カテゴリー別アーカイブ: 生徒さんの作品

憧れの繊細な線

NHK学園市川オープンスクールのKさんの作品をご紹介致します。
ひびを金泥で仕上げられていますが、画像の通り完璧な美しい細線です。


青磁色の釉薬に金泥が映えて、線の美しさを引き立てています。
教室内の皆様からため息が漏れるほどでした。

しかしKさんも一足飛びにこの仕上げが出来るようになった訳ではありません。
線の引き方のコツを聞き、何度も練習し、何個も仕上げをして、このレベルに
なったのです。
1個につき1回しか仕上げない、数個しか仕上げたことがないという状態では
当然このレベルは望みようがありません。

厳しいようですが、美しい仕上げをしたいようであれば練習あるのみ、経験
あるのみです。

せっかく手間をかけて金繕いをなさっているのです。
「私、大丈夫です。」とおっしゃらず、より美しい仕上げを目指されませんか?


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

梅の枝に見立てる

NHK学園市川オープンスクールのSさんの作品をご紹介致します。
湯呑みのひびの直しです。


表裏でほぼ同じような構図の位置にひびが入っていました。
どちらも銀泥でひびを仕上げ、途中ぶつかった白梅の蕾は金泥で仕上げられて
います。
その蕾はがくが絵付けしてあったのですが、これも金泥にされています。

ひびの仕上げの線は枝がもう一本増えたように見えますし、白梅の蕾の金泥の
仕上げも最初からあったかのようです。

元々の絵付けに合わせた仕上げに思わず「ナイス アイディア!」と申し上げて
しまいました。
このようなアイディアは大歓迎です。
どうぞ自由に発想されてみて下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

コツコツ作業

よみうりカルチャーセンター大宮教室のOさんの作品をご紹介
致します。
Oさんはコツコツ作業をするのがお好きなだけあって、バラバラに
割れてしまった器も見事完成に漕ぎ着けました。


本体に対して取手が大きいところが愛らしいカップの割れです。
かなりバラバラに割れていたのですが、取手部分には損傷がなく、かなり
荒目の素地だったので、特に補強は入れて頂きませんでした。

しかしバラバラだったことで欠損も多くあり、それらを埋めていくのは
大変だったかと思いますが、とても美しい仕上がりです。
仕上げの線がアートに見えてくる程です。


お抹茶茶碗の割れです。
こちらはバラバラに割れていただけでなく、底の角に当たるパーツが
紛失していました。
その部分を別の素材で補い、銀泥で仕上げられました。

仕上がっているとわかりませんが、欠損を埋めるだけでも“大工事”でした。
Oさんの根気に敬意を表したいと思います。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

磨き過ぎず

藤那海工房で本漆での金繕いをなさっているMさんの作品をご紹介
致します。


今回、仕上げて下さったのは作家物の器です。
両方共、銀丸粉です。

新うるしの蒔き放ちの仕上げと違い、本漆は生漆で固めて磨き上げて
いきます。
生漆で固めることで耐久性が上がりますが、色味が暗くなり、研ぎ破りの
リスクも負います。

Mさんの作品の場合、器がざっくりとしていたので、あまり磨き上げずに
完成としました。
次のステップとしては蒔き下漆をより平滑に塗って、研ぎの手間を減らす
ことかと思います。

ざっくりとした器だけではなく、磁器の繊細な器にも対応できるように
なって頂きたいと思いますが、まずは完成品が出来たことを喜び、使って
頂きたいと思います。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

アール・デコ

NHK文化センター千葉教室のSさんの作品をご紹介致します。
いずれもひびが入ったところを加飾したものです。
まずは二股に分かれたひびの入ったマグカップです。


片側が顔型のレリーフがあるところにひびが差し掛かっていました。
そちらをトンボで加飾し、もう片方は花を蒔絵されました。
イメージは幾何学文様をモチーフとしたアール・デコということですが、
イメージ通りに仕上がったのではないかと思います。

もう一点は器の底にひびが入っていたものです。
唐突に底だけにひびが入っていたので、表側にある柄の一部を取る感じで
加飾されました。

ご本人としては不本意な部分もあるようですが、表の柄を利用したことで
唐突感は拭われていると思います。

Sさんは西洋骨董に造詣が深い方なので、アール・デコという発想は当然の
ことでした。
完成したものを拝見して、そのお考えが正解だったと見て取れます。

器に流用出来る柄がない場合、器全体のイメージから柄の方向を考えるという
のは参考になるのではないでしょうか。


カテゴリー: 基本のき, 生徒さんの作品 |

カゴ型

NHK文化センター柏教室のTさんの作品をご紹介致します。
カゴ型の器の割れを金繕いされました。

画像の左上あたりが割れてバラバラになっていました。
1本は3mm程度の細いカゴ型になっているので、接着自体も難しかった
のですが、その後の欠損を埋めるのが大変でした。
隙間は手はもちろんのこと、筆などの道具も入りにくいのです。

とにかく欠損は埋めなければなりませんので、Tさんは根気よく作業
されました。

いよいよ仕上げになっても作業は困難を極めました。
割れの線は繋がっていなければ不自然なので、適当には出来ないのです。

頑張られた結果は画像でご覧になれる通りです。
苦労の程が伺えないくらい、さりげなく完璧に仕上がっています。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

華麗な加飾

先日に続きNHK文化センター柏教室のAさんの作品をご紹介致します。
Aさんは今までも美しく欠損部分を蒔絵して下さいましたが、今回の
作品も華麗です。

香蘭社のお皿です。
ひびが入っていたのですが、それをそのまま仕上げてしまうと、とても
目立つこと。
そして真っ直ぐの線を描くのが難しいことを悩まれていました。

その結果、全く筆を使わず仕上げをされています。
直線ではなく、ぼやっと柔らかい線になっているのは、そのためです。
これがお皿にあった元々の柄に合い、違和感なく仕上がっています。

取手が見えないのですが、マグカップです。
縁に生じた欠けの形が良くなかったので、どう仕上げをするか考えて
頂きました。
その結果、元々カップに入っていたチューリップの形で隠されたのです。

先に銀泥でチューリップの形を仕上げ、花びらを金泥で描き起こして
おられるのも秀逸です。

2点とも素晴らしい工夫ですが、特にお皿の柔らかい線は参考にされたい
方がおられると思います。
具体的な手順は教室でご質問下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

ツートンカラー

NHK文化センター柏教室のAさんの作品をご紹介致します。
ツートンカラーの把手の仕上げです。


注ぎ口がついているので、ミルクピッチャーかと思われます。
把手が割れて、いくつかのパーツに分解していました。
それを接着した上に補強を施してあります。

その仕上げを単に金泥のみで行ってしまうと、インパクトがありすぎに
なってしまったので、外側は薫銀泥にされたとのこと。
工夫の面白さと器への馴染み感という相反する両方を実現されました。

以下の同時に仕上げられた2点は、基本的な技術で直されたものです。
このようなレベルのものは、難なくこなされています。
次々独創的な工夫をされているので、順次ご紹介させて頂きたいと思います。



カテゴリー: 生徒さんの作品 |

金泥冴える

NHK文化センター千葉教室のYさんの作品です。
茶箱(持ち運び用の茶道具セット)用の小振りな抹茶茶碗が割れたのを
接着されました。

割れたなりにそのまま金泥で仕上げをされています。
渋い釉薬に金泥の仕上げが冴えて、本当に美しい作品になりました。

人智が及ばない偶然の妙と言える割れの線です。
加飾する必要は全くありません。

その分、下地作りを丁寧に行って頂きました。
その努力あってこその完成度です。
皆様どうぞ参考になさって下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

拭き漆のお皿

よみうりカルチャーセンター大宮教室のSさんの作品をご紹介致します。
拭き漆のお皿です。


カルチャーセンターの教室はあくまでも金繕いの教室なのですが、大宮教室では
昨年からご希望があり、本漆による拭き漆をなさっている方がおられます。
Sさんも昨年から取り組まれましたが、本漆の美しさに虜になってしまわれた
お一人です。

拭き漆では、ご自身で塗る木地を探して頂いておりますが、Sさんは使い勝手の
良さそうなサイズのお皿の木地を見つけてこられました。
これに選ばれたのはマットな仕上がりになる漆です。

ご本人としては色々気になるところがあるそうですが、使っていくうちにそれも
気にならなくなります。
何よりご自分で塗られたお皿を使う喜びは大きいと思います。

拭き漆でご質問が多いのは塗りにムラが出ることです。
これは塗りの作業での問題というより、木地の状態で漆を吸い込みやすい部分と
そうでもない部分があることによります。

工業製品ではないので、むしろ均一ではないことが面白いとお考え頂くのが
良いかと思います。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |