なのですが手びねりのざっくりした作りとおおらかな絵付けが人気の
作家さんで、お持ちの方も多いと思います。

実は接着がずれてしまったので、仕上げの線も太くせざるを得なかったの
ですが、それが幸いして器の意匠に合った仕上げになっています。
度々仕上げの線は器に合わせてとお話ししていますが、こちらの作品も
好例と言えるでしょう。
是非参考になさって下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

堂々たる仕上げ

NHK文化センター ユーカリが丘教室のKさんの作品をご紹介致します。
厚手の大皿の割れを仕上げられました。

のりうるしで接着後、欠損がかなりあり、埋めるのに時間が必要でしたが、
仕上げに漕ぎ着けられました。

とかく仕上げというと細い線を描かれようとする方が多いのですが、Kさんの
お皿のように陶器のざっくりした質感のものですと太めの線の方が似合います。

少々埋まり切っていない欠損や蒔下漆の塗り足りないところがありましたが、
これは修正していけばよいことなので、全く問題ありません。

ご覧の方には、この堂々とした線を参考にして頂きたいと思います。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

少し加筆

先日ご紹介しましたNHK学園市川オープンスクールのKさんの作品に
少し加筆して頂きました。


金泥の仕上げで遮られてしまった絵付けを金泥の上に加筆して頂いただけ
なのですが、随分印象が変わったように感じます。

主に染付けのブルーの線を描いていますが、面白いのが新うるしの色と
完全には一致していないのに、描いてみると全く違和感がないということです。
これは面積比の問題や下地の金泥の色に影響を受けているからだと考えられます。

加筆する際も大きな面積、長い線を描くのではないので、気楽に取り組めるのも
いいところではないかと思います。

該当する仕上げの場合にはオススメ致しますので、是非チャレンジしてみて
下さい。


カテゴリー: 基本のき, 生徒さんの作品 |

景色になる線

よみうりカルチャーセンター大宮教室のOさんの作品をご紹介
致します。
抹茶茶碗の割れです。


元々、目の荒い素地でだったので、割れの線も直線的ではなく、複雑
でした。
細かに欠損もあったので、埋めるのは大変でしたが、仕上げてみると
それが複雑さを生み、見どころになったかと思います。

成功の秘訣はご本人が細かい作業を根気よくなさるのがお好きという
ことに尽きます。
丹念に細部まで作業されたからこそ、この仕上げなのです。

細部の詰めを「大丈夫です。」とおっしゃって、あまりなさらない方も
おられますが、Oさんの完成度の高い作品をご覧になれば、大丈夫とは
お考えにならないのではないか思います。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

変形してズレる

NHK文化センター ユーカリが丘教室のTさんの作品をご紹介
致します。
骨董のお皿で、大きくひびが入ったものです。

ご友人が電子レンジにかけてしまってひびが入ったと金繕いを
依頼されたものです。
きっかけは電子レンジかもしれませんが、骨董の場合、素地の素性、焼成の
技術などに原因があることが考えられます。

証左はひびの入り方です。
通常のぶつけてしまったり、落としてしまったものとは違い、高台を取り
囲むように入っています。
また破損が入った時点で変形し、ひびがぴったり合わなくなっていました。

このような状態では色々対処しなければならないことがありますので、一度
教室にお持ちになり、手順をご確認下さい。


他にTさんがお持ちになったものです。
このあたりの金繕いは難なくこなされていますが、特にマグカップの大きな
欠けはとても綺麗に仕上がっています。
Tさんは以前は仕上げのクオリティーに悩まれていましたが、熱心な創意工夫で
この出来栄えです。
やはり努力は裏切らないということなのだと思います。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |