月別アーカイブ: 2014年6月

トクサ 使用限界

このところトクサでなかなか削れないという質問が続きました。

Exif_JPEG_PICTURE

以前からブログでご説明しておりますが、トクサは消耗品です。
削りがはかどらないと思ったら、まず表面の削れる状態が消耗
したのではないかと考えられます。

この使用の限界をみるのには、使い始める前に表面の状態を
覚えておく必要があります。
この最初のざらざらしたものが、消耗すると感じられなくなる
はずです。

削れにくいという原因には、別の理由もあります。
①トクサの同じ所ばかり使っている。
②目詰まりしてしまっている。
などなど。

①は、使いながらトクサを回転させて、いろいろな部分を使う
ようにすること。
②は、水に浸して目詰まりしている物を洗い落とすようにする。
で、解消されると思います。

またそもそもトクサではなくて、大トクサを使っていると、あまり
削れません。

削れないままで作業をしていると、仕事もはかどりませんし、ストレスも
溜まります。
何かおかしいなと思ったら、この内容をチェックしてみて下さい。
思い切って処分するのも大切です。


カテゴリー: 基本のき |

れんげ リセットしました

先日のブログでウレタン塗装が剥げてしまったれんげを、
本漆で直し始めたと書きました。
その際斑になっていると報告しましたが、この斑の原因が、
ウレタン塗装が剥がれきっていない為と判明。
再度紙ヤスリで落とし直しました。

Exif_JPEG_PICTURE

さてリベンジ出来ますでしょうか?
結果はブログで報告致します。


カテゴリー: 日常の風景 |

トクサ 枯れる理由

地植えしたトクサが枯れてしまったと、ご相談を受けました。
以前のブログに書きましたように、トクサはシダ植物です。
その為とても水を必要とします。

Exif_JPEG_PICTURE

お寺などで日影に植えられていることが多く、日照は不必要の
イメージがありますが、真夏の直射さえ避けられれば生育に日照は
あまり関係ありません。

ですので枯れたということは、水不足の可能性が高いのです。
晩秋から早春の間は、それほど水やりに神経質になる必要は
ありませんが、新芽が出て暑さがある間は頻繁に水やりをする
必要があります。

私は自宅マンションのベランダで鉢植えにして育てています。
鉢の下に皿を敷いて、そこに水が溜まるくらいにしています。
普通の植物でしたら、根腐れしてしまうような状態ですが、
トクサは大丈夫なのです。

水管理の目安にしているのが、トクサと同居している苔です。
苔が元気ならば、トクサにとってもご機嫌な環境なのです。

Exif_JPEG_PICTURE


カテゴリー: 基本のき, 植物•スケッチ |

花材 フトイ

先日の花活けのお稽古で使ったのが「フトイ」です。

Exif_JPEG_PICTURE

カヤツリグサ科の水生植物です。
穂先のついている茎は束にして量感を出します。
切って残った茎も束にして入れていきますが、綺麗に切りそろえた
茎がモダンで、彫刻作品のようになるのが魅力です。


カテゴリー: 植物•スケッチ |

再び合う

今日は、よみうりカルチャー大宮教室のKさんの作品をご紹介
致します。

Exif_JPEG_PICTURE

備前焼の皿が、真っ二つに割れてしまった物を接着されました。
完成してみると、潔く二つに割れた線がまるで元からのデザイン
であったかのように見えます。

実はKさんは仕上げの金泥が、光沢がなくマットに仕上がって
しまったのを気にされています。
これは蒔下の新うるしの描き方や、蒔く工程に要因があるかと
思われます。

しかし布目の入った裏面など、このマットな仕上げがよく合って
います。

Exif_JPEG_PICTURE

結果オーライではありますが、仕上げは器自体に合うことが
重要だと考えておりますので、セオリー通りでなくとも構わない
と思います。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

梅雨空戻る

梅雨入りしたかと思ったら大雨、そして夏空と、今年の梅雨は
不可解です。
これからの数日は梅雨空が戻るようですね。

Exif_JPEG_PICTURE
45階にある市川教室 梅雨空の眺め

昨年の梅雨時にもお願いしましたが、この時期の「目止め」という
下準備には注意が必要です。
米の研ぎ汁を使いますので、カビの危険が伴います。
雨が続く場合には、作業は回避した方が安全です。
晴天が数日続く時を見計らって下さい。

下準備は根気がいるものです。
無理はしない方が、結局近道となります。


カテゴリー: 基本のき, 日常の風景 |

さらに上達へ

今日もNHK文化センター柏教室を受講して下さっている方の
作品をご紹介致します。
本日はNさんの作品です。

Exif_JPEG_PICTURE

まずは黒釉の片口の欠けを銀泥で仕上げたものです。
こちらは硫化すると馴染んでしまって、全くわからなくなる予定です。
仕上げ部分の内側に小さく凹みが残っているのですが、これも硫化したら
器自体の釉薬の風合いに同化してしまうはずです。

Exif_JPEG_PICTURE

外側に大きく反った小鉢の割れの接着。
こちらも銀泥の仕上げです。
硫化を待たれる予定ですが、現状でも器の形に鳥脚形のラインが
美しい作品です。

Nさんは積極的に仕上げに挑んで下さっているので、ご質問下さる
内容がどんどん高度になってきています。
より美しい仕上げを望まれる熱意に、あまりお話しないような
テクニックもお話しています。
次の作品で、さらに上達した仕上げを見せて下さるのを楽しみに
しています。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

白系の釉薬に合わせる

一昨日に続きNHK文化センター柏教室で受講して下さっている方の
作品をご紹介致します。
本日は、Hさんの作品です。

Exif_JPEG_PICTURE

萩焼の作家ものの抹茶茶碗です。
白い釉薬が美しいお茶碗なのですが、縁の部分にいくつか欠けが
ありました。
骨董でいう「虫喰い」のような状態だったのです。

これを今後のホツレの予防措置を行って頂いた上で、欠けの部分を埋めて
頂きました。
仕上げは銀泥なのですが、仕上げてから少々硫化し、釉薬に馴染むのを
待って頂きました。
シルバー色ではありますが落ち着いた色に硫化しましたので、止めの作業を
行うことに。

画像でご覧頂けるように、直しをした部分が全く目立ちません。
Hさんは以前も白系の釉薬の湯のみを銀泥で仕上げられ、馴染んだところで
止めるというのに成功されていますが、これは他の教室の方々にも好評
です。
修復した部分をあまり目立たせたくないという方は、一つの方法として
ご検討下さい。

ところで銀の硫化を止めるタイミングは、どのように判断すればいいのかと
質問を頂きました。
これはどなたも悩まれる問題だと思いますが、一言で言うならば「好み」
なのです。
硫化の段階は目安としてお話していますが、置かれている状況で変色の
具合が違いますので、時間で規定することは出来ません。
ご自分がどのようにしたいかをお考え頂き、それに合ったと思う時に
止めの作業をして下さい。


カテゴリー: 生徒さんの作品 |

藍の株分け

5月に種蒔きした藍が高さ20cm程度になり、植え替え可能な
大きさになりました。
そこで株を選んで、大きなプランターに植え替えをしました。

Exif_JPEG_PICTURE

最終的に高さ60cm、直径60cmと大きくなりますので、50cm程度の
プランターでは2株が精一杯です。

Exif_JPEG_PICTURE

残った苗は、原一菜(いちな)先生に貰って頂きました。
昨年同様、また先生の作品となることでしょう。

今年の反省は、この大きさにするまでのプランターの土を
少なめにしてしまったこと。
どうせ植え替えるからと節約したつもりだったのですが、藍に
とっては過酷だったようです。
今年の5〜6月のおかしな天候についていくのを難しくして
しまったようで、下葉が枯れてしまいました。
葉の緑色も淡いようです。

しかしもともと強い植物なので、これからの挽回を期待しています。


カテゴリー: 植物•スケッチ |

貝合せ 書を書く

NHK文化センター柏教室金曜クラスの方々が作品を完成させて
下さいましたので、次々ご紹介したいと思います。
今日はMさんの作品です。
まずは貝合せの作品。

Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE

貝合せに絵を描くのはハードルが高いと思われる方もいらっしゃる
かと思いますが、書を書くというのもひとつの方法だと思います。
さらりと書かれた文字が、切り箔、散らし箔を背景にとても
映えています。

光沢のある貝合せは、一菜会のオリジナルです。
素材、手順については、受講して下さった方のみにお教えしています。

Mさんは、金繕いの作品も仕上げてきて下さいました。

Exif_JPEG_PICTURE

ヒビの直しなのですが、曲線が器自体の柄、雰囲気に合っているのが
面白いところです。
Mさんは、納得がいく仕上がりになるまで努力を重ねて下さいました。
その成果が、作品の魅力になっているのだと思います。


カテゴリー: 貝合わせ |