カテゴリー別アーカイブ: 生徒さんの作品

筆ではないもので仕上げ

NHK文化センター千葉教室のYさんの作品を、ご紹介致します。
ひびが入った大皿の仕上げです。

画像の左端あたりに放射状にひびが入っていました。
特に目立つ部分を仕上げをされることにしたのですが、形が目立ち過ぎる
ので、元々入っているススキかと思われるイネ科の植物に模して仕上げの
線を描かれました。

工夫されたのが穂先の仕上げ方です。
元々の図柄はラフに描かれているので、これを似たように描くのは難しい
ものです。
そこで思い切って筆ではないもので蒔下を描かれました。

元々のものとは違いますが、思い切って変えたことで、むしろ違和感が
なくなったと言えます。

目立ち過ぎる破損を逆転の発想で違和感なくまとめる。
ぜひ参考になさって下さい。

穂先の蒔下を描かれた道具、描く際のコツなどは教室でご確認下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

ワイングラスの接着

港北カルチャーセンターのMさんの作品をご紹介致します。
ワイングラスの接着です。


かなりガラスの厚みが薄いワイングラスが割れていたのを接着し、
欠損を埋めて、金箔で仕上げて頂きました。
金の線しか見えないので、見た目も綺麗に仕上がっていると思います。

透明のガラスの場合、破損を埋めているのが見えてしまうのが最大の
難問です。
その他、ガラスならではの注意事項がありますので、必ずそれを確認
してから作業を始めて下さい。

これはガラスに限らず金繕い全般に言えることですが、同じように
見えても、工程も同じとは限りません。
同じ受講生の方の話が自分の器の金繕いに使えるとは限らないのが
金繕いの面白さであり、難しさでもあります。


カテゴリー: 基本のき, 生徒さんの作品 |

蓋もの

よみうりカルチャーセンター大宮教室のSさんの作品をご紹介致します。
蓋もののツマミの取れです。


お預かりものなので出自が不明なのですが、個性的なデザインがおしゃれな
蓋ものです。
練りこみを捻ったようなツマミが根元から折れてしまっていました。

こちらを接着し欠損を埋めて、銀泥で仕上げられました。
銀泥はいずれ硫化して蓋の釉薬に馴染む予定です。

実は当初、かなり汚れがついていたのですが、洗浄したところ、見違えるように
綺麗になりました。
画像ではわかりにくいのですが、蓋はラスター釉のような光沢があります。

ツマミが折れてしまったことで長年放置されてしまったかと思われるのですが、
金繕いし元の姿を取り戻したことで又、愛用して頂けるのではないかと思います。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

金・銀

NHK文化センター ユーカリが丘教室の方々の作品をご紹介致します。

まずはIさん。
骨董の鉢を金繕いされました。

よくご紹介しているテクニックですが、染付の部分は銀泥で仕上げ、その他の
部分は金泥で仕上げられました。
銀泥が硫化すると染付の部分に馴染む予定です。

このような基本の金繕いは難なくこなされておりますので、当然仕上げも完璧の
美しさです。
縁に散逸している欠けも気になりません。

もうお一人はMさんです。
まだ仕上げを始めたばかりなのですが、大きな欠けの仕上げをなさいました。
均一に綺麗に仕上げられています。

ご経験のある方はご存知だと思いますが、大きな欠けの仕上げは難しいもの
です。
均一に仕上げるのには色々技法がありますので、教室でご確認下さい。

Mさんの反省点は、仕上げにゴミが混入してしまったことです。
こちらも回避の方法があります。
次回への経験として頂くことにしました。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

ふっくら

藤那海工房 西登戸教室のKさんの作品をご紹介致します。
マグカップの把手に生じた欠けを金繕いされました。

作家さんもののユニークなデザインのマグカップです。
以前柄違いのものを金繕いされています。

今回の欠けは柄の上だったこともあって、少しふっくらとした仕上げに
なりました。
基本的にはフラットな仕上げをお勧めしていますが、器の印象と合って
いれば別に構いません。
Kさんの作品はまさにその例で、ふっくらした仕上げが似合う物でした。

皆様、ご自身の器にどんな仕上げが合うのか、楽しみに考えながら作業
なさってみて下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

リカバリー

NHK文化センター千葉教室のHさんの作品をご紹介致します。
大きく欠けたお茶碗を金繕いされました。


かなり大きく欠損していた部分を丁寧に埋められました。
仕上げは縁に銀泥で、硫化すると鉄釉の口紅に同化します。
ベージュ系の釉薬の部分は金泥で、こちらも馴染んで違和感がありません。

実はこの器はお預かりもので、ご本人が短期の金継ぎ教室に通われて
修復が完成していました。
しかしその出来に納得が行かず、Hさんに依頼されたのです。

お持ちになった当初、方針をHさんとお話しましたが、結局ご本人が修復
された部分は全て除去し、最初からやり直しました。

しかし綺麗に形が復元され、金・銀泥の使い分けで違和感なく仕上がった
状態を見て頂けたら、お許し頂けるのではないかと思います。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

新しい九谷焼

JEUGIAカルチャーセンター八千代緑ヶ丘教室のTさんの作品を
ご紹介致します。
九谷焼の接着です。


九谷焼というと斬新な図柄の古九谷を思い浮かべる方が多いと思いますが、
現代の九谷焼はかなりモダンな感じになっています。
変わらないのは色合いです。
紫や黒など九谷焼固有の色を使っているので、九谷焼とわかります。

Tさんの作品は、割れの線を思い切って仕上げた感じがモダンな九谷焼に
合っています。
柄の面白さが際立ったように見え、金繕いの効果絶大です。

九谷焼と言えば骨董の器を直される方も多いです。
その際、気をつけなければならないのが釉薬です。
特有の弱さがあるので、金繕いの際にはまず教室でご相談下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

実は難しい

セブンカルチャークラブ 成田教室のGさんの作品をご紹介致します。
小さな欠けを金繕いされました。

大きさが小さいと心理的な負担は少ないせいか、簡単と思われる方が
多いです。
しかし小さい面積を均一に仕上げるのは、意外に難しいのです。

その点Gさんの作品は金の光沢が素晴らしいことでお分かりになるように、
金蒔きのタイミングがとてもいいのです。
このことは地塗りが良くなければ出来ません。

根強くあるのが弁柄の厚塗り信仰です。
たっぷり弁柄が塗ってあると金の定着が良いをお考えの方がおられます。
しかしこれは全く逆の結果を迎えます。
ザラザラと光沢がなく、全体が何となく弁柄色になるだけです。
もちろんゴミが入ったということではありません。

まずは薄く均一に塗れるようになる。
これが成功の秘訣です。


カテゴリー: 基本のき, 生徒さんの作品 |

急須の把手補強

セブンカルチャークラブ 成田教室のIさんの作品をご紹介
致します。
急須の把手の折れを補強して金繕いされました。

急須は使用頻度が高い上に、注ぎ口や把手など出っ張ったところが
破損しやすいものです。
特に把手は持ち上げて全ての加重がかかるので、補強して安全なように
するのが大事です。

把手内部に芯が入っているのですが、仕上がった状態では全く
わかりません。
ここまで綺麗に仕上がっているのは、Iさんの丁寧な作業の結果です。

確かに時間はかかりますが、熱いお茶を入れるものです。
万が一、接着が外れてしまったら、その熱湯を浴びる可能性が
あります。

毎日使う急須には愛着がある方が多いと思います。
是非しっかり補強して、安心してお使いになれるよう作業をお考え下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

遊び心

NHK文化センター柏教室のUさんの作品をご紹介します。
遊び心を加えて仕上げをされました。

実は星型になっている部分だけが小さく欠けていただけで、他は問題
なかったそうです。
それを月の形の仕上げを入れることで、小さな欠けのみになるのを回避
されました。

他の方法としては銀泥で仕上げて、硫化したら釉薬の色と馴染むという
のがあるかと思います。
しかしUさんのように攻めてプラスに変えるという積極的な方法も
大歓迎です。

仕上げは持ち主の方の好みで構いません。
こうでなければならないという決まりはないので、自由に発想して頂きたい
と考えています。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |