カテゴリー別アーカイブ: 生徒さんの作品

金泥冴える

NHK文化センター千葉教室のYさんの作品です。
茶箱(持ち運び用の茶道具セット)用の小振りな抹茶茶碗が割れたのを
接着されました。

割れたなりにそのまま金泥で仕上げをされています。
渋い釉薬に金泥の仕上げが冴えて、本当に美しい作品になりました。

人智が及ばない偶然の妙と言える割れの線です。
加飾する必要は全くありません。

その分、下地作りを丁寧に行って頂きました。
その努力あってこその完成度です。
皆様どうぞ参考になさって下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

拭き漆のお皿

よみうりカルチャーセンター大宮教室のSさんの作品をご紹介致します。
拭き漆のお皿です。


カルチャーセンターの教室はあくまでも金繕いの教室なのですが、大宮教室では
昨年からご希望があり、本漆による拭き漆をなさっている方がおられます。
Sさんも昨年から取り組まれましたが、本漆の美しさに虜になってしまわれた
お一人です。

拭き漆では、ご自身で塗る木地を探して頂いておりますが、Sさんは使い勝手の
良さそうなサイズのお皿の木地を見つけてこられました。
これに選ばれたのはマットな仕上がりになる漆です。

ご本人としては色々気になるところがあるそうですが、使っていくうちにそれも
気にならなくなります。
何よりご自分で塗られたお皿を使う喜びは大きいと思います。

拭き漆でご質問が多いのは塗りにムラが出ることです。
これは塗りの作業での問題というより、木地の状態で漆を吸い込みやすい部分と
そうでもない部分があることによります。

工業製品ではないので、むしろ均一ではないことが面白いとお考え頂くのが
良いかと思います。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

薫銀泥

NHK文化センター柏教室のA さんの作品をご紹介致します。
柏教室の日曜午後クラスでは薫銀泥の仕上げが流行っています。
Aさんも薫銀泥の色を効果的に使った仕上げをなさいました。


まずは急須の蓋です。
表は割れの線通りに仕上げられ、内側は補強の大きい面の仕上げになって
います。
これに薫銀泥を使って急須自体の釉薬の色に合わせられました。
違和感のない渋い仕上がりです。

こちらは片口なのですが、画像ではどこが欠けたのかわからない程
馴染んでいます。

薫銀泥とはその名の通り、銀泥を人工的に燻して硫化させたものです。
様々な色がありますが、今回ご紹介した色はガンメタリックの感じの渋い
色です。

Aさんの作品のように馴染ませる他、釉薬の景色に合わせるなどの活用方法も
あるかと思います。
ご興味のある方はまず色味の確認をお勧め致します。


カテゴリー: 基本のき, 生徒さんの作品 |

共通色

NHK文化センター柏教室のMさんの作品をご紹介致します。
元々の器の柄と仕上げが呼応している好例です。

小皿の角が鳥脚状に割れたものを接着されました。
元々のお皿の柄に金が入っていましたので、仕上げの金泥が自然に
見えます。

このところ作品例で柄を利用するというものを多くアップしましたが、
色が合っているだけで十分共通性が出て違和感がありません。

敢えて奇を衒わなくても素敵に見えます。
まずはスタンダードにから初めてみましょう。


カテゴリー: 基本のき, 生徒さんの作品 |

器の柄を使う

NHK文化センター柏教室のYさんの作品をご紹介致します。
大皿の欠けを金繕いされました。


縁に小さな欠けがあるだけだったのですが、単純に欠損通りに仕上げて
しまうと、お皿の大きさに比して小さい為、逆に目立ってしまう恐れが
ありました。
そこでご提案したのがお皿に元々絵付けされている葡萄の柄を使うこと
でした。

まずはお好みの柄をお皿からトレースして頂くことから始まりますが、
必要最低条件として欠損がしっかり隠れることが大事です。
その他、見栄えも考慮して入れ方を決定し、金泥で蒔絵されました。

昨今、金繕いでも何らかの柄を蒔絵する方が多くなってきましたが、
何となく自分の概念で描かれた柄で納得のいかない結果に悩まれて
いるのではないでしょうか。

ご自分の概念でもどきの蒔絵をするよりも、器自体の柄を利用された
方が完成した時の一体感があります。

Yさんのお皿は亡くなったお母様の愛用品だったそうで、ご兄弟と
お母様が喜んでいるとお話になったそうです。
こうしたエピソードをお聞きすると、お手伝い出来て良かったと
私自身の喜びも深まります。


カテゴリー: 基本のき, 生徒さんの作品 |

人柄が出る

NHK文化センター柏教室のMさんの作品をご紹介致します。
Mさんはじっくり作業を進めるのがお好きで、例えやり直しになっても
根気よく作業して下さいます。

今回仕上げをなさった器は、Mさんのお人柄が表れているように思います。

大らかな筆致で野菜が描かれた小鉢です。
ひびが入ったところを金泥で仕上げられていますが、その線が野菜を描いている
筆致と合った思い切りの良い仕上げです。

見ている方も楽しくなるような仕上げです。

鳥脚に割れた破片を接着した小皿です。
形が意外に複雑なところ、接着が少しずれてしまっていました。
その調整に時間がかかりましたが、納得行くまで作業された結果、こちらも
思い切りのいい仕上げになりました。

金繕いは元々の器は他の方が制作したものの破損部分を修復するという、ある意味
コラボレーションのような関係です。
例え同じ器だったとしても、持ち主として金繕いを施されることによって唯一の
ものになるわけです。

作業の経過でより愛着が湧き、仕上げで自分のものになるという過程を
Mさんの作品で実感しました。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

七宝焼の金繕い

七宝焼の器を愛用されている方は多いと思います。
破損させてしまった場合には陶磁器の金繕いと同じように
修復が可能です。

取り組んで下さったNHK文化センター千葉教室のIさんの作品を
ご紹介致します。


お皿の角の七宝釉が欠けてしまっていました。
金属の特有の下準備をして頂いた上で、陶磁器と同じ手順で金繕い
なさっています。
仕上げはプラチナ箔を使い、全体のイメージに合わせられました。

ほんの小さな欠けですが、本体が金属の七宝焼は錆が出てしまう心配が
あります。
破損はそのままにせず、なるべく早く金繕いに着手することをお勧め致します。
その際には必ず下準備について、ご確認下さい。

Iさんは陶磁器の金繕いも完成されています。
この調子で次々仕上げに挑んで頂けることを楽しみにしています。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

輪花の窯キズ

NHK文化センター千葉教室のMさんの作品をご紹介致します。
白のマット釉の輪花の鉢に窯キズが生じていました。


窯キズが生じていたのは輪花の窪んだところでした。
実際、キズがあったのは右下の器だったのですが、仕上げの色を検討する
過程で破損のない器に試しに仕上げられたそうです。
揃いで並べてみると、まるで元からのデザインだったかのようです。

何枚かある揃いの器の1枚が破損してしまった場合、他のものをどうするか
悩まれるところだと思います。
もちろん1枚だけ金繕いするのもいいですが、Mさんのように前向きな
姿勢で他の器に手を入れるのもいいアイディアだと思います。

窯キズはその独特の形状から通常の仕上げとは違う方法を取ります。
着手前にご相談下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

絵になる割れ方

産経学園ユーカリが丘教室のTさんの作品をご紹介致します。
小さいお猪口の割れの接着です。


度々お話しているように、器の割れ方というのは人間の考えることを
上回ってくることがあります。
Tさんのお猪口もその例で、左右対象だったり山型だったりと、とても
不思議に感じます。

Tさんは割れたままを尊重して仕上げられていますが、このような面白さを
生かして頂くのが金繕いの本道だと思います。


カテゴリー: 基本のき, 生徒さんの作品 |

ハンドルの補強

産経学園ユーカリが丘教室のNさんの作品をご紹介致します。
カップのハンドルの補強です。

いくつかの破片に分解してしまったハンドルを接着し、竹で補強してあります。
補強を元々のハンドルに馴染ませるように成形した後、プラチナ泥で仕上げ
られました。
補強の加工も仕上げの仕方も大変丁寧に、かつ完璧になさっているので
違和感が全くないかと思います。

ハンドル全体を仕上げてあるので、元からこの意匠だったかのように見える
のが、この手法のいいところです。
竹の加工からして確かに大変ではありますが、丈夫さと美しさを兼ね備えた
手法だと思っております。

ハンドルが割れてしまうと諦めてしまう方が多いのですが、このように自然に
金繕いされていればチャレンジする甲斐もあるかと思います。
このような器をお持ちの方は是非ご相談下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |