カテゴリー別アーカイブ: 貝合わせ

小さめハマグリ貝

先日、ひな祭り向けに販売されていた小さめのハマグリ貝を
購入しました。

片手に納まる、香合に良いサイズです。
ひな祭り頃には、このサイズが販売されていることが多く、昨年も
購入しました。

残念ながら煮沸中に1個が割れてしまいました。
かなり弱火で加熱していたのですが、天然の物なので致し方ないと
思います。

このまま水に浸けて1か月後、磨けるようになります。
割れた貝も接着すれば使える可能性があるので、一緒に浸け込みました。

千葉県は産地があるので入手がしやすいのですが、他の地域はひな祭り
以降、市場から一旦姿を消します。
その後、初夏に稚貝の「ぜんな」が出てきます。
こちらも愛らしいので、お好みであれば入手下さい。

金繕いのカリキュラムでは、金箔の扱いを学んで頂くために貝合わせの
制作をして頂いています。
大きさに決まりはありませんので、入手出来る時にお求め下さい。


カテゴリー: 貝合わせ |

貝合わせに豆雛

3月3日を過ぎると、カリキュラムで作った貝合わせと雛飾りの
様子を報告して下さる方がおられます。
そのうち実際飾ったものをお持ちくださったセブンカルチャークラブ
成田教室のKさんのお持ち物をご紹介致します。


貝合わせの制作段階で、こげ茶色の貝をとても気に入っておられました。
この渋い色はなかなか貴重な色で、私も大好きです。

合わせた豆雛はしまい込んでおられたものが復活したそうです。
土人形かと思われますが、ひなびた表情が何とも愛らしい一品です。
貝の傾斜で寄り添ってしまうのも、またいい感じです。

貝合わせの制作で、雛が再び活躍するというのは嬉しいお話です。
ぜひKさんのように生かしてみられて下さい。


カテゴリー: 日本の文化, 貝合わせ |

乾燥させないで!

金繕いの教室では金箔の扱いを学んで頂く為に、貝合わせの
カリキュラムを入れています。
そのためのハマグリ貝は召し上がったものを水につけて頂く
ことから始まります。

1か月以上水に浸けておくと、表皮や蝶番が柔らかくなって磨き
やすくなります。

そのため磨き方の説明には水に浸った状態を維持してお持ち
頂くことが必要なのですが、このところ貝を水から引き上げて
カラカラに乾燥させてお持ちになる方が多くなっています。

この状態では表皮も蝶番もカチカチに乾燥していて磨くことは
出来ません。
1か月水に浸したものが全てご破算になってしまうのです。

大事なのは1か月以上水に浸すことではありません。
柔らかくなっていることなのです。

お勧めはビショビショに濡らしたキッチンペーパーに包んで、
ジップロックの袋などに入れてお持ちになることです。
浸していた時間を無駄にしないよう、お願い致します。


カテゴリー: 貝合わせ |

お礼の品

ゴールデンウィークあたりから少しずつ制作していた貝合わせが
完成しました。

これらは出版記念パーティーに合わせてお祝いのお花や品を
頂いた方へのお礼として作っていました。
お会いできる機会にお渡ししていく予定です。

お気遣い頂いて本当に嬉しかったです。
ありがとうございました。


カテゴリー: 日常の風景, 貝合わせ |

膠下地しているところ

ゴールデンウィーク中に金箔を貼った小さめのハマグリ貝
に膠下地を作りました。

奥に写っている計量カップの中に膠が入っています。
それを平筆でごく薄く塗り重ねるのですが、貝の中に溜まらない
ように立てかけて乾燥させます。

以前のブログにも書いていますが、金箔を貼って顔彩で絵を描く
場合には膠で下地を作る必要があります。
その下地がないとせっかく描いた絵が剥落してしまうからです。

顔彩で絵を描いてみたい方は、具体的な方法について教室で
ご質問下さい。


カテゴリー: 貝合わせ |

真綿で磨く

先日金箔を貼った小さめのハマグリ貝を真綿で磨きました。

金繕い 金継ぎ 貝合わせ

下地に塗った弁柄漆の厚みによって違いますが、大体1週間から2週間で
磨いて頂くようにお願いしています。
磨いて頂くと分かりますが、金箔の定着を促し、光沢も出ます。

金繕い 金継ぎ 貝合わせ
真綿で磨く前の貝

残念ながら、この作業を行って頂けないことが多いのです。
その理由は様々。
磨くと酷い状態になりそうで怖くて磨けなかった。
磨くことを忘れていた。
何もしなくていいと思い込んでいた。
等々です。

真綿で磨くと、確かに問題があらわになります。
でもそれは修正が出来るので、安心して光沢出しを優先して
頂きたいと思っています。
決してやらなくても大丈夫な作業ではないのです。


カテゴリー: 貝合わせ |

小さめハマグリ貝

先般の雛まつり時期に入手した小さめのハマグリ貝に
金箔を貼りました。

金繕い 金継ぎ 貝合わせ

横幅がだいたい3cmくらいの、香合にするのには程よいサイズです。

金繕いの教室でハマグリ貝に金箔を貼るカリキュラムを行って
いますが、ハマグリ貝のサイズはお好みで選んで頂いています。
このくらいのサイズだと箸置きにしてもいいし、ワサビを盛って
お刺身に添えてもよいかと思います。

一般的に貝合わせというと、膠を使って金箔を貼られています。
亀甲紋などの盛り上げも胡粉と膠で作ることになります。
教室でお教えしてるのは、全て新うるしを使って制作して頂きますが、
膠で制作するより金箔は綺麗に貼れますし、盛り上げもシャープな
ラインが出ます。

何より食器として使えるくらい定着力があるので、絵付けを行ったものを
洗って描きなおしても金箔には一切影響がありません。

アクリル絵具を使って制作される方もあるかと思いますが、やはり本物の
金箔を使用した物は迫力があるのではないかと思っています。

上の画像のハマグリ貝も目的を持って制作しています。
何になるかは、また後日。


カテゴリー: 貝合わせ |

ハマグリ貝の臭い

貝合わせの制作のために、まず身を食した後の貝を水に
浸けて頂きます。

金繕い 金継ぎ 貝合わせ

その際、臭いが出るので、気にされる方が多くあります。
(1〜2週間おきに水を交換されることをお勧めしています)

金繕い 貝合わせ 生の貝

主に間を繋いでいる蝶番の部分が、臭いの発生源です。
ですので、表皮と共に蝶番を完全に除去してしまえば
臭いはなくなります。

少なくとも蝶番の部分を取り除くだけでも臭いは気にならなく
なるので、磨きになれたら先行して、その作業だけでもなさると
良いかと思います。

完成した貝合わせからは、臭いは出ません。
どうぞご心配なさらないで下さい。


カテゴリー: 貝合わせ |

貝合わせ ディスプレイ

先月になってしまいましたが、3月3日のひな祭りに制作して
頂いた貝合わせを使ってディスプレイしましたと画像をたくさん
拝見致しました。

そのうちセブンカルチャークラブ成田教室のIさんが、わざわざ
飾っておられた様子をそのまま教室にお持ち下さったので、撮影
させて頂きました。

R0001051
R0001049

貝の中に収まる豆雛を飾る方が多いのですが、Iさんはお手持ちの
お人形を含めてディスプレイされました。

貝合わせの金箔が映えて、とても効果的なディスプレイになっている
と思います。
貝の中に入る豆雛をお持ちでない方には、とても参考になる飾り方
ではないでしょうか?

飾り物には興味がないとおっしゃる方もおられますが、完成品は
食器としても使えます。
基本的に金箔の扱いを学ぶカリキュラムとなっていますので、是非
チャレンジして頂きたいと考えています。


カテゴリー: 貝合わせ |

貝合わせの絵付け

貝合わせの絵付けには、何を使っているのかというご質問を受け
ました。

R0000764
R0000762

私は白狐印の上羽絵惣の角顔彩24色セットを使っています。
ただし少々色を入れ替えて、オリジナルセットになっています。
角顔彩は他に吉祥などのメーカーもありますが、大体¥3,000くらい
です。

画像の右に写っているのは、重皿という重箱のように重ねられる
絵皿で、溶いた絵の具をそのままにして持ち運びが出来るところが
便利です。

あとは筆洗と筆、雑巾くらいを用意すれば制作出来ます。
金箔の場合には絵付け前の膠下地が必要なので、あらかじめ
ご相談下さい。


カテゴリー: 貝合わせ |