カテゴリー別アーカイブ: 生徒さんの作品

銀杏の抹茶茶碗

藤那海工房 金繕い教室のTさんの作品をご紹介致します。
かなり複雑に割れ、ひびの入ったお抹茶茶碗です。

あまりに痛々しい状態だったので、当初は銀杏を蒔絵して隠すことも
検討されましたが、まずは傷通りに仕上げをして頂きました。
その結果、淡いベージュの地色に金泥が馴染んだので、傷が目立たなく
なったのです。

そこでグリーンの葉の上にかかった部分だけ、色漆で染めるように塗って
頂きました。
実際は画像よりしっかり緑色がわかるので、より金泥の仕上げが目立たなく
なっています。

最近、傷通りに仕上げをするのではなく加飾する金繕いをなさる方が
増えてきています。
しかし安易に加飾に走るのではなく、じっくり器と向き合って、何がBEST
なのか見極めることが必要だとTさんの作品は教えてくれました。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

漆繕い

よみうりカルチャーセンター大宮教室のOさんの作品をご紹介致します。
大鉢が割れてしまったのを接着されました。

画像の器、右側の十時に入った線が接着の線です。
ご覧頂いて分かる通り、金属粉での仕上げではありません。
青色の漆で仕上げられています。

このように漆の色で仕上げることを「漆繕い」と言います。
現代では「金繕い」「金継ぎ」がポピュラーになっていますが、陶磁器の修復は
漆の色で仕上げる方法が原点でした。

Oさんの作品の場合、青色が器に入っている元々の柄の色とそっくりで、完成した
状態は元からこの意匠だったように見えます。
漆繕いの成功例と言えるでしょう。

漆繕いは金属粉を使わないので、ローコストと思われる方もおられると思います。
ただお茶道具では「格落ち」と言われてしまうケースもありますので、安易に
飛びつかない方が良いかと思います。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

マグカップの把手 補強

NHK文化センター ユーカリが丘教室のMさんの作品をご紹介致します。
マグカップの把手が割れていたのを接着し、補強されました。


補強は把手の内側に竹を入れる方法で行っています。
竹の加工や把手の形に馴染ませるのに時間がかかりますが、Mさんの作品のように
把手の表面に意匠があった場合、損なうことがないのがいいところです。

Mさんが工夫されたのが、把手の表面に出ている割れの線をもう1本描き足して、
元々のデザインのようにされたことです。
内側の金泥の仕上げと続き、さらに馴染みが良くなったと思います。

把手表面の薄紫色と金泥がとても綺麗です。
この美しさは補強の状態を根気よく埋められたMさんの作業の成果です。

こちらはご友人のものだそうで、返却されます。
さりげなく直された様に苦労は伺いしれないと思いますが、きっと喜ばれると
思います。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

繊細な縁

NHK文化センター ユーカリが丘教室のNさんの作品をご紹介致します。
繊細な縁を持つ湯さましです。


繊細な縁なので、どうしても欠けやすかったのだと思います。
点々と何箇所か欠けてしまっていました。

薄い厚みの欠けを埋めるのは、とても難しかったのですが、根気よく作業を
続けられ、ついに完成しました。
形、仕上げ共に大変綺麗に出来ています。

こちらは合わせて完成された小鉢です。
割れの線が元の柄と呼応して、一つの意匠になっています。

どちらの作品も丁寧に作業されるNさんならではの完成度だと思います。
それが顕著に現れたのが湯さましです。
時間がかかっても丁寧に作業することによって絶対の満足感が得られると
考えています。
皆様、この満足感に浸ってみたくはありませんか?


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

珍しい破損

NHK文化センター 柏教室のKさんの作品をご紹介致します。
珍しい破損があったお茶碗です。

金泥で仕上げた線の途中に円が描かれているのが、お分かりになるかと
思います。
これはデザインではなくて、この形通りに欠損があったそうです。
恐らくもう少し衝撃が大きければ表面が円形に薄く削げていた状態に
なったものだと思います。

お茶碗自体に円形の柄が入っているので、それに合わせたようになって
いるのが面白いと思います。


こちらはよくある円盤型の破損ですが、破片あり、ひびあり、欠損部分ありと
変わった形の仕上げになりました。
モダンな瑠璃釉のマグカップなので、金泥の仕上げが映えて面白い仕上がりに
なっていると思います。

柏教室は大きく欠損した器の修復に挑んでいる方が多いのですが、Kさんも
迫力の金繕いに挑戦されています。
こちらの完成も楽しみにしています。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

高台の欠け

NHK文化センター 柏教室のTさんの作品をご紹介致します。

色々完成させて頂きましたが、特にご説明したいのが高台が欠けていた
お皿です。
高台に破損があったとしても目に入らない部分のせいか、直さなくても
いいのではないかとおっしゃる方がおられます。
ただ器全体の重さを支えているのは高台ですし、欠けて表面の釉薬が
なくなり素地が見えているのは事実です。
ですので基本的に金繕いされるのをお勧めしています。

Tさんのお皿の場合、主に高台の内側が欠損していたので形がとても
複雑でした。
それを根気よく埋められて形も作り込まれて、完成に至りました。

他にも形が難しいものを金繕いされていますが、その経験が反映されて
画像に写っている小さい欠けやひびは難なく直されています。

フリーカップの欠けですが、ひびを伴い少々複雑な欠けになっていますが、
瑠璃釉に金泥が映えてとても綺麗な仕上がりになっています。

近いうちにTさんの作品をまたご紹介出来ると思います。
こちらも力作なので、お楽しみに。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

欠けの仕上げ

JEUGIAカルチャーセンター八千代緑ヶ丘教室のMさんの作品をご紹介
致します。

欠けの器をたくさん完成されました。
何も大変完成度が高いものです。




以前のブログにも書きましたが、欠けは日常お使いになる器で最も生じやすい
破損です。
これが難なく直せるようになるのが、一番良いのではないかと思っています。
そういう意味でMさんの完成度の高い作品は皆様の参考になるのではないかと
思います。

ただこれだけ完成度が高いのは慎重に丁寧に作業を重ねられたMさんの努力に
よるものです。
せっかく直してまた使われるのですから、飾っておきたいくらいの美しさが
あった方が気持ちがいいと思います。

Mさんはさらに複雑な破損の仕上げに挑まれています。
基本の力は付けられているので、こちらもクリアされると思います。
完成品を見せて頂くのを楽しみにしているところです。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

一気に完成

藤那海工房 西登戸教室のKさんの作品をご紹介致します。

作家さんもののマグカップです。
以前、柄ありのバージョンを完成されていますが、こちらは同型で無地
です。
仕上げた金泥が景色になりました。

ひびの修復をされました。
緑釉に仕上げの金泥が映えています。


大鉢、皿の欠けです。
日常で多い欠けの仕上げがこのように完璧に出来るようになるというのが、
一番良いことではないかと思います。


割れ2点です。
上の猪口は錦手に金彩が華やかです。
野点の茶箱の茶巾入れにするそうです。

下の小さい破片の接着は、実は注意が必要な割れ方です。
このように綺麗に直されるためには、コツを教室で確認下さい。

常滑焼の急須です。
蓋が小片の接着、本体が欠けでした。

常滑焼は他にない特性があります。
金繕いに着手する前に必ず説明を受けて下さい。
独特の準備が必要です。

今回、これだけ一気に完成させて下さいましたが、ここに辿り着く
までに数年を要しています。
これ以前は毎月技術を一つ一つ学ばれていたので時間がかかりましたが、
ここまで基本の技術を身につけて下さったら、後はご自身の判断で
どんどん作業が進められると思います。

講座ではKさんのように、ご自身の判断で作業が進められるようになる
ことを目標にしています。
受講開始からこのような状態になるまで時間はかかりますが、Kさんの
たくさん完成させた状態を見ると、今まで努力なさっていたのが一気に
実を結んだ感じがします。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

会心の出来

藤那海工房 西登戸教室のOさんの作品をご紹介致します。
会心の出来とおっしゃってお持ちになりました。



大鉢に片口様の注ぎ口がついたもので、確か韓国のお土産と伺ったと
思います。
注ぎ口の部分は出っ張っている分、ぶつけやすくて金繕いされる方が
多いところです。
先端は微妙な曲線を描いているので形が作りにくいのですが、とても
綺麗に作られています。
それを銀泥で仕上げられました。

会心の出来というのは仕上げの蒔き下の塗り方です。
少々説明をさせて頂いただけで格段に塗り方が均一になりました。
触れ込みに間違いなしです。
今後は鉢の内側にある鉄釉の飛びに合わせて銀泥を硫化させる予定です。

このところ仕上げの仕方が上手くいった方が続々といらっしゃいます。
順次ご紹介させて頂く予定です。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

土曜日クラスの仕上げ

藤那海工房 土曜日クラスの方が仕上げをしてきて下さいました
ので、ご紹介致します。
まずはUさんの作品です。


やってみたいという方が多い「呼び継ぎ」です。
わざと縁を出っ張らせて欲しいと依頼を受けたものです。
グレーの釉薬でざっくりとした陶器に紙型印判の細かい柄と線が
入った磁器を合わせました。
呼び継ぎはどうしても仕上げの線が太くなります。
Uさんは反省点として仕上げに欲しい柄が隠れてしまわないか
検討が必要とおっしゃっていました。

こちらはカップの取手が折れてしまっていたものです。
竹による補強を2種類組み合わせていますが、元の状態に違和感なく
馴染んでいます。
竹による補強は手間がかかりますが、取手が根元から折れている状態に
対応出来、かつ仕上がりが美しいのがメリットです。

次にSさんの作品です。

魚の形をした小皿です。
尾ひれの方が折れてしまったのを金繕いされました。

魚のとぼけた顔が魅力的な小皿ですが、金繕いの線が入って締まった
ようです。
こういう変化が金繕いの醍醐味ですね。

ちょっと他では出来ないチャレンジをしている土曜日クラスでした。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |