カテゴリー別アーカイブ: 貝合わせ

真綿で磨く

先日金箔を貼った小さめのハマグリ貝を真綿で磨きました。

金繕い 金継ぎ 貝合わせ

下地に塗った弁柄漆の厚みによって違いますが、大体1週間から2週間で
磨いて頂くようにお願いしています。
磨いて頂くと分かりますが、金箔の定着を促し、光沢も出ます。

金繕い 金継ぎ 貝合わせ
真綿で磨く前の貝

残念ながら、この作業を行って頂けないことが多いのです。
その理由は様々。
磨くと酷い状態になりそうで怖くて磨けなかった。
磨くことを忘れていた。
何もしなくていいと思い込んでいた。
等々です。

真綿で磨くと、確かに問題があらわになります。
でもそれは修正が出来るので、安心して光沢出しを優先して
頂きたいと思っています。
決してやらなくても大丈夫な作業ではないのです。


カテゴリー: 貝合わせ |

小さめハマグリ貝

先般の雛まつり時期に入手した小さめのハマグリ貝に
金箔を貼りました。

金繕い 金継ぎ 貝合わせ

横幅がだいたい3cmくらいの、香合にするのには程よいサイズです。

金繕いの教室でハマグリ貝に金箔を貼るカリキュラムを行って
いますが、ハマグリ貝のサイズはお好みで選んで頂いています。
このくらいのサイズだと箸置きにしてもいいし、ワサビを盛って
お刺身に添えてもよいかと思います。

一般的に貝合わせというと、膠を使って金箔を貼られています。
亀甲紋などの盛り上げも胡粉と膠で作ることになります。
教室でお教えしてるのは、全て新うるしを使って制作して頂きますが、
膠で制作するより金箔は綺麗に貼れますし、盛り上げもシャープな
ラインが出ます。

何より食器として使えるくらい定着力があるので、絵付けを行ったものを
洗って描きなおしても金箔には一切影響がありません。

アクリル絵具を使って制作される方もあるかと思いますが、やはり本物の
金箔を使用した物は迫力があるのではないかと思っています。

上の画像のハマグリ貝も目的を持って制作しています。
何になるかは、また後日。


カテゴリー: 貝合わせ |

ハマグリ貝の臭い

貝合わせの制作のために、まず身を食した後の貝を水に
浸けて頂きます。

金繕い 金継ぎ 貝合わせ

その際、臭いが出るので、気にされる方が多くあります。
(1〜2週間おきに水を交換されることをお勧めしています)

金繕い 貝合わせ 生の貝

主に間を繋いでいる蝶番の部分が、臭いの発生源です。
ですので、表皮と共に蝶番を完全に除去してしまえば
臭いはなくなります。

少なくとも蝶番の部分を取り除くだけでも臭いは気にならなく
なるので、磨きになれたら先行して、その作業だけでもなさると
良いかと思います。

完成した貝合わせからは、臭いは出ません。
どうぞご心配なさらないで下さい。


カテゴリー: 貝合わせ |

貝合わせ ディスプレイ

先月になってしまいましたが、3月3日のひな祭りに制作して
頂いた貝合わせを使ってディスプレイしましたと画像をたくさん
拝見致しました。

そのうちセブンカルチャークラブ成田教室のIさんが、わざわざ
飾っておられた様子をそのまま教室にお持ち下さったので、撮影
させて頂きました。

R0001051
R0001049

貝の中に収まる豆雛を飾る方が多いのですが、Iさんはお手持ちの
お人形を含めてディスプレイされました。

貝合わせの金箔が映えて、とても効果的なディスプレイになっている
と思います。
貝の中に入る豆雛をお持ちでない方には、とても参考になる飾り方
ではないでしょうか?

飾り物には興味がないとおっしゃる方もおられますが、完成品は
食器としても使えます。
基本的に金箔の扱いを学ぶカリキュラムとなっていますので、是非
チャレンジして頂きたいと考えています。


カテゴリー: 貝合わせ |

貝合わせの絵付け

貝合わせの絵付けには、何を使っているのかというご質問を受け
ました。

R0000764
R0000762

私は白狐印の上羽絵惣の角顔彩24色セットを使っています。
ただし少々色を入れ替えて、オリジナルセットになっています。
角顔彩は他に吉祥などのメーカーもありますが、大体¥3,000くらい
です。

画像の右に写っているのは、重皿という重箱のように重ねられる
絵皿で、溶いた絵の具をそのままにして持ち運びが出来るところが
便利です。

あとは筆洗と筆、雑巾くらいを用意すれば制作出来ます。
金箔の場合には絵付け前の膠下地が必要なので、あらかじめ
ご相談下さい。


カテゴリー: 貝合わせ |

使える貝使えない貝

金箔を扱えるように貝合わせをカリキュラムに組み込んで
います。
このためのハマグリ貝は、それぞれご用意頂いていますが、
このところ「この貝は使えますか?」というご質問が続き
ました。

お勧めは、国産のハマグリ貝です。
鹿島灘から九十九里では「チョウセンハマグリ」、
桑名では「ハマグリ」という種類が採れます。

避けたいのが、中国産です。

Exif_JPEG_PICTURE

地色が黄色なのが、特徴的です。
問題は磨きに強くないこと、柄が縞柄しかないことです。
リーズナブルではありますが、お勧め出来ません。

Exif_JPEG_PICTURE

購入で間違えやすいのが「ホンビノス貝」です。
商品偽装問題発覚後、ホンビノス貝と表示されているはずですが、
かつては「白ハマグリ」とか「大ハマグリ」などと称して販売
されていました。
地色が白く、深い溝が年輪のように入っていたら、ホンビノス貝
です。
価格も安いと思います。
見分けがつかなかったとお求めになってしまう方が多いので、
ご注意下さい。

日本人は太古からハマグリ貝の形に意味を見出してきました。
貼りやすさ以外に、そういう点でもハマグリ貝をお使い頂きたいので、
同じ2枚貝でもアサリはご遠慮頂いています。

皿貝や、ヒオウギ貝は、ハマグリ貝の次のステップとしてお考え
下さい。


カテゴリー: 貝合わせ |

まばゆい

ハマグリ貝に金箔を貼りました。

R0000731

並んでいると、なかなか壮観です。
これがどんな形になるのか、いずれお話ししたいと思います。


カテゴリー: 貝合わせ |

スチールウールたわし お勧め品

ハマグリ貝磨きの仕上げの光沢出しにお勧めしているのが、
アメリカ製の「Brillo(ブリロ)」というものです。

R0000728
R0000729
※含んでいる研磨剤のフレーバーによって色が違います

お手元にあるスチールウールたわしでも構いませんとお話しして
いたのですが、明らかに貝の光沢が違うというお声を頂き、
これからは積極的にお話ししていこうと思います。

光沢がより出る秘密は、スチールウールの肌理細かさにあるようです。
磨き方は教室で実演させて頂きます。

R0000730

道具立としては、果物の販売に使われているトレーを利用するのが
便利です。
少し水を入れて洗剤を泡立てればテーブルの上でも作業が可能ですし、
そのまま乾燥させればスチールウールが錆びません。
最終的にはトレーごと処分します。

少々難があるのが、Brilloが入手しづらいことです。
もちろんネットでお求めになれますが、送料が必要だと割高になり
ますし、1箱10個も必要にはならないと思います。

私は「アメリカンファーマシー」というアメリカ製品を扱うドラッグ
ストアで購入しています。
お使いになりたい方は、ご相談下さい。


カテゴリー: 貝合わせ |

ハマグリ貝入りの打菓子

福島のお土産で頂いたハマグリ貝入りの打菓子です。

R0000711

中のお菓子も貝がらを形取っていて、可愛らしいです。

貝合わせ制作の為の貝がらの入手先として、このように入れ物と
されているのを利用するという方法もあるかと思います。

画像の貝は、正三角形に近い形からいって関東地方で手に入りやすい
「チョウセンハマグリ」ではなく、桑名産の「ハマグリ」と思われます。
大きさは縦6.5cm 横7.5cm と少々小振りです。

表皮は取り除かれていますが、蝶番が残っていますので、いずれにしろ
磨き直しは必要です。

参考までに販売先は会津若松の「長門屋本店」です。


カテゴリー: 貝合わせ |

貝磨き 誘惑に負けないで

貝合わせ制作のカリキュラムでは、まずご自身でハマグリ貝を
召し上がって頂くところから始まります。
その後水に1か月以上浸けて頂きます。

R0000708

そうすると画像のように表皮が水膨れのようになってきて、いかにも
めくれそうになります。
しかし、ここで誘惑に負けないで下さい。
どのように作業していくのか、教室で確認して頂きたいのです。

というのも表皮がないのに水に浸し続けると、もっと厄介なものが
貝の表面に付着します。
もちろん貝がダメになってしまうわけではありませんが、面倒な作業が
待っています。

敢えて面倒な作業に挑んでみたいという方はいらっしゃらないと思います
ので、どうぞ誘惑に負けないようお願いします。


カテゴリー: 基本のき, 貝合わせ |