カテゴリー別アーカイブ: 生徒さんの作品

かわいい置物

NHK文化センター柏教室のUさんの作品をご紹介致します。
山羊の置物です。

ざっくりとした陶器製で耳と角の先端が欠けてしまっていました。
形をしっかり戻した後、特殊色の銀泥で仕上げて頂きました。
色が元々の釉薬の色と合っているので、一見どこが欠けたかわからない
と思います。
可愛さを損なわない、この対応が正解だと考えています。

特殊色の銀泥は色々あります。
後々の問題があるものもありますので、ご自分で購入を判断せず、
まずは教室でご相談下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

大きく不定形

NHK文化センター柏教室のAさんの作品をご紹介致します。
マグカップ縁の欠けですが、大きく不定形でした。


仕上げの形については色々ご相談しましたが、結局元の形通りに
仕上げることになりました。
それにあたっては特殊な道具を使って頂きました。
結果、大変きれいな仕上げになっています。

不思議な形に欠けてしまった場合、器の中にある柄から選んで蒔絵
するのが常套手段ですが、欠損通りに仕上げるのも正統派と考えます。
そういう意味でAさんの仕上げは成功例となりました。

大きく不定形の形の欠損を金繕いされている方には、とても参考に
なるかと思います。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

飾り物の仕上げ

JEUGIAイオンモール八千代緑が丘教室のSさんの作品をご紹介
致します。
たくさん仕上げられたのですが、まずは置物の仕上げです。

くちばしと羽の先が破損していました。
くちばしは新うるしの弁柄と色が合っていたので、欠損を埋めたままにされ
ました。
羽の先は銀泥で、硫化すれば体の色と同じようになるはずです。

先般のブログで飾り皿の金繕いをご紹介しましたが、Sさんの作品のように
具象の置物でも同様に金繕いが可能です。




酒器、小鉢、湯のみなど、まだまだたくさん仕上げて来られました。
Sさんは手作業がお得意な上、自宅でもしっかり作業して来られるので、
このような成果が上がりました。

欠けの仕上げに刷毛目が出てしまうこと、ひびや割れの仕上げの線が
太めなことが今後の課題です。
さらなるレベルアップを期待しています。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

茶入れの仕上げ

NHK学園市川オープンスクールのKさんの作品をご紹介致します。
まずは茶入れです。

口縁周りが割れ、ひびが伸びていました。
接着後、欠損を埋め、金泥で仕上げられました。

ぐるっと円弧を描いた仕上げの線がとても綺麗です。
仕上げの線が景色になるという好例ではないでしょうか。

茶入れのように口がすぼまった物、例えば徳利、一輪挿しなどのような形態
の場合、欠損を埋める〜仕上げるという作業が内側については出来ない
場合があります。
このような時は、あえて何もしないという選択をする場合があります。

Kさんの茶入れの場合、欠損は出来うる限り埋めて頂きましたが、筆が届き
にくい内部の仕上げはしてありません。
このあたりの判断は迷われるところだと思いますので、適宜ご相談下さい。

もう一点、中皿の接着です。

割れと縁の欠けがありました。
仕上げは数度に分けてされているのですが、痕跡は全くありません。
地塗りも完璧なので、刷毛目も全くありません。

このあたりのコツはお教えしたことを実践して下さっているのですが、ここ
まで完璧になさる方は早々ありません。
ひとえにKさんが真面目に取り組まれた成果なのですが、私としても本当に
嬉しい完成度です。

Kさんの作品を見て、金繕いをするのなら美しくを追求したいと考える方が
増えてくれたらと願っています。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

飾り皿の金繕い

セブンカルチャークラブ成田教室のFさんの作品をご紹介致します。
飾り皿の割れです。

よく飾り皿の金繕いは出来ますかと質問を受けます。
飾る物と言っても陶磁器であれば通常通り金繕いは可能です。

Fさんがお持ちになったお皿はマヨルカ焼き系の素地が柔らかい物でした。
ですのでしっかり下準備をして頂いてから接着、その後欠損を埋めて
金泥で仕上げられました。

食事用の器と違い、飾り皿という点で見栄えを優先しました。
その為、さらに作業を加えたのが金泥の上からの着彩です。
ほぼ表面の全般に着彩を施しました。
新うるしの色と近いことも幸いして、大きく横切った金泥の存在感が
薄められたと思います。

飾り皿の金繕いをご検討の方は「見栄え」も考慮されることをお勧め致します。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

盆栽鉢の金繕い

よみうりカルチャーセンター大宮教室のSさんの作品をご紹介致します。
盆栽鉢の金繕いです。


小さい鉢ですが、割れてひびが入っていました。
鉢の場合、植える植物の根張りと冬場に鉢が含んだ水分が凍結し、再度割れて
しまう可能性があります。

そこでSさんの盆栽鉢もひび止め、接着後、欠損を埋めた上で内側に和紙を
貼って頂きました。
和紙を使うと言うとどなたもびっくりされますが、Sさんの作品でご覧
頂けますように、上からしっかり新うるしを塗り重ねて「漆含浸和紙」の
状態になっています。
ですので水密性も問題ありません。

Sさんはとても作業が綺麗な方なので、通常の仕上げになる金泥の部分は
もとより、内側の和紙を貼った部分もこげ茶色で完璧に仕上げられました。
これで見た目も使用上も心おきなく使って頂けます。

詳しい手順は昨年私がご協力しました雑誌「盆栽世界」2018年7月号に
類似の破損状態のものが掲載されていますので、参考になさって下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

一輪挿しの金繕い

NHK文化センター柏教室のMさんの作品をご紹介致します。
一輪挿しの割れの接着です。

頚部が割れてしまっていました。
接着後、欠損を埋め、銀泥で仕上げられています。

まだ銀泥が仕上げ立てで白いので、一輪挿しの元の柄と合っています。
これが硫化してくると地の色に合ってくるので、目立たなくなると思います。

このように銀泥の場合は変化を想定して仕上げるのが大切ですが、変化を
楽しめる仕上げでもあります。

現状の白い状態でもとても綺麗なので、撮影させて頂きました。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

輪花を復元

NHK文化センター柏教室のKさんの作品をご紹介致します。
輪花の大鉢の金繕いです。


器の縁が花びらのような形態になったものを輪花と言います。
Kさんの作品は陶器の大鉢で、ゆったりとした形ではあるものの、大きく
破損した部分を元の形を想像しながら復元するのは大変でした。
しかし根気よく作業され、きっちり形を復元されました。

大きな面積であるがゆえに、仕上げも色々試行錯誤されましたが、結局
シンプルに銀泥仕上げとし、少々硫化させたところで完成となりました。

一菜会では欠損を木片で補うことを旨としています。
これは木の加工がしやすいことが大きい理由ではありますが、古い金繕いを
再修復すると木片がベースにあったことに由来します。

木片で金繕いすると隙間が出るのではないかと心配される方もおられます。
もちろん完璧に隙間なし埋められますとは言い難いところはありますが、
これは本漆の錆漆や刻芋漆でも同様かと思われます。

欠損に隙間があった場合、問題になるのは電子レンジをかけた場合です。
わずかな空間の空気が膨張して破裂するかもしれませんが、そもそも金繕い
(金継ぎ)したものはスパークしてしまうので、電子レンジにはかけられません。
よって問題はないと言ってしまって良いかと考えています。

何より木片と漆のたった2つの素材で形成するので、シンプルです。
シンプルなものが最も強いし、形も作りやすい。
最高の手段だと自信を持ってお教えしております。

Kさんの作品はお友達のところへ帰ります。
大きく破損した時点で諦められていたかと思いますが、きっと新たな魅力に
驚かれると思います。


カテゴリー: 基本のき, 生徒さんの作品 |

使ってこそ花

藤那海工房 西登戸教室のOさんがご自身で金繕いされた大鉢に
お食事を盛られた画像を送って下さったので、ご紹介したいと
思います。


春にタケノコご飯と天ぷらを盛られているのですが、木の芽などの緑と
金泥の仕上げが冴えて、とても美しいと思います。

後世に伝えるものとして破損個所をわからなく直す西洋の陶磁器の修復と
違い、日本の金繕い(金継ぎ)は再び使うことを目的としています。
Oさんの大鉢は完品とは違う美しさを持って、使う喜びが増したと思います。

金繕いを習っている方、これからやってみようかという方には、ぜひOさん
の作品のように新たな姿に生まれ変わった器を使う喜びを感じて頂きたいと
思っています。

Oさん、画像の送付をありがとうございました。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

蘭鉢の金繕い

NHK文化センター 柏教室のMさんの作品をご紹介致します。
蘭鉢の金繕いです。
昨年、雑誌「盆栽世界」に掲載して頂いたように、植木鉢の修復も
出来ます。


内側に金泥の仕上げがありますが、外側は元の色に合わせて漆繕いを
行ったので、どこが破損しているかわからなくなっています。
実は縁のあたりがボロボロに割れて、破片が失われていた部分もあった
のです。

表の色が鮮やかで新うるしの色が合わせやすかったのもありますが、
ボロボロの状態を根気よく埋められたMさんの作業の成果でもあります。

陶磁器という意味では蘭鉢も盆栽鉢も一緒です。
お気に召している鉢でしたら金繕いを考えられてもよろしいのでは
ないでしょうか?


カテゴリー: 生徒さんの作品 |