カテゴリー別アーカイブ: 生徒さんの作品

急須の把手補強

セブンカルチャークラブ 成田教室のIさんの作品をご紹介
致します。
急須の把手の折れを補強して金繕いされました。

急須は使用頻度が高い上に、注ぎ口や把手など出っ張ったところが
破損しやすいものです。
特に把手は持ち上げて全ての加重がかかるので、補強して安全なように
するのが大事です。

把手内部に芯が入っているのですが、仕上がった状態では全く
わかりません。
ここまで綺麗に仕上がっているのは、Iさんの丁寧な作業の結果です。

確かに時間はかかりますが、熱いお茶を入れるものです。
万が一、接着が外れてしまったら、その熱湯を浴びる可能性が
あります。

毎日使う急須には愛着がある方が多いと思います。
是非しっかり補強して、安心してお使いになれるよう作業をお考え下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

遊び心

NHK文化センター柏教室のUさんの作品をご紹介します。
遊び心を加えて仕上げをされました。

実は星型になっている部分だけが小さく欠けていただけで、他は問題
なかったそうです。
それを月の形の仕上げを入れることで、小さな欠けのみになるのを回避
されました。

他の方法としては銀泥で仕上げて、硫化したら釉薬の色と馴染むという
のがあるかと思います。
しかしUさんのように攻めてプラスに変えるという積極的な方法も
大歓迎です。

仕上げは持ち主の方の好みで構いません。
こうでなければならないという決まりはないので、自由に発想して頂きたい
と考えています。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

硫化を待って青紫に

NHK文化センター柏教室のHさんの作品をご紹介します。
銀泥の硫化を青紫色になるまで待たれました。


欠けたところをまず金泥で仕上げ、その上から銀泥で染付けの柄が続くように
描き起こされました。

薬品で硫化を促進する方法もご紹介しましたが、やはり自然に硫化させた
方が色が綺麗です。
柄も綺麗に描き起こされているので、欠損が器に自然に馴染んでいると
思います。

ちょっとした工夫ではありますが、金繕いと欠損が美しく共存する方法です。
ぜひ参考になさって下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

紅葉

港北カルチャーセンターのTさんの作品をご紹介致します。
お皿の欠けを金繕いされました。

どこが欠けていたか、お分かりになるでしょうか?
上の画像の下方、縁にある紅葉の部分です。

元々、金彩で紅葉が入っていましたので、欠けの形が隠れる様に
紅葉型で仕上げをして頂きました。

紅葉は入れ方を間違えると、全く別の物に見えてしまいます。
そこで慎重に大きさ、角度を検討して頂きました。
その結果、上の全体が写った画像でみるとどこが欠損していたかわからなく
なっていると思います。

主張するばかりが金繕いではありません。
さりげなく馴染んでいるというのも素敵と思って頂ける作品です。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

銀を硫化させる

藤那海工房 西登戸教室のKさんの作品をご紹介致します。
銀泥を強制的に硫化させて釉薬に馴染ませておられます。

義理のお父様の手作り品だそうで、とても味がありますが、注ぎ口の
先端が欠けてしまっていました。
これを埋めて銀泥で仕上げられました。

黒の釉薬に馴染ませるために、銀泥をある薬品で強制的に黒まで硫化させて
います。
もちろん自然に変化しても、いつかは黒になるのですが、黒が目標であれば
一気に硫化させるのも考え方の一つです。

こちらの小皿は欠けと割れがありますが、それぞれの銀泥の仕上げを少しだけ
硫化させています。
グレー系の釉薬に上手く馴染んでいると思います。

こちらの蓋物はアフリカンな柄が入っています。
本体の縁が2箇所大きく欠けているのですが、黒色まで硫化した色が
柄として入っている色に酷似しているので違和感がありません。

こちらは貫入の入った釉薬に沿って不思議な割れ、欠けの入った
お抹茶茶碗です。
Kさんは手描きと思われる柄と相性が良いとお考えで、このまま
自然に硫化を待つそうです。

銀泥は変化の色を生かして金繕い出来るのが魅力で、はまってしまう
方が多いのです。
黒くなってしまうとマイナスに捉えずにKさんのように、器に合わせて
使うことを楽しまれて下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

自作の器の金繕い

NHK学園市川オープンスクールのYさんの作品をご紹介致します。
陶芸も嗜む方で、自作の器を金繕いされました。

プレート皿です。
立ち上がりの部分に金彩で小さな水玉を描かれています。
とてもキュートな作品なのですが、平らな部分に穴が空いてしまって
いました。
これは「窯キズ」という焼成段階のアクシデントで出来た破損です。

その穴を金繕いの技法で埋められ、金泥で仕上げられました。
立ち上がりの金彩と合って、違和感がないかと思います。
金繕いした部分も最初からのデザインに見えるのではないでしょうか?

こちらは自作のものではありませんが、カップの把手が欠けてしまったのを
埋めて、金泥で仕上げられました。
釉薬との相性がいいので、景色の一つのように見えます。

この2点で問題があったのが、仕上げのゴミの混入です。
色々原因があるので確認させて頂いたところ、蒔き下を塗った筆に残っていた
弁柄が原因でした。

作業時間が長いと筆が含んだ新うるしが簡単に落とせなくなります。
少々すすぐ程度では筆に残ってしまいます。
対処方法としては15分ほど薄め液の中につけ込んでから、中性洗剤で穂先を
ほぐしながら洗うのです。

これが徹底していないと、筆の毛1本1本に弁柄がコーティングされた状態になり、
次に使った時に穂先の中からパラパラとゴミが出てきてしまうのです。

ゴミ混入の仕上げは気にしないと言えば気にしないでも済むかもしれません。
でも筆の洗浄さえしっかりしてあれば起きない現象です。
仕上げは綺麗に越したことはありません。
是非ご注意を。

もう1点は、自作の箸置きに貝合せの制作で残った金箔をあしらわれたものです。

陶芸として焼成が終わった後にちょっとプラスすることが簡単にできるのは、
大きなメリットだと思います。
こんな風に金繕いを応用して楽しんで頂けて、私としても嬉しい作品でした。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

大量仕上げ

セブンカルチャークラブ 成田教室のAさんの作品をご紹介致します。
たくさん仕上げをして来て下さいました。


これだけたくさんの仕上げを一気になさる方はなかなかありません。
教室の皆さんから驚きの声が上がったのも無理ないかと思います。

この中で一番お気に入りの仕上げはどれですか?とお聞きしたところ、

把手がついているので、デミタスカップでしょうか。
こちらの器を上げられました。

Aさんはこの器を当初は練習のつもりで金繕いを始めたそうなのですが、
仕上げてみたら案外面白く仕上がったとのことです。

理由は釉薬に金泥がとても合っていることと、底の方に向かって二股に
別れたひびの意匠が器にマッチしているからではないでしょうか。

この二股に分かれて曲線を描くひびは何やら愛嬌がありますが、珍しくは
ありません。
縁をぶつけた時の衝撃でひびが入り、底の方の厚みが厚くなるところで
二股に分かれて曲線を描くのです。

たくさん仕上げてみてAさんは線を描くのは難しいと思われたそうです。
確かに描いた線がそのまま出てしまうので、緊張もあるかと思います。
ただこの調子で経験を重ねれば、きっと成果が出ると思います。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

マグカップ後日談

先般ご紹介しましたNHK文化センター ユーカリが丘教室の
Mさんの作品が持ち主に返却された後日談が入って来ました。

予想通り大変喜ばれ、ご自宅での画像が送られて来たそうです。
それを転送して頂きました。

ソーサーに乗せられた状態を初めて拝見しましたが、ソーサーに黄色が
入っているので、より金泥の仕上げとマッチしています。
また把手の背景にソーサーの薄紫が見えるので、マグカップ単体より
補色対比が際立つように思います。

奥に色違いのセットが写っていますが、日常にはこちらを使われて、金繕い
したセットは特別扱いになったそうです。

何より嬉しかったのが持ち主の方が金繕いに興味を持って下さったことです。
完成した実物を手に取って、破損が直る以上のものを感じて下さったのだと
思います。

どうぞ末長くご愛用下さい。


カテゴリー: 日常の風景, 生徒さんの作品 |

線描きで加飾

NHK文化センター 柏教室のMさんの作品をご紹介致します。
把手のついた片口の割れを接着し、さらに加飾されています。


通常、染付けの柄の上を仕上げが通過してしまう場合は、乗った部分を
銀泥に変えて仕上げて頂くことが多いです。
しかしMさんの作品は金泥の仕上げをそのままに、途切れてしまった桜の
花びらの輪郭線を銀泥でなぞられました。
このように線描きにして頂くと、見た目の印象が軽やかになります。

さらに工夫されているのが、近くにある5弁の桜も一部輪郭を銀泥を入れ
られて、つながりを作っておられるところです。
この一工夫が器全体としてのまとまりになっていると思います。

Mさん同様、工芸を趣味としておられるお嬢様から「お母さん天才!」と
褒め言葉が出たそうですが、私としても嬉しいお話として伺いました。

把手がついている形から、食卓で色々なものを注ぐ器として再活躍させて
頂けることでしょう。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

堂々たる仕上げ

NHK文化センター ユーカリが丘教室のIさんの作品をご紹介
致します。
益子焼を代表する濱田庄司の縁戚の方制作の湯呑みです。



かなり大ぶりな湯のみなのですが、これが割れてしまっていました。
接着後、欠損を埋め、仕上げして下さったのですが、湯のみの作行きに
合わせて太い線を描かれました。

Iさんはポーセリンアートを長く学ばれているので、糸のように細い線を
難なく描かれる方です。
そのテクニックがあるので、これだけ太い線を描いていてもブレがありません。
堂々たる仕上げに圧倒されるくらいです。

このブログでも度々、仕上げは細い線が正解ではないと書いていますが、
Iさんの作品はそれを証明して下さいました。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |